お金のないサラリーマンの賢い投資術「真の美と健康の秘密セミナー」DVDまたは、CDプレゼント金時力。でお金と時間を両方得る力 特別セミナー 無料CDプレゼントサイコサイバネティクスの魅力!セミナーCDプレゼント結果保証!究極のコーチング・プログラム

パワーを生み出す感情の作り方13.

From : 田渕裕哉(2015/05/31 06:55:14)

おはようございます。今朝は晴れている千葉からです。
 
昨夜も地震がありました。かなり大きな揺れを感じました。
火山の噴火と地震はつながっています。備えなければなりません。
今日は地元の成田の教会に参加します。1週間の反省と計画を立てる日です。
 
 
パワーを生み出す感情の8番目は「活力・元気」という感情です。
 
活力がなければ、エネルギーが内にこもってばかりで外へ向かいません。
 
あなたの中にある情熱やエネルギーやワクワクを、
遠くの人までエネルギーで飛ばすためには、活力・元気さ・快活さが欠かせません。
 
あなたは、関わる人に楽しさと勇気と決意を与えたいと思いませんか?
 
であれば、そのためにも、さらに活力いっぱいにしている必要があります。
 
最近、疲れていませんか?
 

元気になる工夫をしていますか? 

>>>続きはこちらから

パワーを生み出す感情の作り方12.

From : 田渕裕哉(2015/05/30 07:42:42)

 おはようございます。今朝は曇りの千葉からです。

 
私の友人に上(神)からのメッセージを受けることができる人がいます。
彼が2015年の6月は「火」の月で火山の噴火などが起こります。
と予言(?)していましたが、3日早く、口永良部島の火山が噴火しましたね。
人間は変わらなければならないそうです。次元上昇する必要があります。
 
 
パワーを生み出す感情の7番目は「ご機嫌」という感情です。
 
ご機嫌とは、英語では「Cheerfulness」ですが、
あなたの喜びが周りに伝わるということです。
 
顔で笑っていないけれど、心で笑っている人ももちろんいます。
 
しかし、周囲の人たちにもパワーの感情を与えることを考えてみれば
「あの人、不機嫌なのかな?」と思われることは、もったいないことです。
 
周りがナーバスに、神経質になるほど、実力が発揮されなくなってしまいます。
 
喜び・楽しさ・ワクワクを外に表わせることは、影響力を与える上で大事なことです。

>>>続きはこちらから

パワーを生み出す感情の作り方11.

From : 田渕裕哉(2015/05/29 06:56:35)

 おはようございます。今朝も涼しいさわやかな千葉からです。

 
本当に月日の経つのは早いです。もう今日が5月の最終の金曜日です。
来週の月曜日は6月ですから、本当に毎日を完全燃焼しなければという想いです。
家族、健康、仕事、社会貢献など、やることが山ほどあります。
今日も最高の1日にしましょう!
 
 
パワーを生み出す感情の6番目は「柔軟性」です。
 
柔軟性とは、状況に合わせて自分を変えることができる力です。
 
想定外なことにぶつかったとき、あなたは動揺することなく、
どれくらい素早く自分の行動を変えることができますか?
 
ある人はトラブルが起こると、数日動揺し続けたり、ある人は数年動揺し続けます。
 
一方で、数分で動揺から起きていることに柔軟になり、
 
素早く行動を起こすことができる人がいます。
 
アンソニー・ロビンズは「成功が保証される人は、起きていることに
素早く適応する力を高めている人だ」と言います。

>>>続きはこちらから

パワーを生み出す感情の作り方10.

From : 田渕裕哉(2015/05/28 07:53:15)

 おはようございます。今朝はさわやかな涼しい千葉からです。

 
昨日は息子(三男)とビジネスについて話す機会がありました。
いろいろと考えていて、頼もしいです。成長しています。
庭の野菜と果物が収穫時期を迎えています。きゅうり、ラディッシュ(ミニ大根)。
イチゴもイチゴ狩りができるほど、たくさんのイチゴがいい匂いです!
 
 
パワーを生み出す感情の5番目は「好奇心」という感情です。
 
一言で言えば「子供の目で世界を見てみる」ということです。
 
もし、あなたが成長することを望んでいるのであれば、
子供のような純粋な心で、世界を見ることを学ばなければなりません。
 
それが好奇心です。
 
大人になるほど、目の前の現実に、思い込みや知識を当てはめるようになります。
 
新鮮な驚きを失ってしまうのです。
 
好奇心を抱くことは何に対しても可能です。
 
退屈なものがあるわけではありません。
 
好奇心を持つことができない人がいるだけなのです。
 

>>>続きはこちらから

パワーを生み出す感情の作り方9.

From : 田渕裕哉(2015/05/27 07:33:46)

 おはようございます。今朝も暑い松山からです。

 
真夏日のところが多く、かなり暑いですが、皆さまは大丈夫ですか?
松山のセミナーは、かなり盛り上がってきています。ワクワクします。
今日は、朝から空港でミーティングがあり、その後、千葉へ戻ります。
 
 
パワーを生み出す感情の4番目は「愛と思いやり」という感情です。
 
一言で言えば、愛情のある人間になるということです。
 
愛や思いやりという言葉は、損得勘定だけで生きている人には
「どんな得があるのさ?」と思ってしまうでしょう。
 
愛・思いやりとは、受け入れることです。
 
多くの人は攻撃的になってしまいます。
 
奇跡のコースという代表的な精神性の書では
「コミュニケーションは常に次のうちの2つのどちらかに分かれる。
愛情の表現か。助けを求めて泣き叫んでいるのか。」
というふうに書かれています。

>>>続きはこちらから

パワーを生み出す感情の作り方8.

From : 田渕裕哉(2015/05/26 07:56:30)

 おはようございます。今朝は香川県丸亀市からお届けしています。

 
昨晩は、素晴らしいセミナーでした。新しい内容のセミナーにワクワクしています。
今日は、午後から愛媛県松山市でニューベラスの事業説明会です。
新しい方々との出逢いがあり、今日もワクワクする一日になります。
 
 
パワーを生み出す感情の3番目は「情熱」という感情です。
 
おもしろいから、情熱を感じるだけでなく、おもしろくなくても、
おもしろくして情熱を感じるのです。
 
情熱とは、あなたを夢中にさせてしまうものです。
 
人は好きなこと、ワクワクすることには、どこまでも想像が膨らんでいきます。
 
人間の限界は能力ではなく、想像力です。
 
想像の柔軟性がなくなったとき、諦めたり、
うまくいかないアプローチを続けてしまうのです。
 
最も重要なことは、偉大な結果は情熱から行動を起こしているときに生まれる、
ということです。
 

>>>続きはこちらから

パワーを生み出す感情の作り方7.

From : 田渕裕哉(2015/05/25 06:36:29)

 おはようございます。今朝はいい天気の千葉からです。

 
昨日は長男、三男、長女と集まり、一緒に楽しい時間を過ごしました!
今日は、四国の高松に飛び、夜は丸亀にてニューベラスの事業説明会を開催します。
水曜日まで四国にいます。素晴らしい方々とお会いします。楽しみです。
 
 
パワーを生み出す感情の2番目は「渇望感」です。
 
つまり「やむにやまれぬ想い」です。
 
この想いは、卓越していくほどに、飢えていくものがあります。
 
飢えるというのはマイナスなものではないのは、
成長に飢えているあなたが一番良く分かっているでしょう。
 
もしあなたが、人生の目指しているステージで活躍したい、
今いるフィールドで突き抜けたいならば、あなたの中にある
まだまだ満たされていない渇望に目を向けていくことです。

>>>続きはこちらから

パワーを生み出す感情の作り方6.

From : 田渕裕哉(2015/05/24 07:45:31)

 おはようございます。今朝はさわやかな涼しい朝の千葉からです。

 
昨日は、娘の働いているお店に行きました。今日は休みで教会に来ます!
結婚式に参加して輝いている幸せそうな2人を見ました。
うちの子供たち4人の結婚式を想像しました。今日は「おゆみ野」の教会です。
 
 
これからお伝えする10の感情は、あなたの心の中にある不安や恐れ、
心配や劣等感などのネガティブな感情を取り去ってくれるものです。
 
1.感謝 2.渇望感 3.情熱 4.愛と思いやり 5.好奇心 6.柔軟性 
7.自信 8.ご機嫌 9.活力・元気 10.貢献意識 
 
行動力が上がるだけでなく、ストレスも減りますので、
ぜひ、この10の感情を毎日、感じてみてください。
 

>>>続きはこちらから

パワーを生み出す感情の作り方5.

From : 田渕裕哉(2015/05/23 06:46:18)

 おはようございます。今朝はいい天気の千葉からです。

 
昨日、妻がDVD録音・再生プレーヤーが壊れたと言いました。
私は、NHKの「花燃ゆ」を録画してもらうので、それだけ使っていますが、
修理に結構お金がかかると思いました。電話で確認したら2~3万は、かかります。
ところが、妻は、メーカーに電話して、電話だけで直しました!すごいです。
今日は、友人の結婚式に参加します。楽しみです!
 
 
「パワー感情」とは、パワフルなハイテンションという意味ではありません。
 
「パワー感情」とは、その気持ちでいると、
あなたにパワーを与えてくれるという感情、という意味です。
 
行動力を決めているのは「感情」なのです。
 
ですが、多くの人は、この「パワー感情を育てる」ということをしないのです。
 
育てる代わりに、刺激剤のようにモチベーションを求めたり、
やる気がアップするきっかけを求めてしまうのです。
 
誰かにやる気を上げてもらおうと思うとすると
「自分の感情を育てる」という力は減退していきます。
 
モチベーションや、やる気が出るきっかけに出逢うと、
行動力は一瞬、劇的にアップします。
 
しかし、本人の中でパワーが溢れているわけではないので、
またすぐに使用期限が切れれば、低い行動力に戻ってしまいます。

>>>続きはこちらから

パワーを生み出す感情の作り方4.

From : 田渕裕哉(2015/05/22 04:25:45)

 おはようございます。今朝は大宮のホテルからお届けします。

 
今朝は朝6時から倫理法人会のモーニングセミナーで講演しました。
このメールが届くころは、朝食会が終了したところだと思います。
朝早いと1日が長く使えます。今日も残りの1日を有意義に過ごしたいです。
 
 
あなたの人生で改善できることは何があるでしょうか?
 
たとえそれが、目先のことでもいいのです。
 
もっと良くしたいという衝動を解き放つこと。
 
それが終わりなき上達の道へあなたを連れて行ってくれるのです。
 
最も簡単な上達の方法は、毎日やることです。
 
料理が上手になりたかったら、毎日、料理をつくること。
 
文章を上手になりたかったら、毎日、文章を書くこと。
 
アポイントを取ることが上手になりたかったら、毎日、アポイントを取ること。
 
プレゼンテーションが上手になりたかったら、毎日、プレゼンテーションをすること。
 
英語が上手になりたかったら、毎日、英語を学ぶこと。
 
走るのが上手になりたかったら、毎日、走ること。
 
会話が上手になりたかったら、毎日、会話すること。
 
上達の近道は、やらない日をつくらないことです。
 
上達の近道は達人の道です。

>>>続きはこちらから