お金のないサラリーマンの賢い投資術「真の美と健康の秘密セミナー」DVDまたは、CDプレゼント金時力。でお金と時間を両方得る力 特別セミナー 無料CDプレゼントサイコサイバネティクスの魅力!セミナーCDプレゼント結果保証!究極のコーチング・プログラム

人生を切り拓く決断の7つのステップ9.

From : 田渕裕哉(2017/12/05 07:47:19)

2017年12月5日(火)
おはようございます。今朝は宇和島からお届けしています。

あなたが今年中にやり切りたいものは何ですか?
今年中にやり切るか?来年に持ち越すか?
このあり方は、あなたの2018年を決めます!

ステップ3.視点を高くする

トラップ:「するか、しないか」に追い詰められて苦しくなる

多くの人が「やるか、やらないか。を決断しなきゃ」と考えてしまっていますが、
これは大きなトラップです。

海外での研究にある「ティーンエイジャー決断法(10代決断法)
と同じ決断方法です。

10代の頃、友人から遊びに誘われれば「自分の人生を考えたとき、
ここで友人の誘いに乗るべきか、勉強することに集中すべきか、
新しい恋人に良く思われるための服装を買いに行くべきか」
という決断をする人は、ほとんどいません。

ほとんどの場合は「行く?行かない?」という二者択一の方法で決断します。

頭の中は「行くか、行かないか」それだけです。

 

研究の中では、このように1つしか検討しない決断の方法は
失敗率が驚異的に高いことが示されています。

そして、この決断の方法に身に覚えがあると思った方はご安心ください。

多くの企業で行われている決断でも、
実に多くの決断がこの10代決断法と同じだったのです。

つまり「やる?やらない?」という検討項目は1つだけだったのです。

「これをする?これをしない?」という思考には気をつけてください。

視野がとても狭くなっているサインです。

この決断だと決断がしづらいだけでなく、
決断をしたとしても失敗する可能性がとても高くなってしまいます

田渕 裕哉

あなたの大切な人に、このメッセージを転送してください。
多くの人が幸せになりますようにお祈りしています。

毎朝8時の無料配信を直接ご希望の方は、
お名前とメールアドレスを下記まで
お送りください。 ⇒ ask@dc-group.co.jp
どなたでも無料で登録できます。

また配信解除ご希望の方は、配信解除希望の返信メールをお願いします。
tabuchi@dc-group.co.jp または、ask@dc-group.co.jp まで。

ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント