思考スピード7.

From : 田渕裕哉(2020/02/10 06:48:39)

2020年2月10日(月)
おめでとうございます。今朝は博多からお届けしています。今日は娘の誕生日です!

いつも自分の進捗について考えて仕事をしています。
「進捗」こそが心の中で勝利であり快であり最良の1日の重要な要素になっています。
マネージャーの最も大切な仕事は、共に働く人の「進捗」を感じされること。
言葉で伝えるだけでなくビジュアル化して伝えることもできます。

一般的にこれは、クリティカル・シンキングと呼ばれるものです。

クリティカル・シンキングは日本語に訳すと「批判的思考」となり
ちょっとネガティブなイメージになってしまいます。

しかし実際は批判したり非難したりする、ということではなく
「健全」に「批判的観点」で物事が正しいかどうかを考える思考プロセスなのです。

とはいっても、人の作業結果をすべて細かくチェックすることはできません。

そこで迅速に結果の妥当性を確認する方法を紹介します。 >>>続きはこちらから

思考スピード6.

From : 田渕裕哉(2020/02/09 06:49:04)

2020年2月9日(日)
おはようございます。今朝も寒い千葉からです。
今日は木更津に行きます。夜は博多です。

すべての分野で「どのレベルの成功を目指すのか?」を問い、
事前に設計図を描くことは重要です。
例えば「家族の幸せ」。これは妥協できないです。最高のものを目指します。
例えば「健康」。これはアスリートになるわけではないので
運動も1日1時間で十分と考えます。
ビジネスに関しては私は売上よりも「質」を追求します。

例えば「関東エリアの売上が落ちてきている」という事象に対して
「他の地域はどうなのか?」と聞くのが広げる質問(ヨコ)です。

一方「東京はどうか?」「千葉はどうか?」など関東エリアについて深堀りし、
さらに「東京の中ではどうなっているのか?」といった具合に、
その事象についてどんどん深堀りしていくのがタテの質問です。

可能であれば、この2つのベクトルを「質問している相手」と共有できると、
相手は自分が今、何を聞かれているかが分かるので、話が通じやすくなります。 >>>続きはこちらから

思考スピード5.

From : 田渕裕哉(2020/02/08 07:27:22)

2020年2月8日(土)
おはようございます。今朝は高松からお届けしています。

まず顧客の「片づけたい用事」は何か?を把握すること。
そしてその用事を解決するための魅力的な提案をすること。
結局は人の「片づけたい用事」を片づけられる人になることが
私の仕事のゴールです。それを日々高めていきたいと思います。

いい質問をするためのポイントの一つ目は「何を知りたいのか?」を明確にすること。

質問の目的は何かを知るということです。

それがなければ質問は不要です。

質問される立場になると「何を聞かれているか、意図がさっぱり分からない」
という経験をしたことがあると思います。

自分が質問をする立場であれば、そうなってはいけません。

知りたいこと、明らかにしたいことが明確になっていないときは
質問をする意味がありません。 >>>続きはこちらから

思考スピード4.

From : 田渕裕哉(2020/02/07 06:55:58)

2020年2月7日(金)
おはようございます。今朝も寒い千葉からです。夜は高松です!

私が大切にしているのは「安易な悪ではなく困難な善をいつも選ぶ」ということ。
安易な選択は「コンフォートゾーン」。安全なので大多数の人が選択してしまいます。
困難な選択は、いつも安全から離れたところにありますが「真の自由」を得る選択でもあります。

インプットする方法の一つに「人に聞く」があります。

最も手っ取り早く「生」の情報を手に入れるためには有効です。

しかし、同じ人に同じ時間でヒアリングをしたとしても、
質問する人(質問者)によって驚くほど、得られる情報が異なります。

その違いは、質問力のレベルの差から生まれます。

トラブルが起きたときにすぐにリカバリーできるかどうかは、
チームをまとめる人が、現場のメンバーに対して
「よい質問」ができたか否かで大きく異なります。

「よい質問」ができるということは「よい結果」が手に入ることと同義なのです。 >>>続きはこちらから

思考スピード3.

From : 田渕裕哉(2020/02/06 07:23:52)

2020年2月6日(木)
おはようございます。今朝はいい天気の千葉からです。

「あなたの尊敬する人があなたの1週間をついてまわられたら、その人は何て言いそうでしょうか?」
という発想で1週間を過ごしてもみる。「天が見ていても恥じない1日を送る」
ある意味これが成功の基本だと思います。ビジネスも尊敬する人に尊敬されるほど実践する!

昨日の続きです。

まず「A商品の売上が落ちてきている」ですが、これだけでは情報元が分かりません。

売上データを見た「事実」として言っているのか、誰かからの伝達情報なのか、
現場の感覚論として「意見」を言っているのかが分かりません。

「B商品の売上も落ちてくる」という部分も同様に、
過去のデータの傾向からA商品とB商品の売上に相関関係がある「事実」から
そのように「推測」しているのか、ただ単にA商品とB商品が類似品だから
心配して「意見」を言っているのかが分かりません。 >>>続きはこちらから

思考スピード2.

From : 田渕裕哉(2020/02/05 07:34:04)

2020年2月5日(水)
おはようございます。今朝はいい天気の千葉からです。

問題(過去)に焦点が当たると「不安」になり、その感情が行動を妨げる。
この問題があるから「成功できない」と言い訳や自己正当化が始まる。
解決(未来)に焦点が当たると感情が前向きになり自己コントロール感が出て自由も感じる。
その前提は「今抱えている問題を解決する力は100%持っている」という自信と信念。

まず「正しい情報」をインプットすることの重要性の意味は、
インプットが間違っていると、結局、すごろくで言う「振り出しに戻る」状態で、
正しい事実を捉える所からやり直さなければならなくなります。

最近は「今は正解のない時代だ。だから自分の頭で考えよう」
ということがよく言われますが、自分の頭で考える前に絶対に必要なのが、
事実を正しく把握することです。

事実を間違って捉えたままの状態でいくら考えても、
それは結果的に考えたことにはなりません。 >>>続きはこちらから

思考スピード1.

From : 田渕裕哉(2020/02/04 07:33:34)

2020年2月4日(火)
おはようございます。今朝も寒い千葉からです。昨夜は娘と孫の誕生日会でした!

ゴールに向かう「最初の一歩」が非常に重要。
車を押して動かそうとするときも最初の一歩が一番エネルギーがいる。
動き出せば小さなエネルギーでもどんどん前進する。
だから行動サイズを分割し「最初の一歩」を創り出し踏み出すこと

「もっと頭を使って考えろ!」

上司からこんな叱責を受けたことはないでしょうか?

「正解がない」と言われる今の社会は、思考力が求められる時代です。

日本IBMのシニア・プロジェクト・マネージャーとして、
数百人のメンバーを抱える木部智之氏は「思考のスピードが速い人」は
インプットの仕方が違う、と断言しています。

今回は木部氏の書著『仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか?』
から、効果的なインプットの方法について学びます。 >>>続きはこちらから

なぜ働くのか?8.

From : 田渕裕哉(2015/10/25 06:03:20)

 おはようございます。今朝は寒いくらいの千葉からです。

 
今日は1週間を振り返り、新たな1週間の計画を立てる重要な日です。
家族と過ごしたり、ゆっくり瞑想したりと「喜び」の日です。
昨夜は息子3人がそろいました。賑やかです。今日は長生の教会に行きます。
 
 
「こうありたい」と夢を描いたら、その思いを強烈な願望へと高め、
四六時中そのことを考え尽くし、成功のイメージが克明に目の前に
「見える」ところまで持っていくことが大切です。
 
最初は「思い」でしかなかったものが次第に「現実」に近づき、
やがて夢と現実の境目がなくなって、すでに実現したことであるかのように、
その達成した状態、完成した形が頭の中に、あるいは目の前に
克明に描けるようになる、そうして仕事や人生を創造していいます。

>>>続きはこちらから

なぜ働くのか?7.

From : 田渕裕哉(2015/10/24 07:05:13)

 おはようございます。今朝はいい天気の千葉からです。

 
やるべきことに追われていたら、いつまで経っても現状の延長線上から
変わることはできません。あなたが、決断しなければ「やりたいことをやる日」
は、やってきません。1度の人生、強い意志を持って決断しましょう!
 
 
つらく苦しいときこそ、チャンスだと考えるべきです。
 
なぜなら、苦難こそが、人を育ててくれるからです。
 
実は、順風満帆のときこそ、かえって過ちを犯しやすいものです。
 
大成功を収めた経営者が、成功の美酒に酔って、傲慢に陥ることから過ちを犯し、
それをきっかけに晩節を汚し、せっかく育ててきた会社も
大きく傾かせてしまうということがよくあるのです。
 
栄枯盛衰のならいとはいえ、そんな胸が痛くなるような悲劇が、
今は当たり前のように起こっています。

>>>続きはこちらから

なぜ働くのか?6.

From : 田渕裕哉(2015/10/23 06:18:06)

 おはようございます。今朝は、さすがに朝晩は寒い札幌からです。

 
昨日のセミナーは満席で盛り上がりました。楽しかったです。
日々の生活の中で大切なのが「感情」です。ワクワクしていますか?
どのように「感情」をワクワクさせるかを考える必要があります。
 
 
目標を立てるときは「自分の能力以上のもの」を設定すべきです。
 
夢を持てないとワクワクできないからです。
 
ただ、目標が遠大であればあるほど、到達するまでに気の遠くなるような
努力を続けなければなりません。
 
しかし、人間は頑張っても頑張っても、なかなかゴールに近づけなければ、
途中で気持ちが萎えてしまったり「目標は未達成だが、まあ、
このへんでもいいだろう」と妥協してしまったりすることになりがちです。
 

>>>続きはこちらから