エネルギーという視点で人生を生きる66.

From : 田渕裕哉(2019/07/05 06:42:21)

2019年7月5日(金)
おはようございます。今朝も涼しい朝の千葉からです。

1日のはじまりで、私たちがまずつくるべきは、
「これは全て必ず終わらせる」という「完全リスト」。

陰陽五行論でも「相性、相剋」という言葉が登場します。

しかし、大抵、相剋の説明はネガティブなことが書かれています。

相性→エネルギーを強める、自分を助けてくれる 相剋→エネルギーを打ち消す、
自分の邪魔をする という感じで捉えてしまうのです。

しかし、それは間違いで、相剋→人生に修行を与えて自分を磨いてくれる
(才能を発揮させてくれる)存在 なのです。

一緒にいて居心地の良い人ばかりを周りに置いていたら、
全然魂は磨かれず、成長しません。

もし、自分がどんどん成長したいとか、志に目覚めて使命を果たしたい!
と本気で思うなら、ある程度、剋される(修行をする)ことが必要です。

相剋というのは、人生で必要なエネルギーなのです。

なので、もし、自分のパートナーが相剋の関係にあるとしたら、
どう捉えたらいいのか?

「本来だったら、外でいろんな試練を与えられて苦労をしないといけないものを、
家庭で代わりにやってくれているおかげで、外での仕事がスムーズに進められる」
というように捉えたらいいのです。

ストーリーには「陰陽の法則」というものがあり、
ずっと良いことばかりが起こるストーリーは存在しません。

必ず、剋されるとき(=試練を与えられ、魂を磨く期間)が存在します。

自分のストーリーを描いていこうとなったときに、本来だったらいろんなところで
経験しなければいけない試練を家で全部やってくれているのだから
それって最高じゃないですか!ということです。

だから、感謝したらいいですね。

相性の悪いと思う人は「自分を成長させてくれる非常にありがたい存在」なわけです。

そう考えたら、自分が苦手かどうかとか、この人と一緒にいると
楽だからとか、あまりそれに捉われなくなります。

今、自分の周りにいる人が、自分にとって必要な人、ということです。

相性の良い人ばかりを周りに置こうとすると、
それは「面白いストーリー」になりません。

いろいろな人たちに囲まれて、どんな人とも良い関係を築いていくことが大事です!

田渕 裕哉

あなたの大切な人に、このメッセージを転送してください。
多くの人が幸せになりますようにお祈りしています。

毎朝8時の無料配信を直接ご希望の方は、
お名前とメールアドレスを下記まで
お送りください。 ⇒ ask@dc-group.co.jp
どなたでも無料で登録できます。

また配信解除ご希望の方は、配信解除希望の返信メールをお願いします。
tabuchi@dc-group.co.jp または、ask@dc-group.co.jp まで。

ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

エネルギーという視点で人生を生きる66.

  1. 守谷市子 より:

    田渕さん
    おはようございます
    相変わらずの守谷です
    被災時は大変お世話になりまして感謝しております
    昨日の相克の意味に関しまして
    そんな解釈があった事を知りホッとしています
    ありがとうございます
    さすが田渕さん
    私にとって
    仏教的解釈でしたので心が重く感じておりました
    田渕さんが伝えて下さったおかげで
    神様の存在を強く感じることができます
    感謝いたします

    .