あなたのこころは無限1.

From : 田渕裕哉(2018/12/16 06:29:28)

2018年12月16日(日)
おはようございます。クリスマスが近いのでイルミネーションが綺麗ですね!

まだ、今年もあと2週間以上あります。
2018年の残り、あなたはどんなことにチャレンジしていきますか?

さて、今日から「エネルギーという視点」について書いていきます

私はあるときから「エネルギー」という視点で世界を見て人生が変わりました。

あなたはエネルギーが高いですか?それとも低いですか?

人生の中でエネルギーの高い時期や低い時期、あるいは1週間の中でもエネルギー
の高い日や低い日、または1日の中でもエネルギーの高い低いはあると思います。

今はエネルギーが高いと思いますか?低いと思いますか?

ぜひ、この視点で考えてみてください。 >>>続きはこちらから

「幸せ」と「自由」を手に入れるコミュニケーションスキル25.

From : 田渕裕哉(2018/12/15 06:37:05)

2018年12月15日(土)
おはようございます。今朝も本当に寒さの厳しい千葉からです。

いい仕事をする人や魅力的なリーダーは、ずっと熱い想いを持ち
新しいことに挑戦し続けている。自分のこと以上に、大切な人のこ
みんなのこと、業界のこと、世の中のことを考え
どうしたら、もっと良くなっていくのかを問い続けている。

「科学的な10のコミュニケーション法」

9.会話に入る前に、60秒深呼吸をして
「私のもっとも深いところにある価値観は何?」と問うてみる。

すると脳のストレス抵抗力がアップする。

10.ボディーランゲージを伴うことで、聴き手の理解力はアップする。

(参考文献:「心をつなげる」アンドリュー・ニューバーグ東洋出版)

それではまとめます! >>>続きはこちらから

「幸せ」と「自由」を手に入れるコミュニケーションスキル24.

From : 田渕裕哉(2018/12/14 06:45:12)

2018年12月14日(金)
おはようございます。今朝も寒い千葉からです。

一番、裏切ってはいけないのが自分自身。
自分にウソをついたり、言ったをごまかしていると
今やっている仕事に、今関わっている人たちに
自分自身の人生に、最終的に、裏切られてしまう。

さて、今日は「科学的な10のコミュニケーション法」として、
次のものを知っておくとすぐに使えるものもあるでしょう。

1.会話中は、深呼吸をしてリラックスした状態でいよう。

すると共感度が上がる。

2.心の中は「平和/愛」などのポジティブワードで溢れさせておこう。

3.脳は、30秒しか情報を保てない。話は短く。

4.ゆっくり話せば話すほど、相手の理解力は上がる。

5.具体的に具体的に。脳は具体的に言われる方が疲れない。 >>>続きはこちらから

「幸せ」と「自由」を手に入れるコミュニケーションスキル23.

From : 田渕裕哉(2018/12/13 06:19:03)

2018年12月13日(木)
おはようございます。今朝も寒い千葉からです。

予測できない未来をひらいていくには、自分で、理想の未来を描くこと。
そのためには、後向きでなく、前向き。
下向きでなく、上向き。内向きでなく、外向き。

多くの人が相手の言動をみて、自分の持っているルールブックにあてはめて、
相手をジャッジしています。

「こういう言動をする人は、きっとこういう人に違いない」

「こういう態度をとるということは、きっとこう思っているに決まっている」
と確認しないまま決めつけてしまうのです。

(そして、関係がこじれていきます)

大事なことは、相手の言動をジャッジするのではなく、次のことです。

「相手の人が置かれている状況から、相手の心情に、自分の心を重ねていく」 >>>続きはこちらから

「幸せ」と「自由」を手に入れるコミュニケーションスキル22.

From : 田渕裕哉(2018/12/12 06:31:08)

2018年12月12日(水)
おはようございます。今朝も寒い千葉からです。

自分を動かすのも、情熱。周りを動かすのも、情熱。
情熱の炎の大きさと温度に応じて、現実が動く。
何でもいいから、夢中になる。寝食を忘れるほど、熱中する。
遠慮せず、思いを熱心に語る。

あなたがコミュニケーションをとるとき「自分のニーズをクリアして欲しい」
と思うほど、あなたはコミュニケーションで弱くなっていきます。

逆に、コミュニケーションで「相手のニーズや課題をクリアする手伝いをしよう」
と心を置くと、あなたは強くなります。

なぜなら、人は理解を求めるほどに孤独になっていくのですが、
理解をしてあげようとすると途端に人とのつながりが生まれ、
安心感が増えていくのです。 >>>続きはこちらから

「幸せ」と「自由」を手に入れるコミュニケーションスキル21.

From : 田渕裕哉(2018/12/11 07:54:00)

2018年12月11日(火)
おはようございます。今朝はいい天気の千葉からです。

・いいご縁に恵まれる ・仕事が発展していく ・楽しい人生になっていく
そのためには、共通した条件がある。それは、人を大事にすること

あなたにとって、コミュニケーションをとる相手は
「あなたの目標にどう利用できるのか」という「モノ」でしょうか

あなたにとって、コミュニケーションをとる相手は
「私の言っていることを理解してほしい/分かって欲しい」という
「あなたのニーズを満たすべき」だと思っているでしょうか?

もし、あなたが「周りの人が自分何をしてくれるのか」ということばかりに
関心を向けていたら、きっとコミュニケーションは行き詰まるでしょう。

目を向けるべきは、自分ではなく、相手のニーズや課題、状況です>>>続きはこちらから

「幸せ」と「自由」を手に入れるコミュニケーションスキル20.

From : 田渕裕哉(2018/12/10 06:15:06)

2018年12月10日(月)
おはようございます。今朝も一段と寒いですね。今日は名古屋です

「あなたのような人に、ずっと出会いたかった」と言われるほどの魅力的な人とは
3つの「気(き)」がそろっている人。それは、
1)落ち着き 2)安らぎ 3)輝き の3つの気(き)。

「相手が経験している内面世界を、私も見ようとしている」

つまり「ズレていたらよくないので、確認させてください。あなたが言ったことは、
こういう理解で合っていますか?」

「間違っていたら言ってくださいね。○○さんは、
こう感じているということで合っていますか?」

こちらが「相手を理解していること/理解しようとしていること」を示す。

そうすることで、相手と同じ世界を見続けることができるのです。 >>>続きはこちらから

「幸せ」と「自由」を手に入れるコミュニケーションスキル19.

From : 田渕裕哉(2018/12/09 07:26:34)

2018年12月9日(日)
おはようございます。今朝も寒い朝ですね!

体が冷えていると、心も冷たくなる。
体を温めると、当たり前のように、相手を大切にできる。
愛情深く、明るく、前向きになり、遊び心があって、飽きずに続けられる。

1.正しさ 2.善 3.一面だけをみる 4.安全さ

質問:この4つを見てみたときに、
自分がはまってしまうことが多いのはどれでしょうか?

これら4つを手放しましょう。

「私の考えがすべてじゃないかもしれないよね」とつぶやいてみましょう。

その言葉が解放の鍵になります。

そして、次の基本を押さえましょう。

「私たちは、相手に理解を求める前に、
こちらが相手を理解する意思があることを示す必要がある」 >>>続きはこちらから

「幸せ」と「自由」を手に入れるコミュニケーションスキル18.

From : 田渕裕哉(2018/12/08 06:15:38)

2018年12月8日(土)
おはようございます。今朝は北九州の小倉からです。今日は長崎です。

体が固いと、頭も固くなる。
体を緩めると、ゆっくり(じっくり)考えられる。人を許せて、認められる。
夢が持てて、優先順位が分かり、勇気も出てくる。

3.一面だけをみる

ブレていないのは、とても心地のよいものです。

自分がやっていることに、メリットもデメリットも、
両面あるとは思いたくないものです。

片方の側面だけを見ていたいからです。

視野が狭い人は一面だけをみます。

「私は社畜だ!」「サラリーマンは搾取されている!」
「私たちは不利だ!」などなど。

一面だけをみていると、ブレずにすみます。

質問:あなたがつい「一面」だけしか見られないことは何がありますか? >>>続きはこちらから

「幸せ」と「自由」を手に入れるコミュニケーションスキル17.

From : 田渕裕哉(2018/12/07 04:57:38)

2018年12月7日(金)
おはようございます。今日は午前中に成田から福岡へ。午後、小倉でセミナーです。

「いい人ばかりで…」と言っている人は、たいてい、ご本人のお心がいい。
「周りにはイヤな人ばかり!」と言っている人は
たいてい、ご本人も曲がっているところがある。

1.正しさ

正解ばかりを教えられてきた私たちにとって、正しくあることは気持ちが良いものです。

よく聞かれる言葉に「私、間違っていますか?私のほうが正しいですよね?」
と聞かれることもあります。

「締め切りを守らないあいつのほうが悪いんだ!」

「宿題はしなきゃいけないんだ!私は正しい親なんだ!」などなど

「あの人が間違っていて、私のほうが正しい」というのは、
コミュニケーションが進まないのに、なぜか快感を得てしまうというものです。

注意しましょう。

質問:あなたはどんなときに「正しさ」のトラップにはまりますか>>>続きはこちらから