逆境を「飛躍」に変えるマーケティング戦略7.

From : 田渕裕哉(2022/08/15 07:47:13)

2022年8月16日(月)
おはようございます。今朝も快晴の千葉からです。

志を立てる前に「素志」を考えよう。素志とは、なんとなく
こういうことがしたい、ああいうことがやってみたいという夢や希望。
いまだ具体的ではないが、自分もなにかで活躍してみたいという願い。
焦らず素地を固めていこう。

20世紀は、独立独行の起業家が自力で成功をつかむ時代だった。

しかし、21世紀のビジネス環境では、人と協力して何かを
つくり出す能力が求められる。

ピーター・ドラッカーは、こう言った。

「マーケティングとイノベーションのみが成果をもたらす。
他のものはすべてコストである。」

私なら、これに第三の収入獲得活動として「戦略化」を加える。

競争に負けていると思うなら、何か違うことをしたほうがいい。

一体何が起こったのかと戸惑う競争相手を置き去りにして、
あなたのビジネスだけがグンと前進する方法、必要なのは、
ほんの少しのイノベーションとキラー戦略。

言い換えれば、新しいアプローチである。

ここで「ジェイ・エイブラハムの基礎講座」を一席。

私があなたの会社に雇われたとして、最初にすることは、
会社の事業活動を2つのステージに分けることだ。

はじめに最適化、次にイノベーションだ。

その方法は次のとおり。

第一ステージ(最適化)として、まずあなたの会社が行っている
事業活動のパフォーマンスをこれまで以上に向上させる。

それは、必ずしもその活動が最も有効だからではなく、
あなたの会社がもっと儲かる商売を見つけようとして、
今のビジネスを危険に晒すのを避けたいからだ。 >>続きはこちらから

逆境を「飛躍」に変えるマーケティング戦略6.

From : 田渕裕哉(2022/08/14 07:49:54)

2022年8月14日(日)
おはようございます。今朝は晴れた千葉からです。台風一過です。

役者はただ「身振り手振り」の演技ではなく「その人物の内面」を演じている。
それを「役を生きる」と呼ぶ。その登場人物と同じように焦り、
慌て、喜び、感激し、涙する。我々の人生も感情を生きることが重要。

成功への第一歩は、自分自身や会社に対してどんなビジョンやイメージを
もっているかである。

自分の会社がありきたりの商品や他社と同じようなサービスを
提供する一般的な会社だと思えば、そのとおりの会社になる。

一種の自己達成的予言だ。他社と同じことをする。

どこの会社とも同じような価格をつけ、同じような販売、販促、
広告宣伝、顧客対応を展開する。

それは、死刑宣告を受け入れるのとほぼ同じだ。

他社と同じ商品を同じ価格で売る場合、付加価値を付けなければ
市場からは見向きもされない。

価値には、特典や保証、アクセス、技術サポートを増やすといったことが含まれる。

自身、商品、会社、ビジネスモデルなどを差別化して、
他社とは違うものにしなければならない。

それも、非常に独自的で魅力的な価値のある会社だと思わせなければならない。

それができれば、どんぐりの背比べから抜け出せる。

ほとんどの企業は気づいていないが、非凡な儲けと大儲けの差が生まれる
最も大きい要因は、効果的なマーケティングを行っているかどうかだ。

私はマーケティングをこう定義している。

ある市場を構成する人々に「私たちがあなたの問題を解決し、すき間を埋め、
機会や望み、目標を実現します。他社に同じことはできません」と「教育する」こと。 >>続きはこちらから

逆境を「飛躍」に変えるマーケティング戦略5.

From : 田渕裕哉(2022/08/13 06:20:52)

2022年8月13日(土)
おはようございます。今朝は曇りの千葉からです。台風接近中です

英語では意見や主張に対してwhy とhow が必ずセットされる。
今日は良い1日だった。(主張)なぜなら???。(理由why)具体的には???。(詳細how)
この流れを意識して日本語でも英語でも会話してみよう。これを癖づけること。

あなたが1カ月間にした仕事をすべて日記につけたら、
非生産的で非戦略的な仕事が8割も占めていた、ということはないだろうか。

ほとんどの経営者は、戦略構築、マネジメント、業績を
伸ばす取り組みに専念できていない。

ミクロの経営はできるが、マクロの経営ができないのだ。

それまで慣れ親しんできた同じやり方で時間、カネ、ヒトを使い続け、
相変わらずパッとしない成果しか得られない。

日々戦術を駆使し、会社のためにがむしゃらに働くが、
会社をがむしゃらに働かせようとはしない。

あなたの仕事を本当に短期間で驚異的に何倍にも効果的にする方法をお教えする。

その方法として、あなたが会社で給料をもらう代わりに行っている
3つから5つの最も重要でレバレッジ効果の高い仕事に着目する。

これらのタスクをさらに5つから6つの下位工程に細分化し、
それぞれを「能力」「情熱」「ビジネスの継続的・将来的成功から見た必要性」
という基準で格付けする。

景気が後退し始め、業績が低迷・悪化し始めると、ほとんどの経営者は、
現状のマーケティング投資の費用対効果を測定せずに、
もっとマーケティングにお金を投じる。

効果を最大化できていなければ、最小化しているのと同じだ。

支払うものはすべて単なる経費ではなく、投資または
プロフィットセンターとして効果を測定すべきなのだ。 >>続きはこちらから

逆境を「飛躍」に変えるマーケティング戦略4.

From : 田渕裕哉(2022/08/12 06:58:34)

2022年8月12日(金)
おはようございます。今朝も暑い千葉からです。今日は朝から東京へ行きます!

あなたが管理している全ての感情面、社会面、精神面、身体面、
これらは全てあなたのもの。

それを自覚して、目的と知識を持って管理し選択しよう。
ガーデニングのようにしっかり手入れしていこう。

「Grow or die(成長さもなくば死)」という格言は、どんな物事にも当てはまる。

事業の生命力も然り。ビジネスは、絶えず成長しなければならない

生き残れば満足なのではなく、発展し続ける覚悟が必要だ。

経営者が行き詰る1つの原因は、仕事や顧客に対する情熱がないことだ。

人は行き詰まりを感じれば感じるほど、残念な成果しか出ていない
にもかかわらず、現状や今までの方法に固執する。

しかし、今の仕事のやり方や考え方を変える絶好のタイミングがあるとすれば、
それは景気の厳しいときしかない。

業績が上がったり下がったりしたとき、個人や企業はたいてい
2つの行動のうちのどちらかをとる。

今までと同じことをもっとやるか、少なくやるかの2つだ。

しかしどちらにしても、今までのやり方から脱却できず、
今までと違うことや今までよりいいこと、もっと儲かり、
インパクトがあり、生産性が高く、状況に合い、先制的なことはしない。

あなたのビジネスには、変えることが極めて有益で
理にかなう領域が他にも山ほどある。

たとえば、レバレッジの利かせ方やあなたのビジネスで最も重要なメッセージ。

こうした領域やイノベーションがあなたのビジネスを
赤字やキャッシュフローの問題とは無縁なものにする。 >>続きはこちらから

逆境を「飛躍」に変えるマーケティング戦略3.

From : 田渕裕哉(2022/08/11 07:23:47)

2022年8月11日(木)
おはようございます。今朝も快晴の千葉からです。

温かい飲み物を持つと、より優しくなる。
重いクリップで止めると、書類の価値がよりアップする。
赤を身につけると、よりモテる。
「思考」と「環境(身体感覚)」は連動している。
思考から変えずに環境から変える。

見込み客や新規顧客を呼び込むための、
連続性があり予測可能で持続可能なプロセスを導入する。

顧客を後押しして繰り返し購入を促し、その頻度を予測して、今日の数字を
見て90日後や100日後といったスパンの業績予測をできるようにする。

乗り越えられないものは1つもないこと、むしろ大部分は改善できることを知る。

景気がどんな状況にあっても収入を得る方法や、
その状況を最大限有利に活かす方法を見出せるようにする。

たとえば、他より10倍高い確率で自分の商品を買ってくれる
顧客層の存在に気づき、彼らにうまくアプローチできれれば、
平均的な顧客の17倍もの商品を買ってもらえる。

消費者の財布のヒモが固くなったと感じたら、買わずには
いられなくなるような新しい価値提案ができる。

競合他社に対して、先手を打つか、対抗する手段をもつ。

特定の顧客があなたの会社より他社を選ぶ理由を理解し、
その状況を変える方法を知る。

顧客が何も買わない可能性もある。

そうした顧客に、あなたを選ぶことが一番賢い選択だということを証明する。

顧客を動機づけ、説得して重い腰を上げさせ、購買決定を促す。

以上は、あなたのビジネスを泥沼から救い出すために
できることのほんの数例だ。 >>続きはこちらから

逆境を「飛躍」に変えるマーケティング戦略2.

From : 田渕裕哉(2022/08/10 06:43:11)

2022年8月10日(水)
おはようございます。今朝もいい天気の千葉からです。

脳の成功サイクルは、1. 熟慮して取り組む。2. 失敗する。3. 省みる。
4.  脳が自動的に失敗につながる選択肢を消去する。5. 成功率がアップする。
考えないでやると、やっても学べない。ポイントは熟慮して取り組むこと。

毎年、毎四半期、毎日、予想したように成長していなければ、
その企業は「行き詰って」いる。

市場の波に押し流されるビジネスは、市場が干上がった途端に行き詰る。

なぜなら、自らの運命を自らが握っていないからだ。

景気の良いときには、行き詰っているという自覚さえないのだ。

多くのビジネスが行き詰り、そこから抜け出せないのはなぜだろうか。

以下がビジネス停滞の理由のトップ4だ。

1.事業のあらゆる側面に成長思考を入れていない。

2.成果を計測、記録、比較、数値化していない。

3.綿密なマーケティング戦略や計画、具体的な業績予想を立てていない。

4.適切かつ具体的な目標の立て方がわからない。

景気後退の煽りを受けながらも、戦略的で積極的な成功者たちが
不況をありがたがるのは、好景気に乗っかっただけで本当の実力がない
競争相手を不況によって一掃させ、市場が浄化されるからだ。

だから「あなたも不景気が大好きになる」と私はためらいなく言える。

まわりはどこも悲惨な状況にあるのに、自分たちだけは過去最高益
ということが現実になり得る。

不景気の中、あなたはもっと強くなり、もっと繁盛して、
これまでの期待や想像さえ上回る急激な成長が可能になるのだ。 >>続きはこちらから

逆境を「飛躍」に変えるマーケティング戦略1.

From : 田渕裕哉(2022/08/09 07:21:27)

2022年8月9日(火)
おはようございます。今朝もいい天気の千葉からです。

リーダーシップ1.0は権力者。2.0は変革者。
リーダーの描くビジョンに向けて変化を起こす。
3.0は支援者。前進する人たちを支援し方向づける。
内から外へ。自分から他者へ。
主役は他者という「あり方」が、これからのリーダーシップ。

金融市場が崩壊して、多くの人がこの世の終わりだと感じた、
最悪の時期に、実は、多くの優良企業が誕生していた。

なぜか?

理由は簡単。不景気のとき、逆境のときほど、
飛躍のチャンスが豊富に見つかるからだ。

不景気は、単に、勝者と敗者をより明確に分け、その差を大きくする。

そして勝者の側は、その後、利益を大幅に伸ばしていることが明らかになっている。

つまり、不景気とは、全員が敗者になるのではなく、
勝者と敗者を分け、その差を大きくする時期だということだ。

繰り返されることは毎回、同じだ。

調子の悪い他社の様子を見て、委縮してしまったり、悲観的になったりして、
慎重になりすぎた企業は負け組になり、この機会に抜本的な対策を考えて、
顧客や市場の変化を察知して、新しい価値提案を創り出した企業は、勝ち組になる。

そして不景気が終わった後に、その差はどんどん広がる。

つまり、見方を変えれば、このような不景気、逆境のときにこそ、
競合他社をぶっちぎり、圧倒的な差を付けて、勝ち組に入ることができる
10年に一度のチャンスだとも言える。

本書は、ビジネスが停滞する9つの要因と、その対策を解説する。

これはいつの時代でも一緒だ。どんな会社でも、停滞しているときは、
この9つの要因に問題がある。 >>続きはこちらから

ビジネスNo.1理論33.

From : 田渕裕哉(2022/08/08 06:50:48)

2022年8月8日(月)
おはようございます。今朝はいい天気の千葉からです。

プロの作家と作家志望者の違いは、書くために机の前に座るかどうか。
机に座るのを邪魔するものをレジスタンス(抵抗)という。
レジスタンスを乗り越えた積み重ねがプロをつくる。
そしてプロは月日が経つほどよりプロになる。

次に、その体験、経験の中でマイナスの感情を思い出し、
どんどん良くなっているというプラスイメージに書き換えていきましょう。

そして、その体験、経験の中でどんなことを口にしましたか?

プラスの言葉を発したときを思い出しましょう。

またマイナスの言葉を吐いたことは、プラス言葉に書き換えてみましょう。

今日は、どんな将来を想像しましたか?

プラスの想像をしたときの充実感をもう一度味わいましょう。

マイナスイメージはプラスイメージに書き換えましょう。

今日はどんな動作、表情をしましたか?

プラス動作、プラス表情は、もう一度思い出しましょう。

マイナス動作、マイナス表情は、プラスに書き換えましょう。

どうでしょうか?頭も心もプラス感情で満ちていますか?

「今日もいい1日だったなぁ」という気持ちで満たされていますか

かける時間は10分が一応の目安ですが、時間は気にする必要はありません。

30秒でも20分でもOKです。

最も大事なのは「今日もいい1日だったなぁ。よくやったなぁ」という、
リラックスして満たされた気持ちで眠りにつくことです。

脳がリラックスすることで、意識と潜在意識の壁が取り払われます

すると、睡眠中の脳は、積極的にプラスイメージトレーニングをしてくれるのです。 >>続きはこちらから

ビジネスNo.1理論32.

From : 田渕裕哉(2022/08/07 06:46:34)

2022年8月7日(日)
おはようございます。今朝もさわやかな朝の千葉からです。

営業で大切なのは「私」。「私がなにをするか」。
マネジメントで大切なのは「あなた」。文化(カルチャー)を通じて管理する。
カルチャーとは「これは言わなくても、そういうものでしょ」
と言葉に現れないけれど、そこにいる人たちの行動をコントロールしているもの。
理想の文化を創ろう。

今日は寝る直前の10分間のワークをご紹介します。

なぜ寝る直前の10分間なのでしょうか。

脳には「1日の最後を強く記憶する」という特徴があるからです。

とくに寝る直前の10分間の感情を強く記憶し、
睡眠中に何度もその感情を再生するのです。

もしも、その日がマイナスの出来事ばかりで、
その出来事を寝る瞬間まで引きずってしまったとします。

すると、脳はそのマイナス感情を何度も反復してしまいます。

つまり、寝ている間中すっと、マイナスのイメージトレーニングを
していることになるのです。

あるいは、その日がプラスの出来事ばかりだったのに、
寝る直前に何かしら気になることや不安になることが生じたとします。

けれども、そのまま眠りについてしまったら、
それ以前のせっかくプラスの出来事はすべてパーになり、
その夜もマイナスのイメージトレーニングをすることになるのです

このように、とっても重要な10分間なのです。

ですから、私たちは就寝直前のこの10分間を
「脳のゴールデンタイム」と呼んでいます。

では、もしも、就寝直前の10分間を毎日プラス感情で
過ごすことができたらどうなるでしょうか?

そう、あなたは睡眠している間、ずっとプラスの
イメージトレーニングをしているのです。 >>続きはこちらから

ビジネスNo.1理論31.

From : 田渕裕哉(2022/08/06 07:00:00)

2022年8月6日(土)
おはようございます。今朝はさわやかな朝の千葉からです。

人間は「なりうることのできる最高の自分になりたい」という欲求をもっている。
だから「今、最高の自分になるためのベストを尽くしたと心から言えるか?」が重要。
そのとき穏やかな心を手に入れることができる。

ご主人は、あり余るエネルギーとお金はあるので、よそに愛人をつくる・・・。

成長した子どもからが「自分は父との思い出がまったくない。
そんな人を父とは呼びたくない」などと言われ、妻からはある日突
「これまでは目をつぶってきたけれど、子どもも成長した今、
何の未練もない」と言われ、財産の大半を持って家を出てしまう。

それでもまだ十分な富が残っている。

家族のことも笑い話にしてしまえば、地位も名誉も変わらぬまま。

これから先、生きていくのに何も困らない。

けれども、それはただ生きているだけのこと。

心の中は、大きな喪失感と孤独感だけ・・・。

あるいは、自分の健康には目もくれず、がむしゃらに仕事をしてしまう人の場合。

起業した会社を何とか軌道に乗せようと、昼も夜も関係なく働く日々。

夜は夜で接待をしまくり、飲みたくないお酒もあおりまくる
おかげさまで会社は急成長し、すべてを手に入れた。

けれども、無理したツケが回ってきてしまい、内臓もボロボロ、体力も衰退。

あれほど好きだった旅行に行けない身体になってしまった・・・。

「人間的成功」は、失ってみて初めて気づくもの。

その時点で「いったい自分は何のために頑張ってきたのか?」
と抜け殻のようになる人が、実は驚くほどたくさんいるのです。 >>続きはこちらから