エネルギーの視点でビジネスを成功させる方法29.

From : 田渕裕哉(2019/02/13 05:34:49)

2019年2月13日(水)
おはようございます。今日は新居浜というところに行きます!

弱いということを受け入れる行為は強い。
弱いということを所有物で隠そうとする行為は弱い。
ハラハラドキドキ生きていますか?

「アーキテクチャー」の時代の組織は
「誰がリーダーかよく分からない」のが特徴です。

デザイナーの時代からアーキテクチャーの時代への分かりやすい例は、
モーニング娘とAKB48です。

モーニング娘は、メンバーがほとんど変わらず「世界観」も決まっていた、
完成度の高い作品でした。

また、お客と彼女たちの間には、かなりの距離がありました。

一方で、AKB48は、メンバーもリーダーもころころ入れ替わり
常に未完成で、それぞれのメンバーの「物語」がクローズアップされ、
しかしAKB48という全体としての物語もちゃんとあるのです。

そして決定的な違いが、AKB48とお客の距離感が、
今までの「アイドル」の常識とは真逆のものでした。 >>続きはこちらから

エネルギーの視点でビジネスを成功させる方法28.

From : 田渕裕哉(2019/02/12 05:20:04)

2019年2月12日(火)
おはようございます。3連休が終わりましたね!いかがでしたか?

幸福な人は、幸福を感じる「所有物」や「状況」を持っているのではなく、
幸福を感じる「習慣」をもっている。

エネルギーの流れという話が出たので、
今日は「時代の流れ」について説明します。

時代の流れを認識しておくことは非常に重要です。

今がどんな時代で、これからどういった時代になっていくのか。

これを知ることでビジネスのやり方もわかります。

時代は「メーカー」→「デザイナー」→「アーキテクチャー」
と移り変わっていっています。

説明しましょう。

「メーカー」の時代は「機能」が重視された時代でした。

より機能性の高い商品が売れたし
「新しい機能の商品を作れば売れた時代」だったのです。

次に「デザイナー」の時代は「機能」ではなく
「世界観」が重視されるようになりました。

メーカーの時代からデザイナーの時代への分かりやすい変化といえ
「携帯電話(スマホ)」があります。 >>続きはこちらから

エネルギーの視点でビジネスを成功させる方法27.

From : 田渕裕哉(2019/02/11 05:53:35)

2019年2月11日(月・祝)
おはようございます。まだまだ寒い日が続きますので体調には気をつけてくださいね。

幸福を求めるなら「自己発見」が欠かせない。
あなたが最も深く心に気にかけることは何か?目先の欲求を超えるものは何か?
あなたの生きる目的は?目的は生きる力を与えてくれます!

昨日は「エネルギーの流れを読む」ことについてお話しました。

あなたが素晴らしいものを持っていて、相手にそれをお伝えするときに、
あなたは相手の幸せを本気で思う必要があります。

あなたの「益」ではなく、相手の「益」を本気で願うのです。

なかなか相手が決断しないとき
「あぁ、この人せっかく今大きな流れが来ているけど、
これ逃したらもう神様に見放されて、当分はチャンス来ないだろうなぁ・・・。」
と思っておけばよいのです。
(言葉で言うのではなく、あくまでも思うだけにしておきましょう。)

そして「なんとかこの人が良い流れに乗って、幸せになってもらいたい・・・。」
と思いながら伝えるのです。 >>続きはこちらから

エネルギーの視点でビジネスを成功させる方法26.

From : 田渕裕哉(2019/02/10 07:25:33)

2019年2月10日(日)
おはようございます。昨夜は帰れず今朝も沖縄からです。
今日は娘の誕生日です!

始める前に「勝ち」をわかって始めよう。(孫子の兵法より)

今日は「エネルギーの流れを読む」ことについてお話します。

サッカーの試合で例えてお話しましょう。

よくサッカーの実況とかで
「今は良い流れですね。この流れが止まる前に1点決めておきたいですね!」
とか「今は我慢の時期だから、攻めちゃダメですね。
なんとか流れを変えられたらいいんですが・・・」みたいなことを言ったりします。

これは何なのか?

これは、ステージの高い人は、普通の人が感じれない「流れ(勢い)」
が見えているのです。

もし試合場に一方方向に風が吹いていたら、ボールは勝手にそっちに転がります。

でも、たとえ風が吹いていなかったとしても、まるで風が吹いているかのごとく、
エネルギーの流れを感じているとき・・・それが「流れが良いとき」です。 >>続きはこちらから

エネルギーの視点でビジネスを成功させる方法25.

From : 田渕裕哉(2019/02/09 06:15:56)

2019年ん2月9日(土)
おはようございます。今朝は那覇からお届けしています。

今の社会で戦力として求められているのは、より人間的で、
利他心を持った、人とのつながりを大切にする、成熟した人たちです。

 

昨日の続き、ラーメンの話です。

ラーメンとコーヒーでは「一体感」がないので、
価値(エネルギー)は下がるという話をしました。

では、逆に、ラーメン(500円)に、
チャーシュー(50円)を付けたとしましょう。

この場合、ラーメンとチャーシューは「一体感」を生み出します。
(もちろん人によりますが、そこはあまり気にせず!)

すると、500円+50円=550円どころか、
600円、700円みたいになります。

実際、値段もそれくらいの上がり方をするはずです。

このように「一体感」は、もともとの価値を
プラスしたもの以上の価値を生み出すのです。

これを「創発(そうはつ)」と呼びます。 >>続きはこちらから

エネルギーの視点でビジネスを成功させる方法24.

From : 田渕裕哉(2019/02/08 06:20:41)

2019年2月8日(金)
おはようございます。今日は沖縄に行きます!

結局のところ、よい人生、よりよく生き抜く人生とは、自分を探し、
見つけ、見失い、また探しというのを絶えず繰り返していく人生のことである。

 

今日から「ビジネスとは他者にエネルギーを提供すること」
ということについて解説していきます。

よく経済学者とかは、ビジネスを「需要と供給のバランスで決まる」
と言ったりします。

確かに、これも一理あります。

一時期、インフルエンザが流行ったときに、マスクの値段が上がったそうですが、
あれは供給に対して需要が一気に高まったからです。

こんな感じで、需要と供給のバランスで価格は決まるのだ、
と言われているのですが、これは昔のパラダイムです。

今まではこれでよかったのです。

なぜなら、自分の店のライバルは、近所の店だけだったからです。

価格競争で自滅していかない限り、商品の質さえ良ければ、
一定の価格を保てたのです。

しかし、今の時代「ネットで物が買える」のです。

すると、どうなるか? >>続きはこちらから

エネルギーの視点でビジネスを成功させる方法23.

From : 田渕裕哉(2019/02/07 06:16:30)

2019年2月7日(木)
おはようございます。今朝もまだまだ寒い千葉からです。

お金は”所有物”を手に入れるための手段、ではなく、
あなたの価値観を”表現”するための道具。

今日は「エネルギーの視点」でみることで「感情に振り回されることが無くなる」
ということについてお話します。

重要な話なので理解してください。

例えば、タクシーの運転手が、もう着いているのに、
少しだけ前に移動してメーターを上げた経験をしたことはありませんか?

私はあります。セコイですよね。普通の人なら、イラッと来ると思います。

私は「あぁ、なるほど、自分の利益のために相手のことを考えてないと分かると、
普通の人は感情を揺さぶられて、エネルギーを奪われるんだなぁ。
これは良い勉強になった」と思います。

むしろ、そこで出たのは(学びを得たことに対する)感謝の気持で
そのタクシー運転手に「ありがとうございました」と笑顔で言うと
タクシー運転手も「はーい。気をつけてね!」と笑顔で返してくれるのです。 >>続きはこちらから

エネルギーの視点でビジネスを成功させる方法22.

From : 田渕裕哉(2019/02/06 06:31:46)

2019年2月6日(水)
おはようございます。今朝は千葉からお届けしています。

やりがいがないとき、ひとはとてもみじめな気持ちになる。
あなたは仕事をすすめる「モノ」ではなく、
あなたが仕事という手段を通じて、社会と関わっていると意識しましょう!

今日は「他者貢献しながら自分を高めていく」ことについてお話します。

実は「他者貢献」しようと思ったときに、もう一つ欠かせないことがあります。

それが「自己成長」です。

「自己成長」してから「他者貢献」するのではなく、
「他者貢献」しながら「自己成長」していくのです。

「他者貢献」する生き方を日々実践しながら
「自己成長=魂を磨いて成長させる」ことを目標にするのです。

「何を得るか?」ではなく「どのような人物になるか?」がより重要です。

けれど「成長」という言葉にはいろいろなイメージがありますね。

いったい何を持って「成長した」と言えるのでしょうか? >>続きはこちらから

エネルギーの視点でビジネスを成功させる方法21.

From : 田渕裕哉(2019/02/05 04:46:31)

2019年2月5日(火)
おはようございます。今日は孫の3歳の誕生日です!

外にある世界に完全を求めるのではなく、
内にある世界に完全をもとめよう。
あなたの心の平和が、世界の平和に先行するのです。

HONDAが、どんな理想の人と出会いたいか?

その新卒採用条件を読んでみましょう。

「HONDA新卒採用条件」

「こうなればいいのに」と願うだけでは、決して世界は変わらない

なりゆきに身を任せてはいないか。現実に立ち向かっているか。

自分が信じた道を貫き通しているか。道のりは険しく、正直、きつい。

けれど、自ら抱いた夢を実現するのは、他の誰かじゃなく、自分でありたい。

私たちは知っている。その熱意こそが、世界を変える原動力となることを。

この新卒採用条件は「こういう新入社員、こういう学生、
こういう人たちと働きたい」というHONDAのラブレターです。 >>続きはこちらから

エネルギーの視点でビジネスを成功させる方法20.

From : 田渕裕哉(2019/02/04 07:03:57)

2019年2月4日(月)
おはようございます。今日は旧正月だと大晦日です!

うまくいかないなぁと思ったら、行動する前に、解釈を変える。
人生の質は、意味づけの質。

最近「ボヘミアンラブソディー」の映画を見ました。

この映画は「何を(What)」よりも「誰と(Who)」が大事であることを
表している映画だと思いました。

自分が好きなことをやりたいと仲間を捨ててソロで活動しようとしました。

そして一番大事な「誰と」を失ってしまいました。

家族のように苦楽を共にしてきたかけがえのない仲間を自分から捨てたのです。

でも何かが違う!その違和感を埋めるようにみだらな行為に走るフレディー。

仲間を傷つけ裏切った先に待っていたのは孤独な耐えられないような時間でした。

そして最後に、ようやく一番大切なものに気づくのです。

「誰と?」が一番大切であると。 >>続きはこちらから