お金のないサラリーマンの賢い投資術「真の美と健康の秘密セミナー」DVDまたは、CDプレゼント金時力。でお金と時間を両方得る力 特別セミナー 無料CDプレゼントサイコサイバネティクスの魅力!セミナーCDプレゼント結果保証!究極のコーチング・プログラム

お金の本質16.

From : 田渕裕哉(2016/09/30 06:56:43)

 おはようございます。今朝はいい天気の千葉からです。

 
「もっと簡単だったらいいのに・・・と願うよりも、
もっと成長していたらいいのに、と気づこう」(ジム・ローン)
結果を出す方法よりも、結果を出す人間になることにこだわりましょう!
 
 
昨日の「もらえるお金の量によって、真剣度が変わってしまう」
という思考についてアーチストで考えてみましょう。
 
例えば、ライブコンサートを開いたらお客さんの数がとても少なかった。
 
お客さんの数が少ないから、2時間のライブを手抜きして演奏したとします。
 
さて、このアーチストは、その2時間で上達したのでしょうか?
 
それとも下手になったのでしょうか?

>>>続きはこちらから

お金の本質15.

From : 田渕裕哉(2016/09/29 06:53:47)

 おはようございます。今朝は小雨の千葉からです。

 
アンソニー・ロビンズは修行時代に師匠から「ご飯を食べることを忘れても
いいから、本を読むことを忘れてはならない」と指導を受けました。
「過去から学ぶことのできない人は、未来をうまく管理できない人である」
 
 
あなたは社会がより良くなるために何ができるでしょうか?
 
どうしたらもっと社会が良くなるように、自分を活かすことができるでしょうか?
 
この方向に自分の想いを向けていきましょう。
 
そうすれば、たとえ目に見える変化が起きていなくても、
あなたが1日その想いで働けば、1日分世界は良くなったと言えるのです。

>>>続きはこちらから

お金の本質14.

From : 田渕裕哉(2016/09/28 06:58:07)

 おはようございます。今朝は曇りの千葉からです。日中は暑くなりそうです。

 
何か最近、自分はダメかもと焦りを感じていたら・・・。
自分で自分を動かす力、自分で決めたことを守る力が衰えているサイン。
何度も、強制的に、反復できる「規律」をまずはつくり、実行してみましょう!
 
 
1.想いの力 
 
京セラ、KDDI,JALと経営を進めてきた稲盛和夫さんは、
次のように言っています。
 
「経営者は儲けたい、会社を大きくしたいという我欲を起点にしがちです。
 
しかし、本来は人間として何が正しいかを起点におくべきです。
 
自分の会社に都合がいいことばかりを選ぶのではなく、
たとえ会社に不利なことがあっても人間として正しい道を選ぶことが大事です。」
 
人間として正しい道とは何か?

>>>続きはこちらから

お金の本質13.

From : 田渕裕哉(2016/09/27 07:02:55)

 おはようございます。今朝は再び霧の濃い千葉からです。

 
人生は目標達成の結果で決まるのではなく、身に付けたスキルで決まるのでもない。
その過程で「あなたがどう生きたのか」ということで決まる。
「私はこんな生き方をする」という信念を決め、その決意を繰り返しましょう!
 
 
その人が、どれだけの富と豊かさを受け取るかは、
次の2つの要素によって大きく左右されます。
 
1.想いの力 
 
あなたが、どんな想いで動いているのか、どれだけ情熱を持っているか?
 
2.社会との関わる度合い 
 
あなたの人生という物語に登場する人物の数を増やしていくほど、
たくさんの人に影響を与えられているのです。

>>>続きはこちらから

お金の本質12.

From : 田渕裕哉(2016/09/26 06:57:54)

 おはようございます。今朝も霧の濃い千葉からです。今日は長男の誕生日です。

 
1週間の始まりですね。シルバーウィークも終わり仕事一直線です。
「上位10%も、最初は下位10%だった」(ブライアン・トレーシー)
何かを新しく始めれば、最初は皆一番最後からのスタートです。
 
 
説明の仕方を魅力的にするほど、あなたの未来の可能性は広がっていくのです。
 
説明していて自分がつまらなくなる人は、きっと収入を得たときも無感動でしょう。
 
感動の伴わないお金は、虚しいだけです。
 
説明を考えて、心がジーンとくるようにしましょう。
 
そうして自分のもとにやってきた収入には感動が伴います。
 
そんなお金を手に入れているあなたは幸せだし、
そんなあなたの元にやってくることができたお金も幸せものです。
 

>>>続きはこちらから

お金の本質11.

From : 田渕裕哉(2016/09/25 06:59:36)

 おはようございます。今朝は晴れてきた千葉からです。

 
今日は1週間の振り返りと新たな1週間の計画を立てる日です。
何をするか?だけでなく、なぜするのか?も考えると充実します。
あなたは、最高の1週間にするために、何をなぜしますか?
 
 
大切なのは「物語を持ったお金にする」ということです。
 
支払うときも、受け取るときも、金額よりも「物語」を大事にできる人は豊かです。
 
あなたが手に入れた報酬は、どのようにして手に入れたと説明しますか?
 
「家と会社を1ヶ月往復して、手に入れました」というAさんと
「実は2年前からずっと準備していて、業界には今までなかった製品をリリースしたんです」
というBさんでは、同じ報酬でも充実感が異なります。
 
ただ売るだけではつまらない。
 
そこに物語を乗せて、価値を付け加えているのです。
 

>>>続きはこちらから

お金の本質10.

From : 田渕裕哉(2016/09/24 06:37:49)

 おはようございます。今朝は霧の濃い千葉からです。

 
誰も見ていない。あなたには責任もない。そこで人は動かなくなる。
「やらなくても困らないこと」を進んで行動できていますか?
もっとよくしたい、という切なる想いを大切にして今日を生きましょう!
 
 
あなたは誰かうまくいっていそうな人をみると「あの人は、
いくら稼いでるんだろう?」という「稼いでいる額」が気になりますか?
 
それとも「あの人は、どのようなことをしてきたのか?」
というその人のもとにお金が入るまでの「一連の流れ」が気になりますか?
 
多くの人は「額」ばかり気にします。
 
だから収入の「額」を上げようとするし、
購入するときは「額」を下げようとする。
 
でも大事なのは一連の流れを知ることなのです。

>>>続きはこちらから

お金の本質9.

From : 田渕裕哉(2016/09/23 04:36:01)

 おはようございます。今朝も小雨、曇りの千葉からです。

 
コミュニケーションの中で、優れた聞き手にせよ、優れた話し手にせよ、
常に意識しているのは、相手のゴールに近づくこと、です。
伝わったか?理解できたか?は「確認する」というひと手間を大切にしましょう。
 
 
もしかしたら、失敗が怖いのは「失敗した自分」というものを
受け入れられないからかもしれません。
 
・損をした自分 
・断られた自分 
・笑われた自分 
・バカにされた自分 
・がっかりさせてしまった自分 などなど。
 
「自分はこんな人間じゃない」と思っていると、
その自分を経験しそうな失敗が怖ろしくなります。
 
頭では「完璧な人間なんていない」と、どれだけ分かっていたとしても、
まだまだ受け入れられない「失敗した自分」がたくさんいることに、
あなたも気づくのではないでしょうか?

>>>続きはこちらから

お金の本質8.

From : 田渕裕哉(2016/09/22 06:59:47)

 おはようございます。今朝は雨の千葉からです。今日は秋分の日ですね。

 
多くの人は「お金」を追いかけて、苦しくなります。
大切なのは「価値」を追いかけること。
価値ある人間になれば、お金は集まってくるのです。
 
 
あらゆる失敗には「リカバリー(再起)期間」が設定されています。
 
ミスの修正が十分可能な期間内ならば、いくらミスしてもいいのです。
 
でも多くの人は一度のミスをしたら終りだと思って
ミスが怖くなっている人も多くいます。
 
例えば、悪いサービスでお客様を怒らせてしまったとしても
「怒らせた=失敗」ではないのです。
 
怒らせても、その後の対応によって、さらにファンになってくれるなら、
失敗ではなくなるのです。

>>>続きはこちらから

お金の本質7.

From : 田渕裕哉(2016/09/21 06:57:47)

 おはようございます。千葉は台風が通り過ぎた感じの天気です。

皆さんは、台風は大丈夫でしたでしょうか?心配しています。
 
目標設定の奥義をひと言で言えば「最もやりたいことを目指す」です。
大事なのは「最もやりたいこと」を一番目指しているという生き方をすることです!
 
 
例えば、自分で収入を増やそうと思ったとき、うまくいかないことがあります。
 
「No(断られる)」をもらうわけです。
 
それは、収入アップに限りません。
(ダイエットなどは、運動しても自分の身体にNoと言われている気分になるでしょう)
 
セールスや面接、企画のプレゼンテーションや転職、集客や呼びかけなど、
さまざまな場面で私たちは「No」をもらう機会にあふれています。
 
明確にNoを言われる場合もあれば、遠回しにNoと言われる場合もあれば、
 
何も言わずにいなくなるというNoもあります。
 
いずれにしてもNoです。

>>>続きはこちらから