2020年に向けて飛躍の法則22.

From : 田渕裕哉(2019/12/03 06:27:49)

2019年12月3日(火)
おはようございます。今朝も松山からお届けします。

外側に表れているものは、すべて内側(自分の中)にあるものの反映。
すべては自分が決めているということを理解すれば「自由」になります。
自分を満たし自分らしく生きることで他者に貢献できる。
でも私は、その先に自分を超越し自分がなくなる究極の領域があると信じています。

実は、達成のためには「ポジティブなイメージ」だけでは、
逆効果なことが証明されています。

妄想だけのハイテンションな人が、成功を手に入れられないのは
実験でも何度も証明されています。

鍵になるのは「達成を妨げる障害を把握すること」です。

ダイエット、恋人、学業、売上、さまざまな分野の実験で
「ただポジティブなイメージだけ」の人たちよりも
「そこに向かうための障害」も同時に把握している人が、
もっとも達成できるレベルが高いことが分かっています。 >>>続きはこちらから

2020年に向けて飛躍の法則21.

From : 田渕裕哉(2019/12/02 06:20:45)

2019年12月2日(月)
おはようございます。今朝は愛媛県の松山からお届けしています。

「自分のなりうることのできる最高の自分になるために、
今、ベストを尽くしているのか?」そうしていたら失敗しても、
それは挑戦している証であり恥ずべきことではない!
自分をより良く見せるのではなく、より良くなるようベストを尽くす!
この考えはまた恐れに打ち勝てる考え方です。

達成することの鍵は「それが叶うのが自分にとって当たり前」
という状態を手に入れることです。

それは「どれだけゴールが実感されているか」ということです。

そのためには、あなたがそのゴールを実現している
「日常」を描いてみましょう。

自分が脚本家になり、映画監督になったつもりになりましょう。

その日々を過ごしている自分をありありと描いてみましょう。

ある作家さんは、ニュージーランドに移住したくて、
自分の部屋に「ここはニュージーランドなんだ。

おれはニュージーランドにいるんだ」という実感を高める
ありとあらゆるものを配置していたそうです。 >>>続きはこちらから

2020年に向けて飛躍の法則20.

From : 田渕裕哉(2019/12/01 06:43:18)

2019年12月1日(日)
おはようございます。今朝はいい天気の千葉からです。

「何を聞いたか」ではなく「あなたはどう理解したのか」を書くのがノートです。
すべてのものは2度つくられる。1度はノートの上で、2度目は現実の世界で。
ノートをとることは、創造である!

人生を有意義にするゴールを持つようにしましょう。

「こうなったら良いよな」というもの、努力の結果手に入れることができるもの
「創造ゴール」を実現すると必ず人生のステージは上がります。

そして、同時に「消費ゴール」を持つようにしましょう。

そのことを考えるだけで、ワクワクしたりドキドキするものです。

「創造ゴール」へ向かうプロセスがきついときは
「消費ゴール」のことを思い出しましょう。

そのときに、脳内から出るエンドルフィンが、ストレスを打ち消してくれるのです。 >>>続きはこちらから

2020年に向けて飛躍の法則19.

From : 田渕裕哉(2019/11/30 07:28:02)

2019年11月30日(土)
おはようございます。今朝も寒い千葉からです。

「ひとの志というものは、幾度もつらいことや、苦しいことがあって、
やっと初めて固く定まるものである。
真の人物は、玉となって砕けることを本望とし、志を曲げて、
瓦になって生きながらえることを恥とする。」(西郷隆盛)

今までのところをまとめます。

1.努力(継続した行動)なしには手に入れることができないゴールを
「創造ゴール」と呼びます。

これは、達成前後で幸福度(エンドルフィン)が上がります。

2.しかし「創造ゴール」に向かうコツコツとした行動や、はじめの一歩などは、
ストレスだけであり、幸福度(エンドルフィン)が生まれません。

3.ストレスは、エンドルフィンによって打ち消すことができるが
「創造ゴール」への行動では、それを生み出すことができません。

では、どうしたらいいでしょうか? >>>続きはこちらから

2020年に向けて飛躍の法則18.

From : 田渕裕哉(2019/11/29 06:16:53)

2019年11月29日(金)
おはようございます。今朝も寒い千葉からです。

愛とは長く堪え忍び、親切であり、ねたまず、誇らず、自分の利益を求めず、
容易に怒らず、悪事を少しも考えず、罪悪を喜ばないで真実を喜び
すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてに耐えること
そして愛のある人は、勇気と信念のある人!

「消費ゴール」は、その目標のことを考え始めるだけで、
エンドルフィンが分泌されます。

つまり、ワクワクや幸福感が上がるのです。
(子供の頃の修学旅行みたいですね)

そして一度、脳が目標とエンドルフィン(幸福感をつくる)を結び付けると、
そのことを考えるたびに、エンドルフィンが分泌されるのです。

目の前の仕事や家事が大変でも、週末のイベントを楽しみにしていると
乗り越えられる、というのはこういうメカニズムなのです。 >>>続きはこちらから

2020年に向けて飛躍の法則17.

From : 田渕裕哉(2019/11/28 06:26:47)

2019年11月28日(木)
おはようございます。今朝は寒い千葉からです。

他の人から思いやりのない言葉をかけられたり、
ネガティブなことがあると人は傷つきます。
しかしそれは自ら「傷つく」選択をしている(思い込み)のであっ
「傷つかない」選択をすることができることに気づくと人生は自由になります。

有意義な目標(創造ゴール)を実現しようと思ったら、ある程度の長い時間が
かかったり、最初は動き出しても満足感が生まれるわけではなかったりします。

やってみても上手くいかなかったり、できるかどうか分からなかったり
するような行動は、あなたにストレスを与えてくるでしょう。

ある程度のストレスならば、あなたが有意義な人生を送っていれば
その満足感・幸福感(エンドルフィン)が打ち消してくれます。

しかし、もしあなたが何かに取り組もうとして、ストレスを感じるとしたら、
必要なのはモチベーションでも、やる気でもないのです。 >>>続きはこちらから

2020年に向けて飛躍の法則16.

From : 田渕裕哉(2019/11/27 06:33:16)

2019年11月27日(水)
おはようございます。今朝はいい天気の千葉からです。

リーダーはチームメンバーのひとり一人の発する言葉をよく聴いているか?
そしてそれをよく理解しようとしているか?
そしてそれを公平に扱おうとしているか?
チームメンバー全員にオーナーシップを与えて参加させているか?
それを見直し、ポテンシャルを広げよう。

あなたの周りにも、難易度の高いことに取り組んでいるのに、
楽しそうな人はいませんか?

普通だったら「ストレスで大変だろう・・」と思うことを、嬉々としてやっている。

すると「あの人はストイックだ」「いや、宇宙人だろう!」なんて
思ってしまいがちです。

しかし本当は脳内から出ているエンドルフィンが、ストレスを打ち消しているので、
子供がゲームに取り組むときのように楽しんでいるのです。

では、どうしたらストレスを打ち消しながら、
高いレベルのゴールを実現することができるのでしょうか? >>>続きはこちらから

2020年に向けて飛躍の法則15.

From : 田渕裕哉(2019/11/26 07:35:02)

2019年11月26日(火)
おはようございます。今朝も雨模様の千葉からです。

人生を充実させるのは自分の価値観ではない。
価値を置くべきは原則である。原則に従ってはじめて、充実した人
という結果につながるのである。それは「良心」から来るものでもある!

一つ目は「消費ゴール」。

旅行やショッピング、高級レストランや散財のように、
それが予定に入るときからワクワクや楽しみが高まっていくものです。

そして、それが完了すると気持ちが下がってしまうものです。

二つ目は「創造ゴール」。

語学の上達や、健康の増進、事業の継続的発展のように、
コツコツと取り組むことで徐々にゴールに近づいていくものです。

そして、それに近づくにつれてワクワクや楽しさが大きくなり、
それを手に入れてしまった後もワクワクや楽しさが長続きします。 >>>続きはこちらから

2020年に向けて飛躍の法則14.

From : 田渕裕哉(2019/11/25 07:21:03)

2019年11月25日(月)
おはようございます。今朝も雨模様の千葉からです。

自分の荷物がどんなに重くても、日暮れまでなら誰でも運ぶことができる。
自分の仕事がどれだけ辛くても、1日なら、誰でもできる。
太陽が没するまでなら、誰でも快活に、辛抱づよく、親切に生きられる。
それこそが人生の秘訣だ。昨日は夢であり、明日は予感である。今日だけが真実だ。

今日からは、人生に喜びを与える「創造ゴール」と「消費ゴール」
についてお伝えしていきます。

例えば、連休の予定など、決まったときからワクワクしていたのに
終わってしまったらなんだか祭りの後のように、
楽しさがなくなってしまったことはないでしょうか?

一方、コツコツ向かって進むことは、さほどワクワクもしないのだけれども、
上達したり成長したりすることで充実感が続いたことはないでしょうか?

アンソニー・ロビンズの言葉を紹介します。 >>>続きはこちらから

2020年に向けて飛躍の法則13.

From : 田渕裕哉(2019/11/24 07:08:41)

2019年11月24日(日)
おはようございます。今朝は恵みの雨の千葉からです。

成功の秘訣は、誰かよりも卓越しようとするのではなく、
誰かにとって卓越した存在になろうとすること!

月曜日から金曜日まで働いて、土日の休日を
ダラダラと過ごしてしまったことはありませんか?

最初からやりたいことを入れておかないと
「時間が余ったら、そのとき考えよう」と思っていても、
人は惰性に流されてしまいやすいのです。

「やりたいことをやる。余った時間でやらなきゃいけないことを終わらせる」

このサイクルが身に付くと、あなたの人生は別のものになっているでしょう。

たくさんの人が、あなたに様々な予定を入れようとしてくるかもしれません。

しかし、それに「NO」と言うためには、
あなたがやりたいことをやることに「YES」と言う必要があるのです。 >>>続きはこちらから