エネルギーの視点でビジネスを成功させる方法65.

From : 田渕裕哉(2019/03/21 06:54:06)

2019年3月21日(木・祝)
おはようございます。今日は春分の日ですね。今日は東京でセミナーです。

運動不足はさまざまな脳機能障害を引き起こす。
文武の「武(体力)」がないと「文(知力)」が低下していく。

今日は「信頼する」と「期待する」の違いについて説明します。

一見、同じような言葉ですが、全然違います。

例えば、まずは、夫婦のコミュニケーションの場合を考えてみましょう。

若い夫婦の奥さんが、今夜は仕事から夫が早く帰ってきて、
子供と遊んでくれる!と約束したとします。

でも、急に飲み会に誘われ、断れ切れずに、夜遅く帰ってきたとします。

ここで「期待」していた奥さんは「なんで?約束したでしょう?」
と期待外れの行動に、腹を立てます。

では、奥さんが夫を「信頼」していたとしましょう。

そこには、夫に対する「信頼」があるので、夫のことだ、
きっと約束を果たすために、最善は尽くしたはずだ!
夫も断れ切れず、大変だったんだろう、仕方ない。と思うのです。 >>続きはこちらから

エネルギーの視点でビジネスを成功させる方法64.

From : 田渕裕哉(2019/03/20 07:38:44)

2019年3月20日(水)
おはようございます。今朝もいい天気の千葉からです。

あなたの人生で、それをすることを取り上げられると生きていけないようなもの。
それが、あなたの情熱です。

共感力が高い人には色んなタイプがいるのですが、
例えば「相手が奪う人か、与える人かが直感的に分かる」という方がいます。

これは人だけでなく、物や、食べ物や、服や、場所、すべてに言えることです。

これは自分のエネルギーを上げてくれるものか、下げるものかが分かるのです。

また、その人本来の自分(真我)を覆っているフィルター
(盲点を作っているもの)が分かるのだそうです。

そのフィルターが世界をゆがめていて、その人を苦しめているのです。

そして、フィルターの違いが、
コミュニケーションの齟齬(そご)を生んでいるのです。

フィルターにどうやって気付かせてあげるか?が課題になってくるのですが、
無理矢理にフィルターを外そうとするのは自殺行為なので(強い反動がでます)、
その辺りは難しいところです。 >>続きはこちらから

エネルギーの視点でビジネスを成功させる方法63.

From : 田渕裕哉(2019/03/19 07:49:22)

2019年3月19日(火)
おはようございます。今朝も快晴の千葉からです。

「やる気のない人はいない。やる気がなくなるゴールを持っている人が
いるだけだ」(アンソニー・ロビンズ)

シナジーを創り出すことを説明する前に、今日は「言葉」について説明します。

我々は、言葉によって世界を切り取っています。

言葉を知っているから、世界を認識することができます。

例えば、我々が使っている机や、座っている椅子。

もしこの言葉(概念)を知らない人が見たら、地面から生えているかのように
感じるかもしれませんし、そもそも見えない(地面の模様であり、立体に感じない)
かもしれません。

階段を見たら我々は奥行きがあることが分かりますが、
階段という言葉や概念を知らない人が見たら、
ただ壁にシマ模様が描かれているだけに見えるかもしれません。

「言葉を知る」ということは、その物と、それ以外の「境界」を明確にします。 >>続きはこちらから

エネルギーの視点でビジネスを成功させる方法62.

From : 田渕裕哉(2019/03/18 07:57:01)

2019年3月18日(月)
おはようございます。今朝もいい天気の千葉からです。

どんな仕事をしていても、大事なのは、熱さ。
あなたの仕事への熱量は、何度だろうか?

人生で一番大切なことは何かと言うと、
実は「シナジー」を創り出すことだと思います。

シナジーとは、日本語では「相乗効果」と訳しますが、
簡単に言うと「1+1」を2ではなく3にも4にも、
あるいはそれ以上にすることができるということです。

シナジーを創り出すには、まずは自立することが不可欠です。

自分の人生をコントロールすることができて、初めて、
違う人とシナジーを創り出すことができるのです。

このメルマガを読んでくださっている人は自立している人です。

誰から強制されるわけでもないのに、
自らの意思で読んでくださっているからです。

主体性を持って生きている人が「自立」している人です。

自分の肉体を気遣い、運動したり、食べ物を選んで食べたりしている人が
自立している人です。 >>続きはこちらから

エネルギーの視点でビジネスを成功させる方法61.

From : 田渕裕哉(2019/03/17 06:59:23)

2019年3月17日(日)
おはようございます。今朝は少し寒い千葉からです。

いつも人と距離をとっていたら、確かに問題は起きにくく、気持ちはラク。
しかしそれを続けている限り、秘められた能力が開花することもない。

今日は「健全な劣等感」というお話です。

アドラーは「劣等感」という感情は、実は否定していなくて、
むしろ「健全に使うのであれば、必要なもの」と言っています。

では、健全な劣等感とは何か?と言うと
「理想の自分と、今の自分を比較したときに生じる劣等感」です。

逆に、健全でない劣等感は「他者との比較によって生まれる劣等感」です。

他者との比較で生まれた劣等感は、自分のエネルギーを下げるのに対して、
理想の自分との比較で生まれる劣等感は、
ステージを上げる方向にエネルギーを注いでくれます。

不満足感はエネルギーを下げそうですが、他者との比較ではなく、
理想の自分との比較によるもので、それによってステージを上げることに
コミットするのであればOKです。 >>続きはこちらから

エネルギーの視点でビジネスを成功させる方法60.

From : 田渕裕哉(2019/03/16 07:22:14)

2019年3月16日(土)
おはようございます。今朝は曇りの千葉からです。

「己より優れた部下を持ち、共に働ける技を知れる者、ここに眠る
(鉄鋼王アンドリューカーネギーの墓石に刻まれた言葉)

今日は「自分に起きた全ての問題は、自分を成長させるためのメッセージである」
という視点を持つ、という話です。

例えば、誰からかクレームがあり、それを受けたとします。

相手がかなり感情的になっていて、こちらがやってもいないことをねつ造して、
それに対して悪口を言ったとします。

このとき、大きく気分を害してエネルギーを奪われるという選択もできますし、
天がどんなときも気分を害さないことができる「心」を鍛えてくれている、
そういう訓練の機会を与えてくれている、と考えるという選択もできます。

全てはあなた次第です。

エネルギーという視点があることによって、本来であれば、ものすごく嫌なことが、
むしろ学びのある「良いこと」になり、生きている世界が変わるのです。 >>続きはこちらから

エネルギーの視点でビジネスを成功させる方法59.

From : 田渕裕哉(2019/03/15 07:49:02)

2019年3月15日(金)
おはようございます。今朝もいい天気の千葉からです。

「早く着きたいなら、ひとりで行け、遠くまで行きたいなら、みんなで行け」
(アフリカのことわざ)

今日は正しいお金の使い方について説明します。

エネルギーを上げたら、それを循環させながら、
色々なものに変換していくことができます。

お金は、あくまでエネルギーの1つの形態に過ぎません。

ただ、お金には1つの大きな特徴があって、
それは「多くの人に、価値が数値として認識できる」ということです。

つまり、お金は「エネルギーの交換レートを数値化したもの」
と捉えることもできるし、あるいは「持ち運び可能、保存が可能な投票券」
と捉えることもできます。

つまり「ここは良い物を作って多くの人に価値を提供しようとしているから、
もっと応援したい」と思う会社(や人)の商品を買うことで、
その会社に「投票」ができるのです。 >>続きはこちらから

エネルギーの視点でビジネスを成功させる方法58.

From : 田渕裕哉(2019/03/14 07:30:36)

2019年3月14日(木)
おはようございます。今朝もいい天気の千葉からです。

今の仕事を通じて、何を残せるだろうか?

今日は「貢献することで進化できるし、進化することでより貢献できる」
というお話です。

「満足感やワクワク感がエネルギーを下げる」という表現は非常に微妙です。

例えば「お金を自己満足の豪遊に使うことはお金を浪費することで
これで得る満足感やワクワク感はエネルギーを一時的には
上げるかもしれませんが、いずれ枯渇します。

ではお金を自己投資(教育・学ぶこと)に使うのは、どうでしょう

これは、ただ知識を得て満足するのではなく
「自分の価値を高め他者に貢献する」という目的を持っていれば、
エネルギーは上がり、しかも循環します。

つまり、自分の価値を高める目的は
「より多くの価値を与えられるようになるため」なのです。

「価値=エネルギー」ですから「自分の価値を高める」目的は
「より多くのエネルギーを与える(循環させる)ため」と言えます>>続きはこちらから

エネルギーの視点でビジネスを成功させる方法57.

From : 田渕裕哉(2019/03/13 07:32:38)

2019年3月13日(水)
おはようございます。今朝も快晴の千葉からです。

あらゆる生き物は逆境のときに成長し、順境のときに衰退する。

今日は「課題の分離」を説明するために
「縦の関係」と「横の関係」をイメージしてください。

シンプルに言うと「縦の関係」を作ると、相手を依存体質にして、
エネルギーをうばってしまうことになるということです。

一方で、横の関係を作るとは、言わば「勇気付け」です。

「自分を変える」のは、本人にしかできないことであり、
我々ができるのは、その手助け(勇気を与えること)だけです。

相手の課題を、相手が望んでいないのに、やってしまおうとするのは、
貢献をしているようで、実は「縦の関係」を作ることであり、
承認欲求から来るものなのです。

もちろん、本人は(意識上では)善意でやっているので、
エネルギーを与えよう、貢献しよう、と思いやっているのでしょうが、
この「課題の分離」ができたら、さらに提供できるエネルギーは増え、
多くの人に貢献することができます。 >>続きはこちらから

エネルギーの視点でビジネスを成功させる方法56.

From : 田渕裕哉(2019/03/12 07:46:30)

2019年3月12日(火)
おはようございます。今朝はいい天気の千葉からです。

生きるとは、自分の物語をつくること。
リーダーの仕事は、みんなが登場する物語をつくること。

昨日の続きです。

エネルギーという感覚を理解していると「自慢」は、エネルギーをもらって、
そのまま垂れ流しているという非常にもったいないことをしている
ということが分かります。

なので、アドラーは、承認欲求ではなく
「共同体感覚」を持つことが重要だと説きます。

共同体感覚とは、自分が大きな共同体の一部であり、その感覚を持つこと自体で、
自分の存在意義を感じる(自己重要感が満たされる)ということです。

この意味は理解できますでしょうか?

もう少し詳しく説明しますね。

私はこれを説明するために「抽象度」の話をします。

例えば「犬のポチ」と「ヨークシャーテリア」を考えると
「ヨークシャーテリア」のほうが抽象度が高いですね。

たくさんのヨークシャーテリアの中に「ポチ」がいるわけですから>>続きはこちらから