あなたの夢を叶える究極のタイムマネジメント7.

From : 田渕裕哉(2019/09/08 07:14:05)

2019年9月8日(日)
おはようございます。今朝もいい天気の千葉からです。

「私たちが次にやりたいことは、私たちには決してできないと
人から言われたものだ」(稲盛和夫)

タイムマネジメントは「心のやすらぎ」をつくりだします。

多くの人は「もっとたくさんのことをこなして達成する。そうすれば、
そのあとの休暇で、南の島で過ごせば、心が安らぐだろう」と信じています。

しかし、実際は「達成へと向かう過程の中で、心が安らぐことができれば、
私たちはもっと高いレベルを達成することができる」です。

重要なのは次の言葉です。

「心の安らぎを得るには『もっとたくさんやろう』という発想では到達しない」

1日24時間の中に、もっとたくさんのことを詰め込んでも、
心の安らぎが得られるわけではないのです。

では、どうしたら心の安らぎを得ることができるのか?

それは「あなたが最も大切だと思っているもの/最も優先させたいと思っているものを、
スケジュールの中で優先的に実行していくこと」です。

人はそれぞれの価値観において、最も大切なものが違います。

だからこそ「あなたが最も大切なものは何なのか」にきちんと集中することなのです。 >>>続きはこちらから

あなたの夢を叶える究極のタイムマネジメント6.

From : 田渕裕哉(2019/09/07 06:38:01)

2019年9月7日(土)
おはようございます。今朝はいい天気の千葉からです。

挫折や艱難は天が与えてくれた素晴らしい人生への前奏曲。
もし挫折や苦労がなく、順風満帆な人生なら、自らの魂を磨こうという努力を
することもなく、また他人の気持を汲み取りいたわったりする人間になれない。

ステップ3.1週間の終わりに、やれたことを見て、学びを書く(5分)

1週間の終わりに、リストを見返してみましょう。

ここで「よかった/ダメだった」と判断するのは無意味です。

見返して学びを得ましょう。

「私はここから何を得たか?ここから何を学んだか?」

そうして次の週に、それを反映させます。(ステップ1.に戻る)

あらかじめ「この時間に振り返る」というのを決めておくのもおススメです。

ステップの基本は、この3つです。簡単ですね!

それでは、3つの注意事項がありますので、お伝えしておきます。

注意1.「こんな1週間にしたい」からスタートする。

「これをしなければならない」は後。

もし「しなければならない」というものが多かったら、
リストアップするときに、メモの半分に線を引いておきましょう。

片方は「やりたいこと」もう片方は「しなければいけないこと」

大事なのは「こんな1週間にしたい」というのがあなたの大切にしたいもの、
未来につながっているものです。それを描いてください。 >>>続きはこちらから

あなたの夢を叶える究極のタイムマネジメント5.

From : 田渕裕哉(2019/09/06 07:13:53)

2019年9月6日(金)
おはようございます。今朝は少し暑い千葉からです。

正しい判断は、あなたの「魂」がもたらしてくれる。
だから普段の生活の中で、毎日の仕事の中で、常に自らの心を高め
魂を磨き続ける生き方が重要。そうすれば「宇宙の流れ」と合致する!

フィードバックとは「何ができて、何ができていないのか。
何がうまくいって、何がうまくいっていないのか」という
あなたが過ごした結果を受け取るということです。

だから、時間管理とは「細かく管理すること」ではないのです。

そうではなく「ズレたというフィードバックを得て、
そこからの次の過ごし方の決断をする」ということの繰り返しなのです。

では、具体的に見ていきましょう。

具体的に何をするのかと言えば「ウィークリープランニング」とい
1週間の計画を立てることと「ウィークリーレビュー」という
1週間の振り返りをする、ことの2つです。

1年間は52週間ですから、これを50回も繰り返すと、私たちは別次元になります。

ズレて、フィードバックを受け取り、次はこうするという決断をする。

できなくても大丈夫です。90%がズレても問題ありません。

問題は、次の週のプランで対策を立てることです。

レビュー(振り返り)は「未来を変えるためのスキル」なのです。 >>>続きはこちらから

あなたの夢を叶える究極のタイムマネジメント4.

From : 田渕裕哉(2019/09/05 07:32:30)

2019年9月5日(木)
おはようございます。今朝は父母のお墓参りで埼玉に来ています!

ビジネスの判断基準を「人間として何が正しいか」にする。
人間としての正しさとは「正直であれ」「人をだますな」「思いやりを大切に」など。

レベル3.目標につながる行動を日々のスケジュールに入れる

ゴールや締め切りを考えて、1日のスケジュールを手帳に記入します。

1ヶ月の目標を1日の行動に落とし込む。そうして行動をしていきます。

これができるようになると「狙ったものを達成する」ということができるようになります。

この仕事の仕方がレベル3です。

レベル4.人生/ビジネスの重要事項のバランスを考える

短期的なゴールと長期的なゴール。ビジネスとプライベート。

インプットとアウトプット。予定していたことと急に目の前で起こったこと。

相反しそうな重要な事柄のバランスを整えていきます。

何が正解か存在しない、そんな状況の中で中長期的に人生を創っていくのがレベル4です。

ベンジャミン・ハーディー氏の言葉をご紹介します。

「乱気流や悪天候の影響などで90%飛行時間は、予定のコースから外れている。

それでも飛行機は、目的地に予定時刻に到着する。

その理由はとてもシンプルだ。パイロットが常にコースを修正しているからだ」 >>>続きはこちらから

あなたの夢を叶える究極のタイムマネジメント3.

From : 田渕裕哉(2019/09/04 06:35:09)

2019年9月4日(水)
おはようございます。今朝は涼しい千葉からです。

「ダメだと思ったときが仕事の始まり」

タイムマネジメントの重要な鍵は「時間の使い方が上手か/下手か
ではありません。

「あなたの意志」です。

つまり「あなたは、どういうつもりでその時間の使い方をしているのですか?」
という問いに答えることなのです。

どんな未来をつくるつもりで、そうした時間の使い方なのか?

どういう結果をつくるつもりで、今週の時間の使い方になったのか

ほとんどの人は「何かの結果をつくるつもりで時間を使う」ということをしません。

「やらなければいけないからやる」「目の前で起きたからやる」
「決められた予定だから行く」などなど。

「意志がない時間の使い方」それは、いくらたくさんのことができるようになっても
何も生み出さないのです。

では、考えてみましょう。

質問1.私は、夢が叶うような時間の使い方をしているだろうか?

質問2.夢を叶えるためには、どういうことにもっと時間を使うべきだろうか?

どういうことの時間をもっと減らすべきだろうか? >>>続きはこちらから

あなたの夢を叶える究極のタイムマネジメント2.

From : 田渕裕哉(2019/09/03 06:10:00)

2019年9月3日(火)
おはようございます。今朝は博多からお届けしています。

「おのれを愛するは善からぬことの第一歩なり」(西郷隆盛)

多くの人が「自信がないから」「お金のメンタルブロックがあるから」
「営業が苦手です」などなど、夢が叶わない理由を言います。

しかし、夢が叶っている人たちは「夢を叶える日々の過ごし方」をしたのです。

完璧な人間になったら夢が叶うわけではありません。

「夢が叶うような時間の使い方をしたから」夢が叶うのです。

もっと具体的に考えてみましょう。

ダイエットに成功する人は、ダイエットに成功するような時間の使い方をしています。

起業して成功する人は、起業して成功するような時間の使い方をしています。

売り上げを200%アップする人は、200%アップするような時間の使い方をしています。

明るくてワクワクした毎日を過ごしている人は、そうした気持ちになる時間の使い方をしています。

不平不満を言うことに時間を使うのではなく、目標から遠ざかるようなことに時間を使うのではなく、
自分で自分のことが嫌いになるようなことに時間を使うのではないのです。 >>>続きはこちらから

あなたの夢を叶える究極のタイムマネジメント1.

From : 田渕裕哉(2019/09/02 04:10:15)

2019年9月2日(月)
おはようございます。今日は朝から福岡です!

宇宙には利他の風が吹いている。大きな帆を掲げてその風をふんだんに受ければ、
よき運命の流れに乗ることができ、人生がよりよい方向へと導かれる。

あなたは、どうしてもやりたいことを妥協していませんか?

「まぁまぁやりたいこと」は、どっちでもいいのです。

あなたが「絶対にやりたい」と思っていることは、
ぜひ人生・ビジネスで行なっていきましょう!

何のためにタイムマネジメントがあるのかと言えば
「絶対にやりたいことをやるため」です。

「やらなければいけないことを早く終えるため」
「やらなければいけないことをうまく管理するため」

それらをタイムマネジメントの目的にするのは止めましょう。

「やらなければいけないことが終わったら、やりたいことをやる」のではなく
「やりたいことをやるために時間をつくる」というスキルがタイムマネジメントです。

時間の使い方が「上手」「下手」。手帳をうまく「使える」「使えない」。

細切れ時間を「無駄にしている」「節約できている」。

本当は、どうでもいいことです。 >>>続きはこちらから

エネルギーを高める方法23.

From : 田渕裕哉(2019/01/15 06:25:44)

2019年1月15日(火)
おはようございます。お正月、3連休が終わり、今日から本当にスタートですね。

心の安らぎを得ようと思ったら、短時間でなるべくたくさんのことを行おうとする
アプローチでは得られない。心の安らぎを得る秘訣は、
私たちの価値観において、もっとも大切なものは何かを知るところから始まる。

今日は非常に簡単にエネルギーを高め、エネルギーの流れをよくする方法をお話します。

それは「感謝」と「礼」です。

「感謝」することは、すべてに対する「信頼」をあらわすことになります。

「感謝」して「信頼」することによって、自分以外の人と結び付くことができます。

日本の伝統武芸の一つである「合気道」は、
自分と自分以外の人の「気を合わせる」ことを言います。

結び付くということです。

相手からの攻撃のエネルギーを受け取って、それを調和し、
相手と結び付き、相手を抑えたり、投げたりするのです。

老齢の男性が、若く筋力のある男性を軽々と放り投げることもあります。 >>>続きはこちらから

エネルギーを高める方法22.

From : 田渕裕哉(2019/01/14 06:32:36)

2019年1月14日(月・祝)
おはようございます。今日は成人の日です。高松からお届けします

あなたは何か心配なこと、悩みがあるだろうか?
それはあなたが《何かに執着している》ことを示すバロメーターです。
心配ごとがあるとき、あなたは何かに執着しています。

日本語はエネルギーに当たる言葉「氣」という単語を多用します。

これは、日本人の文化がエネルギーに敏感であることの表われです

例えば「気持ち」は自分のエネルギーのあり方を指します。

自分のエネルギーのポジションが良く、流れも良好なら「気持ちが良い」、
逆にエネルギーが滞ると「気持ちが悪い」のです。

また自分のエネルギーがプラス側に傾けば「陽気」、
マイナス側に傾けば「陰気」です。

バランスが取れて丁度良い本来の状態になるのが「元気」、
逆に気を病めば「病気」です。

ストレスは、東洋医学では体の内に悪い気(邪気)がたまった状態のことです。 >>>続きはこちらから

エネルギーを高める方法21.

From : 田渕裕哉(2019/01/13 07:01:30)

2019年1月13日(日)
おはようございます。今朝も一段と寒い千葉からです。

「私」と「仕事」と「世の中」を一本でつなごう。
あなたがする「仕事(アウトプット)」は「世の中」になにかをもたらす。

エネルギーの観点で、ものごとを見ることができると毎日の生活が楽しくなります。

人を悪く思うと、エネルギーは下がりますよね。

だったら人を悪く思わないことです。

人を愛しいと思えたら、エネルギーは高いのです。

「かがみ」で自分を見て、「が(我)」を取ると、何が見えますか

「かみ(神)」が見えませんか?

神の視点で、ものごとを見ることができれば最強のエネルギーになります。

神は、良い者のうえにも、悪い者のうえにも、平等に太陽を降り注ぐのです。

エネルギーの観点で言えば、個人的な夢よりも、
抽象度の高い「志(こころざし)」のほうが、大きなエネルギーが流れるのです。 >>>続きはこちらから