お金のないサラリーマンの賢い投資術「真の美と健康の秘密セミナー」DVDまたは、CDプレゼント金時力。でお金と時間を両方得る力 特別セミナー 無料CDプレゼントサイコサイバネティクスの魅力!セミナーCDプレゼント結果保証!究極のコーチング・プログラム

人生を豊かにする目標の見つけ方7.

From : 田渕裕哉(2016/01/31 06:06:41)

 おはようございます。今朝も寒い千葉からです。

 
「大きな偉業を達成できる人は限られている。しかし、私たちは誰でも、
偉大な愛によって小さなことを成し遂げることができる。」マザー・テレサ
今日は1週間の振り返りと新たな1週間の計画を立てる日です。
 
 
私たちの人生は、日々の選択と決定によって決まっています。
 
さまざまな出来事があったり、トラブルがあったり、予想外なことがあっても、
そのときにどんな選択をするのかで、自分の運命を決定づけているのです。
 
今の自分は、過去の自分がなりたいと決定したものなのかもしれません。
 
言葉では、ああでもない、こうでもないと言っていても、
結局、選択し決定しているのは自分だったのですから、
今の状況は、過去の自分が望んで決めたものと言えるのかもしれません。
 

>>>続きはこちらから

人生を豊かにする目標の見つけ方6.

From : 田渕裕哉(2016/01/30 06:15:32)

 おはようございます。今朝は最高に寒い千葉からです。

 
「数百年後、歴史家が長い視点から今日の時代をとらえた場合、最も重要な出来事は
テクノロジーでもインターネットでも電子商取引でもないだろう。・・・
状況の変動、すなわち今日、多くの人々が選択する自由を手にしており、
その人数は急激に増えつつある。これは歴史上まったくなかったことだ。
それは同じく史上初めて、人々が自分自身をマネジメントしなければならないという
ことである。」(ピーター・ドラッカー)
 
 
目標を立てるときは、人は最も力強いパワーを手に入れています。
 
別の言葉でいえば、目標を立てているときが、最もモチベーションが高いのです。
 
そして、その高いモチベーションというエネルギーを、行動に転換させることで、
人は走り出し達成をしていくのです。
 
しかし、達成に苦手意識を持っている方は、
目標を立てたときの感情がブツリと途絶えてしまっているのです。
 
目標は達成することよりも、今この瞬間に目指して動いているかどうかを
問うことが大切です。
 
そのためには、目標との「感情的なつながり」が欠かせません。

>>>続きはこちらから

人生を豊かにする目標の見つけ方5.

From : 田渕裕哉(2016/01/29 06:49:52)

 おはようございます。今朝は寒い曇りの千葉からです。

 
幸福になるための重要な要素の一つは、私たちの社会的な交わりの中にあります。
「友情、家族との関係、隣人との結びつきといった、個人と社会の交わりの量や質は、
福利や個人の幸福と密接な関係があるため、実質的にこの二つの価値は同じである。」
 
 
1.あなたを元氣にする目標 
 
あなたが人生に存在しているさまざまな可能性を考えてみてください。
 
最もやりたい、最もあなたに輝いてアピールしてくるものは何ですか?
 
どんな未来をあなたは叶えたいでしょうか?
 
2.人生を前進させる目標 
 
1.で出した目標に対して、着実に手が届く範囲で、どんな目標を考えられますか?
 
1.の目標に向かって、あなたが前進するために、何を実現させていけばいいでしょうか?

>>>続きはこちらから

人生を豊かにする目標の見つけ方4.

From : 田渕裕哉(2016/01/28 06:59:38)

 おはようございます。今朝もいい天気の千葉からです。

 
「神が人類に与えてくださったのは未完成の世界でした。
それは私たちが自分たちで物事を成し遂げていくようにするためです。
それによって私たちは創造の喜びと素晴らしさを知ることができます。」
 
 
目標はいくつも持っていてもいいのですが、
最低でも2種類は持っていることが大切です。
 
1つが、あなたの目線と感情を上げてくれる目標。
 
あなたがどこを目指し、自分はどんな結果にふさわしい人間になるのかを
思い出させ、あなたを元氣にさせてくれる目標です。
 
もう一つが、あなたの人生/ビジネスを前進させる目標です。
 
最初の目標は、時に大きく、遠いため、今この一歩目をどこに
踏み出したらいいかが分からなくなってしまうことも多くあります。
 
収入を10倍にしたいんだけど、どこから手をつけていいかが分からない、
というようになってしまいかねません。
 
だから、もう一つの目標は、あなたにハッキリと行動させることを
教えるためのものです。

>>>続きはこちらから

人生を豊かにする目標の見つけ方3.

From : 田渕裕哉(2016/01/27 07:43:16)

 おはようございます。今朝も最高にいい天気の千葉からです。

 
昨夜は3人の子供たちが揃いました。夜中のサッカーを皆で見て感動しました!
「狂気とは、同じことを何度も何度も繰り返して、
違う結果を望むことである」アインシュタイン
 
 
最もやりたいことのために24時間を使うということではありません。
 
そんなことは不可能です。
 
1日1分でも、10分でもいいから、その最もやりたいことに着実に近づいていく、
それを目指し続けていくということです。
 
続けていくことでしか、心から満足し、充実する方法はないのです。
 
別の言い方をすれば「2番目以下のことを目指している人」は、
1番目を目指さないことを、どのように正当化するするのでしょうか?
 
1番目指したいものを目指さずに生きていることを、
どのように自分に納得させるのでしょうか?
 
そんなことばかりしていると、自信もプライドも傷ついてしまうのです。

>>>続きはこちらから

人生を豊かにする目標の見つけ方2.

From : 田渕裕哉(2016/01/26 07:34:12)

 おはようございます。今朝は快晴の千葉からです。

 
「幸福とは、思うことと、言うことと、行なうことの間で
調和のとれている状態である」マハトマ・ガンジー
今日から出産のため、娘が里帰りします。楽しみです!
 
 
2016年になり、もうすぐ1ヶ月になろうとしています。
 
2015年までの中で、これから目指すものに役立つものは活かしましょう。
 
不要なものは、感謝して手放しましょう。
 
古いものに執着したまま、新しいものを手に入れるのは大変なことです。
 
特に「古いライフスタイル」のまま、新しい未来を手に入れることは困難です。
 
ライフスタイルの中でも、特に人生に大きな影響を与えるのが次の3つです。
 
1.セルフイメージ(自分のことをどんな人だと思っているか?)
 
2.世界観(自分がいる環境や世界をどんな場所だと思っているか?)
 
3.理想(自分や自分のいる環境をどうあって欲しいと思っているのか?)
 
この3つが切り替われば、新しい2016年になるでしょう。

>>>続きはこちらから

人生を豊かにする目標の見つけ方1.

From : 田渕裕哉(2016/01/25 06:04:07)

 おはようございます。今朝はバンコクの空港からお届けしています。

 
10日間の長い出張も終わり、今日は成田に戻ります。
とても、中身の濃い10日間でした。本当に感謝です。
今週から、またコツコツ積み重ねて行きたいと決意しています。
 
 
「自己実現」と聞くと、あなたはどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか?
 
「自己実現」をイメージすると、どんな気持ちが湧き上がってくるでしょうか?
 
多くの人は自己実現という言葉は知っています。
 
しかし「自己実現をしました?」と言われると、
なんだかハッキリYESと言えないところがあります。
 
自己実現は「未来の理想の自己を実現すること」
だから「未来を実現しましたか?」と言われても矛盾しているからです。
 
では、以前のあなたがなりたかったものに、今のあなたはなっていますか?
 
100%なれていなくても、一部でもなれていますか?
 
多くの人がYESと答えます。
 

>>>続きはこちらから

感動的な物語から学ぶ7つの習慣13.

From : 田渕裕哉(2016/01/24 07:47:46)

 おはようございます。今朝もいい天気のバンコクからです。

 
ここバンコクでも、非常に充実したミーティングが行なわれています。
 
7つの習慣の言葉。
「種を蒔いたものしか刈り取れないのであって、
それ以上でも以下でもない」
 
 
学生時代、スポーツをしていた男性は、海外で活躍するトップ選手の
サポートをしたいと思って、スポーツメーカーに就職しました。
 
最初は国内の小売店の営業を担当する部署に配属されました。
 
同期は「なんだよ、営業かよ」とがっかりしました。
 
彼は海外のトップ選手をサポートしたいという夢を持ち続けます。
 
それをイメージして英会話も学んでいました。
 
あるとき海外事業部から彼の所属する営業部に依頼がありました。
 
急に海外のトップ選手に、このメーカーのラケットを届けてほしい
ということで人手が足りず、営業部に話がきたのでした。
 
部長はすぐに彼のことを思い出しました。

>>>続きはこちらから

感動的な物語から学ぶ7つの習慣12.

From : 田渕裕哉(2016/01/23 01:43:36)

 おはようございます。今朝は暖かいバンコクからです。

 
台北からバンコクの飛行機の中で「オデッセイ」という映画を観ました。
非常に良い映画です。たくさんのことが学べます。
皆さんも機会があれば、ぜひ、観てください。おススメの映画です。
 
 
会社を起業して、頑張っている若手の経営者がいます。
 
彼は、どうすれば早く実績を上げることができるかを毎日、
必死に模索していました。
 
ある日、彼は奥さんから地域で行なっている川の清掃を頼まれます。
 
「会社の実績を上げないといけないから、
そんなことをやっている暇はないんだけど・・」と断るのですが、
妻からの頼みで半日だけ、しぶしぶ参加することにしました。
 
一緒に清掃活動をしているおじさんと会話していて、
彼は「こんなことをコツコツとやっても無駄だと思いませんか?」と話します。
 
「確かにそうですが、それでも、今、私がゴミを拾った場所はきれいになった。
それだけでも嬉しいじゃないですか」
 

>>>続きはこちらから

感動的な物語から学ぶ7つの習慣11.

From : 田渕裕哉(2016/01/22 07:50:15)

 おはようございます。今朝も曇り(小雨)の台北からです。

 
充実したミーティングを終え、今日はバンコクへ移動です。
7つの習慣の言葉。「刺激と反応の間にはスペースがあり、
そのスペースをどう使うかが人間の成長と幸福の鍵を握っている」
 
 
彼は、仕事中に急にお腹が痛くなり倒れてしまいます。
 
救急車で病院に運ばれ、検査を受けると肝臓ガンであることが分かりました。
 
「残念ながら、このガンの場合には、手術が難しいです。
最悪の場合は3ヶ月の命だと思ってください」
 
彼は、休みもほとんど取らずに、熱心に働いていたので、
ひどく落ち込んでしまいます。
 
彼には、結婚して20年以上になる奥さんがいます。
 
余命が3ヶ月だと聞いて、奥さんは、ある提案をします。
 
「結婚するときに、将来、時間ができたら、2人で美しい景色を見て回りたい、
と言っていたよね。今なら、できるんじゃない」

>>>続きはこちらから