原則中心リーダーシップ5.

From : 田渕裕哉(2024/06/14 06:34:16)

2024年6月14日(金)
おはようございます。今朝は北海道に来ています。

消費者の一人ひとりが今望んでいる事は何かを理解し、それを満足
させてあげるためにはどうすれば良いのかを考え、検証し実行すること。

人間の能力的資源は限られているというパラダイムや
前提は誤りである。

人間の偉大な能力はとても使いつくせるものではない。

豊かさマインドはすべての人々にとって、より大きな利益、
力、そして結果を生み出す。

互いの利益を願う優しさと、人間に本来備わっている自尊心
を通して、あなたは欠乏マインドから豊かさマインドを持った
人間へと成長していくことができる。 >>>続きはこちらから

原則中心リーダーシップ4.

From : 田渕裕哉(2024/06/13 06:13:02)

2024年6月13日(木)
おはようございます。今朝はさわやかな朝の千葉からです。

収入の範囲内で生活する。それが自由になる鍵!

希望と目的の意識。「私は頭の中で未来の姿をつくり出す。
私にはそれが見える。それがどんなものであるかを想像できる」

想像力はあなたに未来を指し示す。

あなたの可能性は無限だが、どんな状況に対してもこの能力を
発揮していくためには、能力を強化することが必要。

7つの習慣で、第一の習慣は自覚と自己認識、第二の習慣は良心
と想像力、第三の習慣は意志の力を活用している。 >>>続きはこちらから

原則中心リーダーシップ3.

From : 田渕裕哉(2024/06/12 06:58:20)

2024年6月12日(水)
おはようございます。今朝はいい天気の千葉からです。

顧客への価値創造が財務ゴールを達成する鍵。

3.知恵

「知恵」とは優れたものの見方、バランス感覚、そして
原則が物事にどのように適用されているのか、それぞれが
どのような相互関係を持っているのかということを鋭く
見通す力のことである。

また知恵には純粋な喜びと一時的な快楽を区別する能力も
含まれる。

4.力

「力」は行動する能力であり、目標を達成する力と勇気、
選択や決断をするアクティブなエネルギーである。

彼らは事を自分から起こす人間ー主体的な人間なのである。 >>>続きはこちらから

原則中心リーダーシップ2.

From : 田渕裕哉(2024/06/11 07:14:51)

2024年6月11日(火)
おはようございます。今朝はいい天気の千葉からです。

心が反応したときは「やあ。キミは○○な心の反応だな」
と名前をつけて友達になる習慣を身につけよう。

自分の生活の中心に置くものが何であれ、それは個々の
生命維持システムの根源となる。

そのシステムは大別すると安定性、方向性、知恵、そして
力という4つの要素から成っている。

1.安定性

「安定性」とは自己の価値観、アイデンティティー、精神的な
基礎、自尊心、そして個人の力のことである。 >>>続きはこちらから

原則中心リーダーシップ1.

From : 田渕裕哉(2024/06/10 07:13:13)

2024年6月10日(月)
おはようございます。今朝は恵みの雨の千葉からです。

原因と結果の法則。原因となる努力には犠牲も伴い、代償も支払う
そうまでして追い求めたい結果であれば、その原因が身を結ぶ。

長期にわたって積み上げてきた信頼性の結果である信頼関係が、
テクニックよりも重要であることを私たちは知っている。

習慣を改め、徳を積み、基本原則を学び、誓いと約束を守り、
勇気を出し、相手の信念や感情を心から思いやるといった
優れた人格を持つことは難しい。

しかしながら、これは私たちの成熟度を測るものさしなのだ。

自分自身を尊重しながらも、高い目的と原則に自分を従わせる
ことは、崇高な人間性におけるふたつの矛盾した側面であり、
有効なリーダーシップの基礎を成すものである。 >>>続きはこちらから