お金のないサラリーマンの賢い投資術「真の美と健康の秘密セミナー」DVDまたは、CDプレゼント金時力。でお金と時間を両方得る力 特別セミナー 無料CDプレゼントサイコサイバネティクスの魅力!セミナーCDプレゼント結果保証!究極のコーチング・プログラム

2017年を最高の年にするための2016年を振り返るスキル19.

From : 田渕裕哉(2016/12/31 06:41:05)

2016年12月31日(土)
おはようございます。大晦日の千葉からです。

2016年も大変お世話になりました。読者の皆さんには本当に感謝です。
いつもメルマガを書きながら、自分自身を励ましています。
自分に向けて書いているものを皆さんに読んでいただいている、そんな思いです。
お互いにさらにステージを上げて成長していきたいです。良いお年をお迎えください。

 
振り返る力が徐々に上がってくると
「自分の思考を観察すること」ができるようになります。

「あ、今自分はこう考えて苦しくなったな」
「あ、こう考えているときは自分は乗るんだな」などと
「自分をもう一人の自分が観察する」ことができるようになります。

状況をみることは、観察の矢印をあなたの外側へ向けていますが、
自分の思考を観察するとは、矢印の方向を曲げることになります。

自分で自分を観察するのです。 >>>続きはこちらから

2017年を最高の年にするための2016年を振り返るスキル18.

From : 田渕裕哉(2016/12/30 06:56:21)

2016年12月30日(金)
おはようございます。今朝はいい天気の千葉からです。

あらゆることは、まず想像することから始まります。
その人が、それに向かって動いている(行動している)かどうか?
あなたがイメージしていることを現実に変えていくための行動。
それが想像を創造する唯一の方法です。

 
アポイントをオフィスで取ろうとしても取れなかったけど、
トイレとジュースを買いに行く合間に取ろうとしたらスムーズに取れた、
ということもあります。

個人事業主の方だったら、オフィスよりもカフェの方が
スムーズに行動できるかもしれません。

アンソニー・ロビンズはセミナー講師でもあり会社経営者でもあります。

彼が一日全力でセミナーをした後は疲れ切って何もしたくなくなるそうです。

でも会社の経営者として電話をかけたり
決済をしたりしなければならないそうです。

彼は、どうしたか? >>>続きはこちらから

2017年を最高の年にするための2016年を振り返るスキル17.

From : 田渕裕哉(2016/12/29 05:30:16)

2016年12月29日(木)
おはようございます。今朝も千葉からお届けしています。

タイムマネジメントは、やらなきゃいけないことよりも、
やりたいことを優先させるスキルです。
やらなきゃいけないことは外側から来ますが、やりたいことは内側から来ます。
まずは、あなたのやりたいことを明確にして、あふれさせることです!

 
家でダラダラする人は、もちろん家を引っ越しする、
という大掛かりなことをやってもいいですが、
もっと簡単に「家でするのではなく、ファミレスに行く」で十分です。

これで行動がもう変わっていますよね?

行動と状況を分けて考えましょう。

その相性が悪いと、行動の量が増えないのです。

人材育成でも、その人の考え方を変えても、
状況が原因なら何も変わらないかもしれません。

マニュアルがあればできるのかもしれませんし、
リマインドがあればできるかもしれないのです。

自己啓発やモチベーション論は、行動とやる気を結び付けたがる傾向が多いですが、
実際は「行動と状況」がつながっていることがほとんどなのです。

まずは環境で妨げられていることに気づきましょう。 >>>続きはこちらから

2017年を最高の年にするための2016年を振り返るスキル16.

From : 田渕裕哉(2016/12/28 06:31:17)

2016年12月28日(水)
おはようございます。今朝は晴れている千葉からです。

「トップ本来の仕事は、昨日に由来する危機を解決することではなく、
今日と違う明日をつくり出すことであり、それゆえに、常に後回しに
しようと思えばできる仕事である」(ピーター・ドラッカー)
あなたは、今日と違う明日をつくり出すためのどんな決断をしますか?

 
ステップ3.「状況」を変える

今までと同じ行動の量では、同じ結果にしかなりません。

量を増やさなければ何も変わりません。

行動の不足をつくっているのは、あなたの問題ではなく、状況が問題です。

「わたしが悪いんだ」「わたしのやる気がないんだ」
と自分の問題にしていてもズレているのです。

ほとんどは「その状況にいたら仕方ないさ」という状況にいる人なのです。

やる気が出ないという悩みの多くは、考え方ではなく、
状況が原因の場合がほとんどです。

だから「どんな状況でやろうとしているか?」を意識してみてください。 >>>続きはこちらから

2017年を最高の年にするための2016年を振り返るスキル15.

From : 田渕裕哉(2016/12/27 06:50:37)

2016年12月27日(火)
おはようございます。今朝は比較的に温かい千葉からです。

高い理想を掲げ向かって進んでいくときは今の自分と比べるため謙虚になります。
成長の実感を感じるのは過去の振り返りです。以前できなかったことができる
ようになっているからです。この謙虚と成長の実感が確実な成長をもたらします。

 
ステップ2.「がんばる」という精神論をやめる

行動を増やすとき(減らすとき)に大事なのは、
決して「意志の力」で取り組まないことです。

つまり「がんばるぞ」と力むのではない、ということです。

これはどれだけ声を大にしても聞こえない人がいるのです。

「がんばろう」と思っているとき、そのほとんどは「やりたくない」
という気持ちが背後にあります。

つまりがんばろうという気持ちの矢印と、
やりやくないという矢印が逆方向に向いているのです。

だから、がんばろうと思えば思うほど、
やりたくないという気持ちも強くなってしまうのです。

だから、がんばらないと思うほど、やりたくないも小さくなるのです。 >>>続きはこちらから

2017年を最高の年にするための2016年を振り返るスキル14.

From : 田渕裕哉(2016/12/26 07:07:39)

2016年12月26日(月)
おはようございます。今年最後の1週間の始まりですね!
この1週間の過ごし方が、2017年を決めます!

偉大さは、何を成し遂げたかによって決まるわけではない。偉大さは、
結果を出すよりだいぶ前に、あなたが必要なことを選択する瞬間に現われるのです。
基準を高めて生きているという姿勢そのものが、あなたの最高の財産です。

 
未達成のほとんどの原因は「行動量の不足」です。

「できることは全部やりました」と言う人は100%嘘をついています。

できることを全てやったのであれば、遥か高いステージまで進んでいるからです。

だから「できることは全部やりました」と言うことで、もう行動しなくていい、
もう苦しまなくていいと自分を説得しているだけなのです。

大事なことは、優れた結果は、優れた結果にふさわしい行動をした人が手に入れる、
という原則を思い出すことです。

苦しんだ分だけ良い結果になることはないのです。

新しい選択や行動の量を増やして行きましょう。 >>>続きはこちらから

2017年を最高の年にするための2016年を振り返るスキル13.

From : 田渕裕哉(2016/12/25 06:45:38)

2016年12月25日(日)メリークリスマス!
おはようございます。今朝もいい天気の千葉からです。

「ベツレヘムでの幼子の誕生とともに、大いなる贈り物、どんな武器よりも
力強いもの、カイザルの貨幣よりも長く存続する富がもたらされました。
この幼子は王の王、主の主、約束のメシヤになられる御方、つまりこの方こそ
神の御子イエス・キリストだったのです。」(トーマス・S・モンソン)

 
ステージ3.来年のテーマと具体的な方針を掲げる

「ステージ1の2」と「ステージ2の2」で書いたリストの中のものから、
あなたの2017年テーマの候補を見つけてみましょう。

「これをもっと大切にしていく2017年にしよう」
というものを2~5つ見つけてみましょう。

挑戦、感謝、愛、エキサイティング、など何でもいいのですが
「そうそうこれを自分は大切にしていこう」と今の段階で思えるもので大丈夫です! >>>続きはこちらから

2017年を最高の年にするための2016年を振り返るスキル12.

From : 田渕裕哉(2016/12/24 07:57:16)

2016年12月24日(土)クリスマス・イブ
おはようございます。今朝は快晴の千葉からです。

「人の2倍3倍頑張ることってできない。
限界の時、自分の中でもう少しだけ頑張ってみる。
その継続が偉業への道。」(イチロー)

 
ステージ2の2.何が満たされていないのか?(4分)

もっとよくできた、改善したいと思うのは
「結果が出なかったから」ではありません。

そんな表面的なことが原因だと思うと「来年は結果を出そう」
という表面的な決意で終わってしまいます。

本質に目を向けましょう。

もっとよくできたな、改善したいな、と思うのは、
そこに「あなたが大切にしたいことを大切にしている」から、
そう感じるのです。 >>>続きはこちらから

2017年を最高の年にするための2016年を振り返るスキル11.

From : 田渕裕哉(2016/12/23 06:37:54)

2016年12月23日(金)
おはようございます。今朝は福岡からです。

今日は名古屋で13:30~ニューベラスの事業説明会が開催されます。
名古屋会議室 錦店 名古屋市中区錦1-4-16 日銀前KDビル6階
ぜひ、お気軽にご参加ください。お待ちしています。

 
例えば、私は「今年はたくさんのセミナーをした」ことを良いなぁと感じました。

そこで振り返るのです。

「なぜ、そのことを自分はよいと感じるのだろう?」

そう深く掘り下げると「あ~自分は『つながり』『アグレッシブさ』
ということが大切なんだ」と気づきました。

そうすると、来年は「つながりやアグレッシブさを大切にして、
何ができるだろう?」という未来への発想へつながります。

あなたの場合は、なぜ良いと感じたのでしょうか?

何が満たされているのでしょうか? >>>続きはこちらから

2017年を最高の年にするための2016年を振り返るスキル10.

From : 田渕裕哉(2016/12/22 05:52:15)

2016年12月22日(木)
おはようございます。今日は福岡に行きます。

本日15時~福岡でニューベラスの事業説明会が開催されます。
場所は、アステリアカリオン福岡市中央区赤坂1-3-12です。
また同じ場所で18時30分~セミナー(「テーマ:振り返りのスキル」)
も開催されます。どうぞ、お気軽にご参加ください。

 
ステージ1の1.

今年よかったこと(3分)

まずは今年よかったなぁと思うことを挙げましょう。

行った場所、買ったもの、言われた言葉、チャレンジしたこと、達成したこと、
学習したこと、食べた美味しいもの、などなど。

日頃、問題や課題にばかり目をむけているとよかったことが
思い浮かばない人がいますが、脳のくせを変えましょう。

人生は喜び楽しむためにあるのですから。

1月から12月までの手帳やカレンダーなどを見ながら、
よかったことを書き出してみましょう。 >>>続きはこちらから