お金のないサラリーマンの賢い投資術「真の美と健康の秘密セミナー」DVDまたは、CDプレゼント金時力。でお金と時間を両方得る力 特別セミナー 無料CDプレゼントサイコサイバネティクスの魅力!セミナーCDプレゼント結果保証!究極のコーチング・プログラム

影響力を高める方法7.

From : 田渕裕哉(2014/08/31 06:50:44)

 おはようございます。今朝は曇りの千葉からお届けします。

 
今日は1週間の振り返りと新しい1週間の計画を立てる日です。
また、月の終わりでもあり、今月の振り返りと新たな1ヶ月の計画を立てます。
非常に重要な日です。今日は、地元の成田の教会に出席します。
 
 
昨日の続きです。
 
ステップ2.新しい視点で行動リストを眺めていく 
 
次に大事になるのが、その行動を新しい視点で眺めてみることです。
 
影響力を与える人は、自身のエネルギーや時間は資産です。
 
それを投資することで、より影響力を拡大していけなければなりません。
 
具体的には次の4つの視点を使って、あなたの行動を評価していきます。
 
視点1.やめる 
 
あなたが時間とエネルギーを使っているものでやめるべきものはどれか?
 
視点2.減らす 
 
今使っているエネルギーや時間よりも減らすべきものはどれか?
 
視点3.増やす 
 
今使っているエネルギーや時間よりも増やすべきものはどれか?
 
視点4.始める 
 
まだやっていないけれど、もっとエネルギーや労力をかけるべきことは何か?
 
私は特にこの「増やす」と「始める」を大切にしています。
 
何に使う時間・エネルギーがもっと増えたら、人に役立つことができるか、
プラスの影響力を与えることができるかをよく考えます。
 
そのために必要な行動が出てきたら、
必然的に「減らす・やめる」ものを決めなければなりません。
 
あなた独自の評価方法をいろいろ試してみてください。
 
ステップ3.リーダーとしての新しい設計図をつくる 

>>>続きはこちらから

影響力を高める方法6.

From : 田渕裕哉(2014/08/30 06:56:12)

 おはようございます。今朝も雨の千葉からです。

 
昨夜、妻と長男と娘が秋田に行きました。日曜日まで一人です。
今日は朝から東京でミーティングがあり、午後は栃木に行きます。
石橋というところで、初めて行く場所です。そこでセミナーを開催します。
 
 
世界的な調査会社であるギャラップ社が、アメリカ国内のビジネスパーソンを
調査したところによると
 
「自らの強みやエネルギーをビジネスが発展するために
役立てている人は30%に過ぎません。
 
50%の人は、ただそこで時間を過ごしているだけであり、残り20%の人は
逆にビジネスの足を引っ張っています。」
 
ということが分かっています。
 
ギャラップ社の計算によると「足を引っぱる20%の人材だけで、
アメリカ経済に毎年5000億円の損失をもたらしています。
 
彼らが意欲を持たないのは、つたないリーダーシップ、
すなわち上司の負の影響力が主な原因です。」と述べています。
 
ブルーオーシャン(青い海)とは真っ青な「未開の領域」という意味です。
 
逆の意味がレッドオーシャン(赤い海)という
競争が激しく血が流れる「激戦の領域」という意味です。
 
「未開の領域」とは、リーダーシップに置き換えると
「働いている人の中にある未だ発掘されていない強みや才能」のことを指します。
 
この方法は、リーダーシップを考え方や在り方で捉えるのではなく、
影響を与えられる側が望んでいる具体的な行動を明らかにした上で、
行動を管理しようという視点です。

>>>続きはこちらから

影響力を高める方法5.

From : 田渕裕哉(2014/08/29 07:45:44)

 おはようございます。今朝も曇りの千葉からです。朝晩は涼しいです。

 
今日からお盆休みもなかった妻と長男と娘が3人で秋田に行きます。
妻の84歳になるお父さんに会いに行くためです。
おばあちゃんは先に行っているため、今日から日曜日まで1人です。
 
 
影響力を発揮するには、あなた自身、およびあなたと共に動いてくれる人たちを
内面から突き動かすものが必要になります。
 
その思いは欲求というよりももっとスピリッツに近いものです。
 
あなたの精神がどこに向かおうとしているのか、
それこそがあなたの理念・ミッションなのです。
 
あなたは世界から切り離されて生きているわけではありません。
 
あなたは世界の一部なのです。
 
それは、世界とつながっていることで生かされているということでもあります。
 
あなたはどんなところで生かされていると感じるでしょうか?
 
影響力のある人たちに共通する力が「恩を感じる力」です。
 
恩という字は「大の字になって寝るという環境(口)があるのは
何のおかげかを感じる心」と書きます。
 
「恩を感じ、それに報いていく」という日本の武士道精神です。
 
あなたの個人的な欲求を超える「恩を感じる精神」が
ミッション・理念の土台になるのです。
 
これまで、そして今のあなたがあるのは何のおかげでしょうか?
 
これからのあなたがあるのは、どんなもののおかげでしょうか?
 
それらがあなたが「恩を感じるセンサー」に反応しているものです。
 
そこにミッションが隠されています。

>>>続きはこちらから

影響力を高める方法4.

From : 田渕裕哉(2014/08/28 07:57:33)

 おはようございます。今朝は小雨の千葉からです。

 
昨夜は電車が止まり大変でした。なんとか品川から家に戻れました。
今日は久しぶりに自宅からです。息子も夏休みで来ています。
今日は午後、渋谷でセミナーがあります。
 
 
リーダーシップの世界的な権威であるウォーレンベニス教授の研究調査によれば、
強いリーダーシップを発揮している人は「高い学習意欲を持ち、
厳しい試練を体験している」という要素が共通してあることが分かっています。
 
でも「厳しい試練」とみると修行・苦行のイメージがありますが、
決して苦しいことをやったらリーダーシップが発揮できるわけではありません。
 
むしろ、優れたリーダーたちは、自らが情熱を持っていることでチャレンジをしています。
 
まるで、ゲームに熱中して時間を忘れている子どもたちのように、
難しい課題にチャレンジしているのです。
 
影響力は筋肉のようなものです。
 
使わなければ弱くなります。
 
影響力を高め続けるリーダーに求められる能力が「強靭な意志力と適応力だ」
とベニス教授は言います。
 
この「強靭」というのが、しびれますね。
 
強靭な意志力とは「我慢すること」ではありません。
 
「嵐が過ぎ去るのを待つ」という受け身の姿勢は意志ではありません。
 
「我慢していたら、いつか宝くじが当たる」という姿勢では影響力は高くならないのです。
 
強靭な意志力とは、目的をやり遂げる力です。
 
だから「嵐が来ているけど、突っ込んでいこう!」でもいいですし
「嵐が来ているから遠回りしていこう!」でもいいのです。
 

>>>続きはこちらから

影響力を高める方法3.

From : 田渕裕哉(2014/08/27 07:59:37)

 おはようございます。今朝は曇りの大阪からお届けします。

 
今日は日経新聞社主催の「ビジネススキル・セミナー」です。
4回シリーズの3回目です。いつも楽しみです。
 
詳細はコチラ ⇒ http://www.nikkei4946.com/seminar/seminar.aspx?ID=979&TYPE=
 
 
「どういうプロセスを経たら影響を与えられるのか」ということについては、
 
研究者の数だけプロセスに種類があります。
 
しかし「どんな状態でいなければいけないのか」ということについては共通点があります。
 
「慣れ親しんだところを出たとき、人生はスタートする」私たちの影響力も
「慣れ親しんだところ」を超えたときに、さらに高くなっていきます。
 
そのために大事なことが「100%以上の力を発揮する状況がどれだけあるか」
ということなのです。
 
本気である、というただそれだけで影響力は高くなります。
 
今どれだけ影響力を持っている人だとしても、
最近本気になれていないなぁというのであれば、それは黄色信号です。
 
どれだけ素晴らしく意欲的な人でも「実力の半分でできてしまうこと」に、
100%以上の実力を発揮するのは難しいことです。
 
ですから、実力以上のことが必要になる「状況」を自ら創り出す姿勢が欠かせません。
 
私たちの力は、必要なだけ伸びていきます。
 
しかし、自らその課題に取り組まなけらば、衰える一方です。
 
影響力は、あなたが100%以下の状態で発揮できるものではありません。
 
あなたの101%以上が求められるのです。

>>>続きはこちらから

影響力を高める方法2.

From : 田渕裕哉(2014/08/26 01:42:08)

 おはようございます。今朝は西明石からお届けしています。

 
今日は土山の企業の1日企業研修です。2年目の社員のフォロー研修です。
1年前に新入社員研修をさせていただきました。
どのくらい成長しているか楽しみです。全力で研修します。
 
 
何を達成したとしても、どんな効率化を実現したとしても、
あなたが何らかしらの「影響」を与えていなかったら意味がありません。
 
人生やビジネスのキャリアを振り返るときに問われるのは「どれだけのことをしてきたか」
よりも「どれだけの影響を自分は与えてきただろうか?」ということです。
 
たくさんの資料をつくった。たくさんの本を読んだ。たくさんの収入を得た。・・・
 
問われているのは「それで、あなたはどんな影響を与えたのか?」ということです。
 
いろんな失敗をしても、たくさんの人に感謝される仕事の仕方をしている人は、
また新しいチャンスがすぐにやってきます。
 
人は完璧ではありませんから、一時的な挫折や敗北、
周りを傷つけてしまうことはあるでしょう。
 
でも、一時的な敗北と、人生の敗北は全く別のものです。
 
一時的な挫折から「何をあなたが学んだのか」ということこそが、あなたの真価なのです。
 
影響力というテーマを抜いて「人生がうまくいく・ビジネスがうなくいく」
ということにはなりはしないのです。
 
影響力を高めるには、近道があるわけではありません。
 
むしろ、段階的にあなたがどんな人に成長していくのか、
ということが最も大事なポイントになります。
 

>>>続きはこちらから

影響力を高める方法1.

From : 田渕裕哉(2014/08/25 07:10:26)

 おはようございます。今朝も残暑の厳しい大阪からです。

 
1週間の始まりですね。今週も与えられた時間を大切に生きたいと思います。
健康であることに心から感謝しています。本当にありがたいです。
今日も大阪で重要なミーティングとアポがたくさんあります。
 
 
影響力とは何でしょうか?「確実な正解」があるわけではありません。
 
100人いれば100通りの影響力があります。
 
最初に確認しておかなければならないのは、あなたは
「あなた独自の影響力」を追いかけていくことしかできない、ということです。
 
「あなた以外の誰か」になっても、影響力は変わりません。
 
むしろそれではあなたの言葉や仕事で影響を受ける人は減ってしまうでしょう。
 
あなたにも尊敬する人はいるでしょう。憧れる人はいるでしょう。
 
ですが、あなたが影響力を高め、それを発揮するカギは、
そうした人たちのマネをすることではありません。
 
「あなたがどんな人になるか」にしかないのです。
 
あなたがあなたらしくあるとき、影響力は大きくなります。
 
「影響力を高めるためには、どうしたらいいのか?」
 
この終わりなき問いに対して、あなた独自の答えを表現し続けていくこと、
それがあなたのリーダーシップになるのです。
 
今回は、あなた独自の影響力を高めるための方法を考えます。
 
ある研究によれば「21世紀は、ビジネスがあまりにも急速に変化し続けているため、
未来が予測できないことが当たり前になってしまう。そうした状況の中では、
企業で働く人に、今から数年後にどんなスキルを身に付けさせたらいいのかの
見当を立てることができなくなっています」と述べられています。

>>>続きはこちらから

お金との関係をよくする方法7.

From : 田渕裕哉(2014/08/24 07:57:41)

 おはようございます。今朝は曇りの福山からです。

 
広島は本当に大変な被害ですね。近くの福山にいます。
被災地の方々の上に助けがあるようにお祈りします。
今日は福山にある教会に行こうと思います。
 
 
お金に対して不安感やストレスを生み出すのは、
その背後に幼い頃から植え付けられている考えがあるからだそうです。
 
例えば多くの人は、十分にはない、足りないという思考に支配されています。
 
また多ければ多いほど安全だと信じ込んでいます。
 
そこから来る「欠乏感」や「足りなくなるんじゃないか」
という心配に支配されています。
 
豊かさマインドではない貧しいマインドです。
 
お金はあくまでも道具です。
 
道具があなたを貧しくさせることはありません。
 
あなたの決断だけがあなたを貧しくさせることができるのです。
 
道具は意志を持ちません。
 
あなただけが自分の人生を創造することができるのです。
 
これまでは、いかにあなたのところにお金を呼び込むのか、という話をしてきました。
 
それは「あなた」だけに視野が限られています。
 
忘れてはならないお金の大事な特徴は「お金は流れている」ということです。
 
ここへの視野を得られるようになっていくと、お金との関係は一変します。
 
お金は、あなたが財布とタンスに入れているもの以外は、世の中を回っています。
 
ですから、流さずに溜め込もうとするとお金のエネルギーが滞ってしまうのです。
 

>>>続きはこちらから

お金との関係をよくする方法6.

From : 田渕裕哉(2014/08/23 07:14:54)

 おはようございます。今朝もさわやかな千葉からお届けしています。

 
今日は午後、新大阪で「ニューベラス」のセミナーを開催します。
月曜日は東京で満席でした。今日は100名以上の会場ですが満席が予想されます。
セミナー終了後、夜は福山に行き、ミーティングがあります。
 
 
お金とは、あなたの人間性を評価するものではありませんが、
あなたが提供できる価値に対しての結果と考えることができます。
 
あなたがもっと価値を提供できるようになれば、
よりお金を手に入れることができるようになります。
 
お金とはそういうものなのです。
 
自分が変わる気がないのに、手に入れるお金だけ増やそうとすると、
終わりのないストレスにつかまることになります。
 
あなたが、スキル、知識、働き方、労働時間、創造性などをもっと使えば、
無限に価値を増やすことができます。
 
そうすれば収入は、どんどん増えていきます。
 
あなたが得られる報酬は、あなたが創り出した「価値」によって決まります。
 
「価値」というと難しいかもしれませんが、
ポイントは「喜んでもらえていること」です。
 
「ありがとう」と言ってもらえたり「嬉しい」と喜んでもらえたり
「ステキ」と褒めてもらえるようなことです。
 
しかし、多くの人が「苦労しなければ、価値を創れない」
「大変な思いをしなければ、お金は受け取ってはいけない」と思い込んでいます。
 
本田健さんは、たくさんの人たちのお金の相談にのっている中で
「え、こんなことでお金もらっていいの?」と思ってしまうような
ところが才能(価値の源泉)だと言っています。
 

>>>続きはこちらから

お金との関係をよくする方法5.

From : 田渕裕哉(2014/08/22 07:12:47)

 おはようございます。今朝もいい天気の千葉からです。

 
広島の土砂災害でたくさんの死者と行方不明者が出ています。
異常気象の豪雨が原因ですが、自然災害は本当に怖いです。
被災者や、そのご家族のために心からお祈りしています。
 
 
人間関係もまったく同じなのですが、お金と上手に付き合う上では
「こんな大金は、私にふさわしくない」と思っていると、
それ以上の金額を受け取ると不安になり、そのような大金にふさわしい仕事を
しようとすると力が発揮されなくなります。
 
個人事業主やセールスマンの方でいえば、それだけの金額を請求するのに
自分はふさわしくないと思ってしまうのです。
 
一度、大金を稼いでいた人がタイミングが悪く破産をしてしまったとしても、
すぐにカムバックすることが多いのは
「自分にとってこれくらいの金額をもらうのは普通だ」という心の枠は、
一度広がると戻らないからです。
 
あなたの「お金の収容量」を増やすワークがあります。
 
1.現在いくら稼いでいようと、同じ量の仕事で2倍の収入を
得るところを想像してください。
 
2.それが想像できたら、額をさらに倍にします。
(受け取っている実感が湧くまでイメージしてくださいね)
 
3.どこまで額を増やせますか?
これ以上払ってもらうのは無理だと思うところまできたら、それだけのお金を
もらえるなら、他に何ができそうかを考え、金額をさらに増やします。
 
4.どうしてもこれ以上は無理というところまできたら、今の収入について考え、
10%だけ増やすことを想像します。
 
どれくらい可能性があることを感じますか?
 

>>>続きはこちらから