お金のないサラリーマンの賢い投資術「真の美と健康の秘密セミナー」DVDまたは、CDプレゼント金時力。でお金と時間を両方得る力 特別セミナー 無料CDプレゼントサイコサイバネティクスの魅力!セミナーCDプレゼント結果保証!究極のコーチング・プログラム

可能性を広げるチームワークの力2.

From : 田渕裕哉(2018/04/26 07:00:14)

2018年4月26日(木)
おはようございます。今朝もダラスからお届けしています。

恐怖も不安も、情熱・興奮には勝てない。
人生とビジネスにエキサイトしよう!

実は「誰にとっても最高のチーム」というものは存在しません。

ある人にとっては最高のチームが、別の人にとっては最悪のチームにもなります。

だから大事なのはチームメンバー一人一人が「私はどんなチームで働きたいのか」
というビジョンを持つことです。

今、個人で活動している人は、まず「自分自身とのチームワーク」
として捉えましょう。

個人でも、チームでも即座に今日から使える考え方と技術をお届けします。

共にチームワークの本質を学んでいきましょう。 >>>続きはこちらから

可能性を広げるチームワークの力1.

From : 田渕裕哉(2018/04/25 07:00:55)

2018年4月25日(水)
おはようございます。今朝もダラスからお届けしています。

昨日と今日とは全く関係がありません。
昨日が最悪だったからといって、今日には何の関係もありませんし、
逆に、昨日が最高だったからといっても、今日には何の関係もありません。

個人・集団の持つ力を解き放つことが、チームワークだと考えます。

チームとグループは違うのです。

最も大きな違いは、一人一人の持つ潜在意識がどれだけ引き出されているかです。

グループとは人間が集まれば、いつでもつくることができます。

しかし、チームは、ただ集まってもつくることはできません。

それぞれの持つ可能性が解き放たれ、のびのびとしている状態が基本です。 >>>続きはこちらから

あなたの才能を活用し充実した人生にする方法27.

From : 田渕裕哉(2018/04/24 07:00:45)

2018年4月24日(火)
おはようございます。今朝はダラスからです。

何ものにも変えられない幸せ(歓び)と永遠不滅の豊かさとは
いい人と出会い、いい仲間をつくり、いい体験を一緒にすることから生まれる。

マーカス・バッキンガム氏は「プル」と「プッシュ」という言い方で働き方を表します。

多くの人が周囲からの期待や、義務感、与えられた仕事に「引っ張られて(プル)」
動いています。

周囲から与えられた「こうあるべき」という姿を目指したり。

タスクをこなしたり、期待されるゴールを追いかけてしまいます。

これでは、強みを手に入れることも難しいし、
人生の主導権を環境に渡してしまっています。

さまざまな方向に引っ張られて、あなたがコントロールを失ってしまいます。 >>>続きはこちらから

あなたの才能を活用し充実した人生にする方法26.

From : 田渕裕哉(2018/04/23 07:00:26)

2018年4月23日(月)
おはようございます。今日はアメリカのダラスに行きます。

相手に影響を与えるためには、相手フォーカスです。
相手が幸せになっていくことを思考の中心にすることです。

当然のことながら、重要な5~7つのテーマに関係するアクションが出ていないのに
「その他」のアクションばかりになってしまっているとしたら、黄色信号です。

毎日、すべてのテーマが埋まるわけではありません。

「最近、どこを行動できていないのか」

「最近、どこの行動が増えているのか」

そうしたことを明確に把握できることが大事なのです。 >>>続きはこちらから

あなたの才能を活用し充実した人生にする方法25.

From : 田渕裕哉(2018/04/22 07:11:09)

2018年4月22日(日)
おはようございます。今朝もいい天気の千葉からです。

ワクワクする夢を持ちましょう。
夢は、「未来」ではなく、「今」に影響をあたえるからです。
今の気分、今の選択、今の行動。
夢は今のあなたの一歩目を踏み出すためにあります。

2018年が終わるとき、充実感を感じるためには、
どんなことが充実していることが大切か?

例1)体力管理、専門知識の充実、ビジネスの拡大、資産形成、
家族・友人を大切にする、英語力アップ

例2)親孝行、住まい、パートナー、睡眠

例3)文章を書く、働き方を変える、健康力アップ、たくさん遊ぶ

それに関することがあなたの2018年にとっての重要事項です。

パレートの法則に習えば、あなたの1年の成果・充実感の80%は、
その5~7つの分野に関係することから生まれます。 >>>続きはこちらから

あなたの才能を活用し充実した人生にする方法24.

From : 田渕裕哉(2018/04/21 07:11:16)

2018年4月21日(土)
おはようございます。今朝も快晴の千葉からです。

いつのときでも「もらう側」と「与える側」の2つのタイプに分かれる。
周りのお役に立つには、どうすればいいのか?
あの人に喜んでもらうために、自分は何ができるのか?
と、何か与えられないか考えてみることが幸せと成功の鍵!

2018年も4月の後半に入りました。

「できること」を増やすには、スキルアップが必要です。

一方で「やりたいこと」は興味や知識が増えれば、一瞬で生まれます。

私たちは責任に伴う「しなければならないこと」と、目の前の興味の
「やりたいこと」に振り回されているうちに、時間が過ぎていきます。

才能を発見し、才能を伸ばすということではなく、
この4月にぜひじっくりと考えていただきたいのが改めて
「2018年の重要なテーマ」です。

5~7つ、あなたが常に注意を向け、改善をさせていくことを考えてみましょう。 >>>続きはこちらから

あなたの才能を活用し充実した人生にする方法23.

From : 田渕裕哉(2018/04/20 07:07:19)

2018年4月20日(金)
おはようございます。今朝もいい天気の千葉からです。

夢に、期限設定を加えたものが目標。
人は夢を目標にした時、実現する率が格段に上がる。

弱みは改善しようとせず「まずは受け入れる」のです。

変わった癖や執着があるからこそ、その人の強みも生きるのです。

弱みがあることに抵抗しようとするのではなく「そういうものなんだ」
と受け入れてしまいましょう。

最も大事なことは「弱みが、強みを発揮することを妨げない」ようにすることです。

決して「弱みを克服すること」ではないのです。

弱みは、なぜ弱みかと言えばなかなか伸びないから弱みなのです。

克服しようと投下した時間やエネルギーが無駄になってしまうのは
とてももったいないことです。 >>>続きはこちらから

あなたの才能を活用し充実した人生にする方法22.

From : 田渕裕哉(2018/04/19 07:20:08)

2018年4月19日(木)
おはようございます。今朝は小春日和の千葉からです。

いい仕事をするには高い感覚が必要。
高い感覚を身に着けるにはいい感覚をしている人と
同じ空気を吸うことが一番の近道。

「ステップ3:テスト」才能・強みを意識して使ってみる

「先週より今週、ほんのわずか余計に、自分の強みを活かすには、
どうしたらいいだろうか?」

この問いは、ハイパフォーマンスを目指すすべての人に、
手帳に書いておいてもらいたいものです。

自分なりの成功のレシピをつくることが最も重要なのです。

ぜひ、才能や強みの本質が見えてきたら、それを意識して使ってみましょう。

例えば「朝カフェで自己成長の時間をとる」ということが強みの要素であれば、
ただの読書ではなく「英語の勉強」や「事業計画づくり」など、
いろいろなことに当てはめてみましょう。 >>>続きはこちらから

あなたの才能を活用し充実した人生にする方法21.

From : 田渕裕哉(2018/04/18 06:04:16)

2018年4月18日(水)
おはようございます。今朝は恵みの雨の千葉からです。

成功してようが、幸せだろうが、結局、わたしがやりたいのは
「今日やることだもの!」という状態。その状態こそが最強の状態です。

例)Bさんの運動:「週末であることが重要!週末の仕事がないときに、
だらだらと過ごすのではなく、尊敬する人たちと運動をすることが
自分のモチベーションをあげる!」

ならば「週末に友人や尊敬する人と運動すること」という強みになっていきそうです。

【要素4】それは「何についての行動か?」

行動が何に関連しているかは、あなたの力強さに影響を与えますか? >>>続きはこちらから

あなたの才能を活用し充実した人生にする方法20.

From : 田渕裕哉(2018/04/17 06:43:12)

2018年4月17日(火)
おはようございます。今朝も福山からです。

ビジネスで成功するための2つの重要な要素。
火のように燃える「熱さ」と、水のように綺麗な「純粋さ」。

例)Bさんの場合は運動:

「なぜ運動をするかといえば、一応健康のためだが、
そのことが力強さをつくっているようには思わない」

ならば、強みとは「理由」は関係がなさそうです。

【要素2】それは「誰とする?」「誰に対してする?」「誰のためにする?」

そして、その人は、あなたが力強くなるために重要ですか?

例)Aさんの場合:「誰のために読むかといえば、自分のため。
でも、それは自分が力強くなるためには関係がなさそうだ」

ならば、強みと「誰か」という要素は関係なさそうです。 >>>続きはこちらから