悪魔を出し抜け!27.

From : 田渕裕哉(2021/12/02 07:54:39)

2021年12月2日(木)
おはようございます。今朝はいい天気の千葉からです。

2020年12月より「風の時代」が始まった。その前の「地の時代」で活躍
した人は時代を先取りして「風の時代」の要素を先に取り入れることで成功した。

「風の時代」のあとは「水の時代」。「優しさ」を象徴する水の時代では
他者と自己の同一性。個性を守りながらチームづくりが鍵となる。

つまり、性欲と貧欲が悪魔の使う絶対確実の誘惑の罠というわけですね?

そうだ。私のほとんどの犠牲者はこの二つの罠に引っかかったのだ

その次に多いのが金銭欲だ。

もしあなたの話を信じるとしたら、富は貧困よりも危険ということになりそうですが。

それは、その富を持つものがどういう人間で、どうやってその富を獲得したかによる。

富を獲得する方法と、それが恵みになるか災厄になるかというのと
どんな関係があるのですか?

それはあらゆることと関係している。

信じられないというのなら、短期間で大金を手に入れたが、
それに見合う知恵の方は入手する暇がなかったという人間をじっくり観察し、
その金の使い方を見るといい。

金持ちの息子は概して父親に匹敵するような業績は上げられないものだが、
その理由がおまえにはわかるかね?

教えてやろう。

どうしても働かなければならないという必要性がなかったために、
自己を鍛錬する機会をずっと持てないできたからだ。

突然金回りがよくなって、まわりから英雄視されたり誉めそやされ
ようになった映画スターやアスリートのことを調べてみるといい。 >>>続きはこちらから

悪魔を出し抜け!26.

From : 田渕裕哉(2021/12/01 05:58:53)

2021年12月1日(水)
おはようございます。12月です!今日は大雨の千葉からです。

人に伝えようとするとき、つい「なにが足りない?」と付け足すことを考えがちだが、
逆に削り落とすことを考えてみよう。
あなたのいいたいことをこれ以上ないほど削ってみて残ったひと言がひとを動かす。
「ひと言で言うと何か?」これを最初にもってくる。

意識に入り込んだ人間が「流される」可能性を持った仲間ではあるが、
まだその習慣を身につけるところまではいっていない、という場合
どうするのですか?

ただちに、その人間の意識のできるだけ多くの部分を占有しようとする。

もし、その人間の最大の弱点が金銭欲なら、まず相手の前に札束をぶら下げる。

もちろん、これは比喩だぞ。

相手の欲望を強化し、金を追い求めるように仕向けるという意味だ

そして、あと少しでその金が手に入るというときに、そのカネを目の前から奪い去る。

これはずっと昔から使っているトリックだ。

同じことを二回か三回も来る返せば、相手は負けを認めてあきらめてしまう。

そうなれば、相手の意識の中での私の陣地が少しだけ広がり、
今度はそこを貧困への恐怖でいっぱいにする。

恐怖は私が人間の意識を満たすのに一番よく使うものだ。

確かに、あなたのトリックが非常に巧妙なのは認めます。

でも、もし相手があなたの裏をかいて大金を手に入れたらどうします?

貧困への恐怖はもう使えませんよね?

そうだ。でもそうなれば、代わりに何か他のものを使うまでだ。 >>>続きはこちらから

悪魔を出し抜け!25.

From : 田渕裕哉(2021/11/30 05:57:11)

2021年11月30日(火)
おはようございます。今朝も寒い朝の千葉からです。11月最後です。

転職や副業を考えるとき自身の市場価値を高めることに意識が向くが、
今、働いている会社に貢献できることが重要な視点となる。
自分が理想の未来を手に入れたい場合も、現状を「満たし終える」こと。
そうしなければ理想の未来は出現してこない。

私の理解が正しければ、あなたは失敗の中にも恵みはあると言うのですね。

でも、それは理にかなっていないように思います。

失敗にも恵みがあるのなら、なぜあなたは人に失敗させようとするのですか?

私の言うことに矛盾するところなどない。

そう思うのは、おまえの理解が足りないからだ。

失敗が恵みとなるのは、その失敗によって人が努力することをやめたり
「流される」ようになったりしないときだけだ。

私がこれほど多くの人間を失敗させることができるのは、二度三度
失敗しても挑戦し続けることのできる人間が一万人に一人もいないからだ。

失敗を成功の足掛かりにすることのできる、
そんな一握りしかいない人間に、私は興味などない。

なぜなら、そういう人間は対抗勢力の側に属しているからだ。

彼らは「流される」ことのない人間で、それゆえ私も彼らには手が出せない。

私が初めて人間の意識に入り込んだとき取った方法は、
その人間に賄賂をやることだった。

どんな賄賂ですか?

賄賂にはいろいろなものを使う。

人間を気持ちよくさせるもので、相手が喉から手が出るほど
欲しいと思っているものばかりだ。 >>>続きはこちらから

悪魔を出し抜け!24.

From : 田渕裕哉(2021/11/29 05:28:40)

2021年11月29日(月)
おはようございます。今朝も寒い朝の千葉からです。

日本人の積立投資の平均継続期間は2~4年。
それは「長期的に投資し続けることが大切」と分かっていても
「得られるであろう未来の利益より、目の前の損失を過大評価してしまう」
という人間の特性には逆らえない。
そこで「意思の力」ではなく口座自動引落(しくみ)にする。

できるだけたくさん人間に失敗させるのがあなたの仕事というわけですね?

そうなんですか?

その通りだ。

失敗した人間は、モラルを失い、自信を砕かれ、熱意は弱まり、
想像力は衰え、そして明確な目標を失う。

こういった資質のない人間は何をやっても永久に成功することはない。

かのトーマス・エジソンより脳力的に優れた発明家は
これまで何千人もいたことだろう。

しかし、一人も世に知られることなく終わった。

一方、エジソンの名はこれからも永久に残るだろう。

その理由は、失敗を結果が出せなかったことの言い訳にした人たちと違って、
エジソンは失敗を成功の足掛かりとしたからだ。

失敗しても弱気にならず、それを乗り越えていく脳力が、
エジソンの持つ長所の一つなのでしょうか?

そうだ。それこそが、どんな分野であれ、
大きく成功を収める人間が持つ一番の長所なのだ。

いまの発言は少し言い過ぎのように思いますが、正確を期すために
少し表現を変えるとか、トーンダウンするとかしてはいかがでしょう?

表現を変える必要などない。言い過ぎたなどということはないからな。 >>>続きはこちらから

悪魔を出し抜け!23.

From : 田渕裕哉(2021/11/28 06:02:29)

2021年11月28日(日)
おはようございます。今朝は新潟からお届けしています。寒いです

「お金を稼ぐ(have)」という目標ではなく、そのレベルにふさわしい収入を稼ぐ
人になろう、やりたいことをなんだってやれる人間になろう(be)という覚悟が必要。
それを決意すると達成するための道も見えてくる。
自分はどんな人になり、どんな可能性を持っているか。

あなたが支配できるのは「流される」という習慣をおしつけられて
抵抗しない人間の意識だけである。

それで間違いないですか?

そうだ。それで間違いない。

あなたはどうして自分に告白を強いる私を止めることができないのか。

私がおまえに影響を及ぼすことも支配することもできないのは、
おまえが私の領土に近づく秘密の方法を見つけたからだ。

おまえは、私が存在できるのは恐れる心を持った人間の意識の中だ
なのを知っている。

私が支配できるのは自分で考えることをしなくなった
「流される」人間だけなのを知っている。

「地獄」というものが、死後の世界ではなく、
この世に存在するということを知っている。

しかも、その地獄で私が使う火は「流される」人間たちが
作っているのだということも知っている。

私という存在が物質やエネルギーの否定的な側面を表す一つの原理
あるいはエネルギーであり、二つに割れた舌と尖った尾を持つ
人間の形をした生き物でないことも知っている。

おまえが私を服従させることができるのは、
おまえが自分の中に存在するあらゆる恐怖を服従させたからだ。 >>>続きはこちらから

悪魔を出し抜け!22.

From : 田渕裕哉(2021/11/27 07:50:06)

2021年11月27日(土)
おはようございます。今朝はいい天気の千葉からです。今日は高崎でセミナーです。

人に何かを伝えるときの重要ポイント。
1. 何のために伝えるか。2. 誰に伝えるか。3. ゴールは何か。
ゴールとは伝えることを通して聞き手をどのような状態にしたいのかということ。
それを明確にして伝えること。
聞き手の立場からゴールが達成できるかをイメージして全体を設計する。

「流される」ことのない人間は「流される」人間と比べて、生まれつき精神的、
肉体的、霊的に優秀なのでしょうか?そんなことはない。

「流される」人間と「流される」ことのない人間との一番の違いは
両者が等しく持っているものにこそあるのだ。

つまり、自分の頭を使って自分で考えるという、
人間なら誰でも等しく与えられた特権のことだ。

仮に「流される」というこの忌まわしい習慣から解放させてやりた
なったとしたら、あなたなら彼らにどんなメッージを送りますか?

目覚めよ、そして与えよ!

何を与えればよいのでしょうか?

できるだけ多くの人に貢献できることをすればいい。

「流される」ことのない人間も、やはり与えるべきなのでしょうね

もちろん!何かを手に入れたいと思うなら、絶対にそうすべきだ。

得る前に与えよだ!世の中には悪魔の存在を疑う人もいますが。

私がおまえだったら、そんなことは心配しない。

「流される」という習慣をやめる準備のできている人間なら、
この対話を読めば、その内容から間違いなくこれが本物であることがわかる。 >>>続きはこちらから

悪魔を出し抜け!21.

From : 田渕裕哉(2021/11/26 05:54:30)

2021年11月26日(金)
おはようございます。今朝も寒い朝の千葉からです。

住宅ローンは金融商品なので「売る側」の構図があり、通常、
年収の約35パーセントまでお金を貸します。
一方「売られる側」からするとプロの見方は年収の約20
パーセントに抑えボーナスプランはしないが重要です。
自分のライフプランを明確にすることが最重要です。

「流される」ことのない人についても同じように説明してください

「流される」ことのない人間の一番の特徴はこれだ。

彼らは常に明確な目標を持ってそれを実現しようと、
詳細で明確な計画に基づき行動している。

人生の大きなゴールに向かって常に努力し、それ以外にも
たくさん持っている比較的小さなゴールも合わせて、
すべてが中心となる一つの計画にまとまっていく。

・声の調子、足取りの軽さ、目の輝き、そして決断の早さなどから
すぐにそれが、自分の欲するものを知っており、どんなに長い時間
かかろうとも、どんな犠牲を払おうとも、必ずそれを自分のものに
するという固い決心をした人物であることがわかるはずだ。

・質問にははっきりと答え、決してへたな言い訳や口実を言ったりしない。

・他人には援助を惜しまず、逆に他人から援助を受けることはほとんど、
あるいはまったくない。

・ゲームや争いにおいては、常に最前線に身を置く。

・答えがわからないときは、素直にそのことを認める。
>>>続きはこちらから

悪魔を出し抜け!20.

From : 田渕裕哉(2021/11/25 05:57:04)

2021年11月25日(木)
おはようございます。今朝は寒い千葉からです。

わが子の身長を伸ばすには、質の良い睡眠、運動と食事。
良い日常生活は成長に欠かせない。これは同時に健康的な心を子どもに与える。
一方、悪い日常生活では日々積み重なる疲労が不健康な生活により
回復できないストレスになり成長ホルモンの分泌を損ない身長が伸びなくなる。

「流される」人間の典型的なパターンを説明してください。

最大の目印は人生に大きな目標を持っていないということだ。

「流される」人間とは次のような人間だ。

・自信がないので、すぐそれとわかる。

・考えたり努力したりする必要のあることで、やり遂げたことは
いままで一つもない。収入はすべて使い果たし、
クレジットで買い物ができるなら、さらに使う。

・現実の、あるいは空想上の原因で病気になり、
少しでも肉体的苦痛を感じると大声でわめき散らす。

・創造力がほとんど、あるいはまったくない。無理強いされない限り、
どんなことにも熱意を持てず、自分から積極的にやろうとはしない
そして、可能な限り最も無難な方法をとることで、自分の軟弱さをはっきりと示す。

・すぐに機嫌が悪くなり、自分の感情をコントロールすることができない。

・人を強く惹きつけるような人間的魅力に欠ける。

・何にでも意見は述べるくせに、正しい知識は一つも持ち合わせていない。

・とりあえず何でもできるが、何をやらせても大したことはできない。 >>>続きはこちらから

悪魔を出し抜け!19.

From : 田渕裕哉(2021/11/24 07:28:40)

2021年11月24日(水)
おはようございます。今朝はいい天気の千葉からです。

モーニングルーティンはモーニングビクトリー。
朝あなたが勝利を感じることができれば一日の残りにも
勝利を呼び込むことができる。
朝の過ごし方は人生の縮図。朝に勝利する人は人生にも勝利する。

どうもあなたが言っているのは、個人であろうと国家であろうと
「流される」のは一種の弱さであり、それは必ず失敗につながる
ということのようですが、それがあなたの主張ですか?

どんな階層の人間にとっても、失敗する原因で一番多いのは
「流される」ということだ。

何か一つでも「流される」習慣を身につけさせることのできた人間は、
みな私の支配下に入る。

その理由は二つある。

一つは「流される」人間はどこまでも私の言いなりで、
私の好きなように形作ることができること。

人間は「流される」と、個人の自発性が破壊されるからだ。

二つ目は「流される」人間は対抗勢力から援助を受けることができないこと。

対抗勢力は「流される」人間のように軟弱で役に立たないものに
惹きつけられることはない。

だから、裕福になれるのは一握りの人だけで、
大半の人は貧しいままなのですね?

その通りだ。貧困は体の病気と同じように伝染する病なのだ。

貧困は「流される」人間の中には常に見つけることができるが、
「自分の欲するものを知っていて、それを獲得することを
決意している人間の中には決して見つからない! >>>続きはこちらから

悪魔を出し抜け!18.

From : 田渕裕哉(2021/11/23 05:56:03)

2021年11月23日(火・祝)
おはようございます。今朝も寒い朝の千葉からです。

誰も見ていないところでも行なっていることが自分の平生力。
「なんで自分はお客様から応援されないのか?」と嘆くなら、
まずは周りの誰かを応援するところから始める。
平生力(普段行なっていること)は日々の実践。
日々の日常の質を地道に上げていくこと。

生まれたあとは、おまえたちが「環境」と呼ぶものを利用して
人間をコントロールする。

習慣の原理が登場するのはここからだ。

人間の意識とは習慣の積み重ねにすぎない。

私は人間の意識の中に一つひとつ習慣を作り上げ、
最後にはその意識を完全に支配するのだ。

私は思考を通して人間の意識に入り込むが、
人間はみなその思考を自分のものだと勘違いしているからだ。

中でも私が役に立つのは、恐怖、迷信、金銭欲、貧欲、情欲、
恨み、怒り、虚栄心、そして怠け心。

この九つの扉のうち一つあるいは複数を通ることで、
私はどんな人間の意識の中にも入ることができる。

正しい思考は私にとって死を意味する。

私は正しく考える人間の思考の中には存在することができないのだ

人間が恐怖や落胆、失望、自滅などといった
思考をしている間は特に問題はない。

しかし、信心、勇気、希望、明確な目標などといった建設的な思考を始めると、
そのとたん、彼らは対抗勢力の側につき、もはや私のものではなくなる。 >>>続きはこちらから