成功する練習の法則8.

From : 田渕裕哉(2020/10/25 07:06:00)

2020年10月25日(日)
おはようございます。今朝は小倉からお届けしています。

仕事には「作業系」と「思考系」の2つがある。
「作業系」は効率。でも効率を考えるのは「思考系」。
「思考系」があなたにしかできない価値をつくる。
「作業系」を効率良くこなし、できる限り「思考系」の仕事をすること。

成功する練習の法則のルール10.は「スキルに名前をつけて共有する」です。

名前にはパワーがあります。

名前が持つ力ははっきりわかっているのに、
チームを育成するときにはその重大な役割を無視しがちです。

日々使うスキルに名前をつけ、いちばん大事なスキルに独自の略称を与えるのは、
ひとつの大きなチャンスです。

よく考えて、練習しているスキルや反復練習にぴったりの名前をつければ、
強力なツールになります。

じっくり時間をかけて、重要なスキルにふさわしい力強い名前をつけることです。

そして人を育成するときにその名前を使い、ほこりをかぶった状態にしないことです。

すぐれた成果をもたらすスキルやテクニックには名前をつけることです。

共通言語の使い方を監視しましょう。

スタッフ全員に名前を使うことを求め、正しく使っているかを監視しましょう。 >>>続きはこちらから

成功する練習の法則7.

From : 田渕裕哉(2020/10/24 07:00:08)

2020年10月24日(土)
おはようございます。今朝は名古屋からお届けしています。
今日は昼は西明石、夜は小倉です。

お金にコントロールされていませんか?お金は単なるツールであり
お金があなたの主人ではなく、あなたが主人なのです。
自分にとって幸せと感じることができるお金の使い方を自分の意志でしましょう。
物質的だけでなく心が豊かになるお金の使い方がいいですね。

私のアメブロのブログを更新しました。新しい記事です。ぜひ、ご覧ください。
「ビジネスとは、人に期待させ、その期待を超えるように努力する活動」

コチラ ⇒ https://ameblo.jp/reself-coaching/

成功する練習の法則のルール8.は「ゲームを分析する」です。

練習方法について一番重要なルールは、
卓越するために何が必要かを知ることかもしれません。

どんな分野であれ、しっかりしたやり方で最高の成果を上げている人を特定し、
最高の成果そのものを分析すれば、カリキュラムができあがります

トップレベルの人のスキルこそ、チーム全員が学んで上達すべきスキルです。

「経験」は、また別の話です。

経験は重要ですが、入念に研究、分析して、成功に貢献した要素を
見つけ出さないかぎり、成功につながるかどうか分かりません。

ゲームを分析するとは、まずは、データを使って、
最高の成果を上げている人を見つけることです。

次に、データを観察、分析して、
最高の成果を上げている人の共通するスキルを見極めることです。 >>>続きはこちらから

成功する練習の法則6.

From : 田渕裕哉(2020/10/23 08:01:18)

2020年10月23日(金)
おはようございます。今朝は小雨の千葉からです。今日は熱海です

ビジネスで成功する鍵は仕事を最大の遊びにできるかどうか。
仕事こそ人生をかけて楽しむべきものである。目先の小さな仕事に全力投球し、
そこで成功体験を積み重ねる。やがてプロとなり大いに仕事を楽しめる自分になる。

成功する練習の法則のルール6.は「実践練習ではなく反復練習でこそ上達する」です。

反復練習と実践練習のちがいは微妙なところがありますが、
やはり区別することが重要です。

一つには、目的が違います。

反復練習の核心はスキルの開発、実践練習の核心は評価と最終準備です。

学びたいことに最大限の注意を向けたいときには、反復練習を使います。

一方、さまざまな疑問の答えを出したいときには、実践練習が役立ちます。

反復練習で状況を切り取り、一つ以上のスキルの開発に意図的に集中しましょう。

実践練習は、本番への準備が整っているかどうかの評価に使いましょう。

実践練習は、教えるツールとしては総じてあまり効果的ではありません。

実践練習でうまくいくということは、完全に熟練の域に達しているということです。 >>>続きはこちらから

成功する練習の法則5.

From : 田渕裕哉(2020/10/22 06:58:08)

2020年10月22日(木)
おはようございます。今朝もさわやかな朝の千葉からです。

習慣化する行動変化の4原則は、1. はっきり目立つこと
2. 魅力的であること 3. 易しいこと 4. 満足できること
特に「これを習慣にすると魅力的な未来がイメージできる」と思うと楽しい。

成功する練習の法則のルール5.は「得意分野を見つけて磨きをかける」です。

練習する目的の一つは、まだできないことを、うまくできるようにすることです。

この種の練習は日々の生活で重要な役割を果たします。

私たちは向上が必要な分野を見つけてそれに取り組むが、
もっぱら弱いほうからものを見る癖がつかないようにすることが大切です。

すでにうまくできることをもっとうまくするのも、練習の効用なのです。

すでにうまくできることを集中的に練習し、さらにうまくなって、
大きな価値を生み出せることを再認識してみよう。

ずば抜けた力を持つ人を育てたければ、弱みをいちいちあげつらうのをやめ、
強みを最大限に引き出して、弱みを霞ませるほどすばらしいものに
育てあげるのに集中したほうがいいということです。 >>>続きはこちらから

成功する練習の法則4.

From : 田渕裕哉(2020/10/21 06:28:52)

2020年10月21日(水)
おはようございます。今朝もさわやかな朝の千葉からです。

ホリエモンの著書「あり金は全部使え」でのキーワードは「没頭」
とにかく何でもやってみて没頭すること。とことん「今」を謳歌すること。
溜めるよりも使い切る!これは「お金」ではなく「自分自身」のことを指している。

成功する練習の法則のルール4.は「目的を目標に置き換える」です。

練習するときには誰もが目的を持っています。

しかし、それを本物の成果に結び付けたいなら、
的を絞った明確な目標に置き換えなければなりません。

目標は次の4つの点で「目的」とは異なります。

第一に、目標は計測できます。第二に、目標は管理できます。

第三に、目標は専門的な指導がつき、そのうえで、
ごく少数の項目を正しくやることに集中できます。

第四に、効果的な目標は練習前に定めておく必要があります。

多くの練習は「明日は何をしようか」と考えることで始まります。

もしこの問いがでてくるなら、目標のためではなく、
ただやるためにやっているということです。

実行する理由がわからないかぎり、
その練習内容が正しいかどうかを判断することはできません。 >>>続きはこちらから

成功する練習の法則3.

From : 田渕裕哉(2020/10/20 08:00:24)

2020年10月20日(火)
おはようございます。今朝はさわやかな朝の千葉からです。

少子高齢化が進みそれを止めることは不可能に近い現在、
いずれ高齢者になる人は今、何をするべきか?
それは今のうちからどうやって世の中に役立つ自分であり続けるか
を考える必要がある。生涯現役を生き抜くという意識が重要。

成功する練習の法則のルール3.は「無意識にできるようになるまで徹底する」です。

意識的に判断するまえにスキルが自動的に出てくるまで、徹底して習得させます。

考えなくても無意識にできるスキルを積み上げ、
能動的に考えなくても複雑な作業をこなせるようにします。

基本的なことを自動化すると同時に、
より複雑で繊細なスキルも自動化できないか検討します。

単純なことだけが習得になるというのは誤った思い込みです。

なぜ、無意識にできるようになるまで徹底するかというと、
反復練習によってできた基礎の上に、個性と想像力(創造力)が開花するからです。

「無意識」が仕事をしているあいだに「意識」が仕事をするのです

1日のうちでもっとも創造的に考えているのは、いつでしょうか? >>>続きはこちらから

成功する練習の法則2.

From : 田渕裕哉(2020/10/19 06:44:54)

2020年10月19日(月)
おはようございます。今朝は新潟からお届けしています。

社内で「際立った存在になる」ためには、言われてやるのではなく
率先して取り組んで、あなたの成果をきちんとわかる形で示し、
注目に値する証拠を作ること。際立とうとしていることは知られずに際立つこと。

成功する練習の法則のルール2.は
「最大の価値を生む20パーセントに集中して取り組む」です。

80対20の法則は「練習」にも当てはまります。

すばらしい成果をあげたいなら、最大の価値を生む20パーセント
集中して取り組むべきです。

残りの80パーセントにもっともらしく時間をかけるのをやめ、
脇目もふらずその20パーセントに集中するのです。

練習の価値はスキルを習得したあとで高まるのです。

多くの人は、練習の参加者が上達すると
「よし、やり方はわかったな。次に移ろう」と言います。

しかし、80パーセントの結果を生み出す20パーセントの重要なスキルを
練習しているなら「やり方はわかった」ところでやめてはいけません。

20パーセントのスキルの目標は、たんに習得するだけではなく、
きわめてうまくなることなのです。 >>>続きはこちらから

成功する練習の法則1.

From : 田渕裕哉(2020/10/18 06:26:16)

2020年10月18日(日)
おはようございます。今朝はいい天気の千葉からです。今日は新潟に行きます!

「正しい選択」なんて存在しない。だから「後悔しない選択」をしよう。
目先の誘惑や衝動で選択せずに「10分後、10ヶ月後、10年後」に
自分がどう変わるか?幸せか?後悔しないか?を想像しよう。

成功する練習の法則のルール1.は「成功を体感できるものにする」です。

練習のあいだに参加者は何より成功を体験すべきですが、
理想の成功率は100パーセントではありません。

もし100パーセントなら、その練習はやさしすぎます。

たいていの参加者が、たいていの場合うまくやれる程度の成功率が最適です。

まちがいがかなり発生する練習を始めた場合には、
参加者が成功しだすまでやめてはいけません。

それでも間違いが減らなければ、そのまま続ける必要があるのか
どうか自問してみます。

プロセスを設計し直して、複雑さか変動要素を取り除き、
タスクを一時的に単純化するのもOKです。

一連のスキルを分解して、ひとつだけに集中でいるようにするか、
とりあえず全体の流れをゆっくりにして、
複雑なことも処理できる時間を与え、あとでペースを速めます。 >>>続きはこちらから

複利で伸びる1つの習慣26.

From : 田渕裕哉(2020/07/23 08:08:42)

2020年7月23日(木・祝)
おはようございます。今朝は雨模様の千葉からです。

1枚の紙を50回折り畳むと太陽まで達するというのをご存知でしょうか?
原因に比べて結果が桁外れに大きいと人は困惑を覚えます。
原因と結果に違和感があれば、それは傾き(Tipping)の兆候かもしれません。
直線ではなく非直線的現象を生み出すきっかけをティッピングポイントといいます。

成功とは到達すべき目標でも、ゴールラインでもありません。

改善の仕組みであり、果てしなく改良しつづけるプロセスです。

もしあなたが習慣が変えれずに困っているなら、
問題はあなたにあるのではありません。

仕組みに問題があるのです。

悪い習慣を何度も繰り返してしまうのは、あなたが変えたくないからではなく、
変えるための仕組みが間違っているからです。

いつまでも成果を得つづける秘訣は、改善をやめないことです。

やめないだけで、驚くほどのものを築くことができます。

仕事をやめなければ、驚くほどのビジネスを築けます。 >>>続きはこちらから

複利で伸びる1つの習慣25.

From : 田渕裕哉(2020/07/22 06:59:54)

2020年7月22日(水)
おはようございます。今朝は曇りの千葉からです。

商談の成功のカギは4つの質問
1. 現在の見込客の状況把握
2. 見込客が抱える問題、不満の把握
3. その問題の影響を明らかにし深刻さを浮き彫りにする
4. 解決策の価値や重要性を認識させ増幅させる

今日は良い習慣のマイナス面についてお伝えします。

習慣のプラス面は、考えずに行動できることです。

マイナス面は、一定のやり方で行動するのに慣れてしまい、
小さなミスに注意を払わなくなることです。

経験を積んでいるので上達していると思い込んでいます。

でも実際は、今の習慣を強化しているだけで、改善はしていません

しかし、自分の可能性を最大限に生かして、
抜きんでたパフォーマンスを達成したいなら、もう少し工夫が必要になります。

同じ方法を盲目的に繰り返していては特別になれないのです。 >>>続きはこちらから