エネルギーという視点で人生を生きる106.

From : 田渕裕哉(2019/08/14 03:58:18)

2019年8月14日(水)
おはようございます。今日から土曜日まで韓国に行きます。

人生が変わるほどの出会いを求めるなら、今、身近な人たちに
喜ばれること、前進や成長していくことなど、損得を超えて
最善を尽くしてみる。そのエネルギーで、最高の出会いが訪れる!

人によっては、ダークサイドに一度落ちるという人もいます。

でもそれは決して、無駄な時間だったわけではありません。

その人は、ダークサイドに落ちることで、何かしら必要な経験をしているのです。

だから、それすらも魂の計画なのかもしれません。
(かと言って、わざとダークサイドに落ちよう!とかは違いますよ。笑)

自分の選択が正しいか間違っているかなんて、誰にも分かりません

だけど大事なのは「壮大な物語」において、
今、自分に与えられている役割は何なのか?

それを演じるために、どんな考え方(パラダイム)を採用したらよいのか?

物語の作者は、自分にどう動いて欲しいと思っているのだろうか?
ということです。

もっと言うなら「今の生き方は物語の主人公的にどうか?」を考えたらよいのです。

もし違うなら、何かしらおかしいということです。 >>続きはこちらから

エネルギーという視点で人生を生きる105.

From : 田渕裕哉(2019/08/13 06:41:54)

2019年8月13日(火)
おはようございます。今朝は曇りの千葉からです。

自分では気づかないうちに、両親の良いところ(好きなところ)も
悪いところ(嫌いなところ)も長所と短所として、引き継いでいるところがある。
だから、短所を克服して、自分が幸せになり、長所を活かして、
人を幸せにするのが真の親孝行。親を超えてから、自分の本当の人生が始まる。

物語は同じことを繰り返して、らせん状に上昇していきます。

人は、成長する過程において「成長したと思っていたけど、
自分は全然成長してなかったんだ」という感覚になることがよくあります。

しかし、実はグルグル回りながら、上昇していっているのが真実です。

物語が一周し、新しい展開になるとき、最後に「報酬(リウォード)」
というシーンがあります。

最大の困難(オーディール)を乗り越えたときに、
主人公は何かしらの「報酬」を手に入れるのです。

それは、具体的な物(宝)かもしれないし、仲間かもしれないし、
精神的成長、学びかもしれないし、体験かもしれません。

有形か無形かは分かりません。

しかし、このリウォードは「最高の瞬間」とも表現できると思います。

最大の問題を乗り越えたあと「あぁ、この瞬間のために、
今まで頑張ってきたんだな」と思えるような「最高の瞬間」が来ます。 >>続きはこちらから

エネルギーという視点で人生を生きる104.

From : 田渕裕哉(2019/08/12 07:20:32)

2019年8月12日(月)
おはようございます。今朝は曇りの千葉からです。

身近な人と、ぶつかったり、スレ違いが生まれるのは
自分と同じ感覚で、自分と同じことを相手に求めてしまうから。
そこに気づいて、相手のことを考えれば「和」が生まれる!

あなたが他の人のためにできることは、その人の物語を信じてあげることです。

きっと、その人は素晴らしい物語を歩んでいて、今、その途中にいるんだ、
ということを信じて、未来は必ず良くなると確信してあげます。

その上で、自分が手伝えることがあれば(ご縁の糸がつながれば)
何か協力したい!という感じです。

よく「セルフイメージが大事」と言われますが、
自分自身は自信がなくても大丈夫です。

私も自分は弱い人間であることがよくよく分かっています。

だけど「物語」に対して、そして「場」に対して信頼しています。

自分を支えてくれている「場」は、本当に運命を変える何かがあると。

本当の物語の上を進んでいるなら、必要な人が、
必要なタイミングで勝手に現れるし、次に進む流れは向こうから来るので、
それに乗っかっていけばいいや、と思っているのです。 >>続きはこちらから

エネルギーという視点で人生を生きる103.

From : 田渕裕哉(2019/08/11 06:57:02)

2019年8月11日(日)
おはようございます。今朝も暑い千葉からです。

「チャレンジできることの喜びには限界などなかった」(室伏広治

よく起業しようとすると家族の反対に合う人がいます。

それは「神がかったアイデア」というのは、常に「系の外から」
生まれるものなので、当然、家族に相談したら反対される確率が高いです。

なぜかと言うと「過去の価値観(パラダイム)」にとらわれればとらわれるほど、
良い選択肢から遠のいてしまうからです。

親だったり、昔の恋人だったり、昔の友人というのは
「過去の自分」を知っています。

そして、人は「周りから見られている自分になる(引き出される)
生き物なので、その人たちに、自分の中の「過去の自分」を
意識されればされるほど、それが引き出されていきます。

でもそれも、どの物語にも必ず出てくるキャラクターです。

つまり「引き戻そうとしてくる人」です。

しかし、彼らが悪か?というと、そうではなくて、彼らのような存在が
いるからこそ、神がかったときに、面白い展開になるわけです。 >>続きはこちらから

エネルギーという視点で人生を生きる102.

From : 田渕裕哉(2019/08/10 06:29:24)

2019年8月10日(土)
おはようございます。今朝もいい天気の千葉からです。

周りに迷惑をかけないように、自己犠牲になってしまうのは違う。
本当にやりたいことをハッキリさせて、正直に本音を言うことも大事。

問題をひとりで抱えて、ガマンして頑張るのも違う。
遠慮せず素直に助けを求めて、みんなの力を借りるもの大事。

ノリと勢いだけで、来た話を全部受けてしまうのも違う。
判断基準、断る勇気、選ぶ意思も必要。

なぜ、多くの人が間違った選択肢(ステージが上がらない選択肢)
選んでしまうのか?

それは「今の自分のパラダイムで考えるから」です。

例えば、選択肢A(→人生が変わる)選択肢B(→現状維持)があったときに、
今の自分のパラダイムで考えれば考えるほど、選択肢Bを選んだ方がいいと、
思ってしまいます。

ステージを変えようと思ったら、今の自分のパラダイムの枠の外か
アイデアを引っ張ってこないといけません。

それが「系の外の視点」です。

漫画で言ったら作者です。

漫画のキャラクターは、それぞれ性格があって、その性格をもとに行動していきます。

しかし、ここぞ!というときに、作者が「面白いストーリーになるように」
意図を入れます。

普段だらしないキャラが、まるで覚醒したかのように、すごい行動を取ったりします。 >>続きはこちらから

エネルギーという視点で人生を生きる101.

From : 田渕裕哉(2019/08/09 07:35:49)

2019年8月9日(金)
おはようございます。今朝も快晴の千葉からです。

青春とは年齢のことではなく、情熱的に生きている態度のことだ。
そして、情熱は、あなたの中に眠っている可能性に気づかせてくれる。

さて、ローズからの物語を見てみましょう。

ローズは、裕福だけどつまらない日常から、ジャック(男主人公)によって
連れ出され、非日常の体験を数多くします。

ときには危険から身を守ってもらい(最終的には命を助けてもらい)、最終的
にはジャックを失うけど、一生忘れられない大切な思い出(=宝)を手に入れ、
ジャックの最後の言葉通り、普通で幸せな家庭を築くことができました。

このように、ローズの物語は「女性が共感するストーリー」なのです。

そしてジャックは、もともと貧乏だったけど、運良く、
豪華客船であるタイタニックに乗ることができ、
自分の好きな女性(ローズ)を手に入れ、最後まで守り通しました

最終的には死んでしまいましたが、
まさに「男性が共感できるストーリー」を歩んだわけです。 >>続きはこちらから

エネルギーという視点で人生を生きる100.

From : 田渕裕哉(2019/08/08 06:51:38)

2019年8月8日(木)
おはようございます。今朝も暑い千葉からです。

あなたの使える時間を消費ではなく、以下の3つの投資先に使おう

投資先1:生産性資産~スキルと知識が主たる構成要素~
投資先2:活力資産~肉体的・精神的な健康と幸福~
投資先3:変身資産~深い自己認識、多様なネットワーク、オープンな心~

欲望のステージの人はエネルギー循環という発想がないため、
成功しても、その大半のお金をストレス発散のために使います。

欲望のステージの人はエネルギー漏れの状態なので、
また根本的にエネルギー切れの状態になるので、また常に欠乏感を持っていて、
人生に焦っていて、強い承認欲求を持って、それが満たされず悩み続けています。

シンデレラ型ストーリーは「努力をしていないけど、かわいそうだから
魔法を使って成功させてあげます。

一発逆転して、今までバカにしていた人を見返してやりましょう」
というストーリーのエネルギーなのです。

だから目指すところは「ステージを上げようとしている人たち」を対象にすることです。

もし仮に、エネルギーの低い人たちが集まってきたとしても、
そこで形成される集合意識のエネルギーが高ければ、
エネルギの高い場が形成され、全員が引き上げられていきます。 >>続きはこちらから

エネルギーという視点で人生を生きる99.

From : 田渕裕哉(2019/08/07 05:57:20)

2019年8月7日(水)
おはようございます。今朝もいい天気の千葉からです。

激動する社会のなかで、変革を遂げたチームの調査が行われた。
そしてわかったことは、組織やチームを変革させたければ、
「最重要の2%の人材」に集中すること。

シンデレラ型ストーリーは「みじめな生活を送っていたシンデレラが、ある日、
舞踏会の存在を知り、行きたいと思っていたけど、継母(敵)によって邪魔されて、
一度はあきらめたけど、そんなシンデレラをかわいそうに思った魔女が、
魔法のアイテムを授けてくれて、みるみる変身、一発逆転して、
今まで自分をバカにしていた人たちが悔しがる」という流れです。

ポイントを簡単に解説すると、

1.日常の生活(Ordinary World)では、みじめな生活を送っていた(=共感を誘う)

2.理想の世界を知り、行こうとしたけど、一度は、あきらめた(=普通に行くのは困難)

3.同情して、なぐさめてくれたり、助けてくれる(=承認欲求を満たす)

4.魔法のアイテムを手に入れる
(=自分の努力ではなく「魔法」や「秘密のノウハウ」である) >>続きはこちらから

エネルギーという視点で人生を生きる98.

From : 田渕裕哉(2019/08/06 08:22:59)

2019年8月6日(火)
おはようございます。今朝も朝から暑い千葉からです。

「やるか、やらないか」という選択肢ではなく「どれにするか」という今頭にない
選択肢に切り替える習慣を身に付けることが決断の成功率をアップさせるカギになる。

今日は復習で「場のエネルギーを高める」という話です。

エントロピーをいかに下げるか?という話ですが覚えていますか?

わかりやすく言えば「整理整頓されていて、暖かく、明るく、空気が綺麗な場」が
エネルギーの高い場です。

もっと言えば、その場にいて、いかに無駄な思考(エネルギー漏れ)を
減る状態が作れているか、ということです。

もちろん、場のエネルギーは、自分の部屋だけでなく、ブログだったり、
コミュニティだったり、それらすべてにあります。

どんな場を作って、どんな人を集めて、どのように関わっていくか
これらはすべて、こちらの意識の状態で変わってきます。

理想は、エネルギーを奪う人がいない、
全員がエネルギー循環という意識を持って集まるコミュニティです>>続きはこちらから

エネルギーという視点で人生を生きる97.

From : 田渕裕哉(2019/08/05 06:17:11)

2019年8月5日(月)
おはようございます。今日も暑い千葉からです。

「自分自身を『宇宙そのもの』と考え、その視点で生きる」

今日から、ストーリー(物語)のエネルギーを使う方法についてお伝えします。

その前に、少しエネルギーについて復習したいと思います。

エネルギーとは、お金、やる気、意思力、知恵、ノウハウ、出会い
才能、運、感情などなど、それらすべてを抽象化した「上位概念」です。

エネルギーとは、形を変えて色んなものに変化し、
また、外の世界と循環させることができます。

また、シナジー(共振、創発)を起こすことで増幅するこもできます。

(物理的なエネルギーは増えません。
ここで言っているのは、もっと広義なエネルギーです。)

この視点を持っていると、色んな自己啓発書で言われていることがつながって来て、
さらに、多くの自己啓発書が「一部の側面」しか捉えていないということに気づきます。 >>続きはこちらから