逆境を「飛躍」に変えるマーケティング戦略50.

From : 田渕裕哉(2022/09/27 05:55:08)

2022年9月27日(火)
おはようございます。今朝は東京からです。いい天気です。

多くの人は目標を立てたつもりで実際は遠い「夢」を目指し進まないことが多い。
おススメは1週間程度で達成できる「短気目標」を立て、それを実現する2日未満
のステップを計画すること。心は「夢」を描き、日々の焦点は「短気目標」達成へ注ぐ。

重要ポイント

・ 自分の中で「マーケティング」を「市場を教育するプロセス」と定義し直す。

あなたのビジネスが問題を解決し、すき間を埋め、他の誰にも
できないやり方で機会や目的を実現することを潜在顧客に知らせる

・ ビジネスにおけるマーケティングの役割がもつ1つ目の目的は、質・量ともに
最も望ましい見込み客を特定し、彼らと接点をもち、彼らを引きつけること。

・ 2つ目の目的は、見込み客を初回購入者に変え、次に複数商品の購入者に昇格させ、
彼らが必要(と欲求)を感じるたびに、絶対最良の買い物をしに戻りたいと思わせること。

・ 3つ目の目的は、顧客との関係を向上させ、彼らの生活を高めるような
新しい収入源を、彼らに対する倫理に適った調査を通して発掘すること。

・ マーケティングを投資と見なす。

その力は絶大で、一貫して100パーセント以上、
ときにはその数倍かそれ以上のROIを生み出す。

・ ゴールは明確にしなければ到達できない。

あなたが達成したいことは何だろうか。 >>>続きはこちらから

逆境を「飛躍」に変えるマーケティング戦略49.

From : 田渕裕哉(2022/09/26 07:14:36)

2022年9月26日(月)
おはようございます。今朝はいい天気の千葉からです。今日は長男の誕生日です。

人がたくさんの人を巻き込んで一致団結することができるのは
「虚構」という想像上の現実を伝える力を獲得したから。
それは「共通の神話」である。神話を信じることによって皆が協力できる。
これをビジネスに活かそう。

市場に仕え、自分の利益より顧客のニーズを優先することによって
顧客がVIPと同じ扱い、つまり私の言う「ベルベットロープ」
(訳注:有名人に人が近寄れないようにするためのロープ)の待遇
受けるべきであり、実際に受けられることを示そう。

相手を単なる顧客ではなく、重要人物のように厚遇する独自の習慣を身につけよう。

ベルベットロープには、そういう心理的効果がある。

卓越した会社の顧客が感じなければいけない気分だ。

そうした会社は顧客をVIPのように扱い、至高のサービス、待遇、品質でもてなす。

口コミの重要度はますます増している。

従来のマーケティングに耳を貸さなくなった人々は、
ソーシャルネットワークに購買アドバイスを求める。

人の想像をはるかに超えるレベルの品質やサービス、気遣いで、
感動を呼び、それが口コミで広がる。

今の顧客や見込み客だけでなく、その人の顧客や見込み客、友人、親戚など、
彼らと接点のあるすべての人の役に立つには、どのような方法があるか考えてみよう。

どうすれば満足した顧客をあなたの商品やサービス、目的、
ビジョンのエバンジェリストに変えられるだろうか。 >>>続きはこちらから

逆境を「飛躍」に変えるマーケティング戦略48.

From : 田渕裕哉(2022/09/25 07:43:24)

2022年9月25日(日)
おはようございます。今朝は夫婦で新潟からです。

自分の魅力は周りの評価によって変わるという「評価タイプ」は、
よく見られるように努力する。
一方「成長タイプ」は失敗や拒絶よりも自己成長に価値を置いてお
「これを通じて、よりよくなろう」と思っている。
人生の質が圧倒的に高くなるのは「成長タイプ」。

ステップ6.独自の言葉遣いや用語をつくり出す

独自のコミュニケーションスタイルを形成する。

達人とはつまり、その道のマーケットリーダー、専門家、権威となっている人々だ。

だから彼らは、議論に使用される用語を定義し、基準を設定し、解決策を編み出す。

あなたも達人として、あなたの独自の「技術」、つまりあなたの理解や
知識を表現するオリジナルな方法や言葉遣いを「開発」しよう。

しばし、あなたがその市場の卓越した権威であるばかりか、実際の先駆者、
研究者、開拓者であると仮定する。

あなたには、その市場の複雑な事情を初心者に説明する任務が与えられている。

彼らに必要な知識とその理由を伝えなければならない。

説明するためのシステムも自分でつくらなければならないとしよう

自分なりの用語、システム、わかりやすい仮説を考えよう。

その市場についての本や電子ブックを書いていると仮定しよう。

あなたなら、どんなことを伝えるだろうか。

市場に出ている商品やサービスのさまざまな側面を言い表す
新語やフレーズを思いつけるだろうか。

現状の説明よりも体系的に市場を説明できるだろうか。

より的確に優先順位をつけられるだろうか。

より的確な価値評価ができるだろうか。 >>>続きはこちらから

逆境を「飛躍」に変えるマーケティング戦略47.

From : 田渕裕哉(2022/09/24 07:04:38)

2022年9月24日(土)
おはようございます。今朝は夫婦で新潟からです。

人生でもビジネスでも「進んでいること」が重要。
「進捗(progress)」が最高の一日をつくる鍵。
とくに「小さな進捗」に気づけるかどうか。
「progress =happiness 」進捗に気づくこと=幸福を生み出すこと。

あなたがそもそもその市場に参入しようと思ったときのことを思い出してみよう。

きっかけは何だったのか、ただの偶然だったとしたら、なぜとどまろうと思ったのか。

その市場のどんなところが好きか。どんなところが嫌いか。

もっと深く掘り下げてみよう。その市場で収めた最大の業績は何だろう。

次に、最大の失敗は何だろう。これらを考えることをきっかけに、正直になろう。

心からの「あなたの痛みがわかります」的なストーリーは、
市場とつながるツールとして極めて効果的だ。

正直になればなるほど、市場の信頼を得られ、信用を得れば得るほど見込み客に対し、
何を買うべきか論理的に勧めることができるようになる。

ステップ5.

賛否両論を呼ぶ人物になる 何かの立場をとることは、何か別の立場に反対することだ。

成功する達人は、しばしば賛否を巻き起こす。

成功する達人は、大概断固たる見解をもっているのだ。

人はこぞって彼らに市場についての意見を聞き出そうとし、
その意見がストレートで熱意に溢れたものであればあるほど市場は賛同する。

何も否定的なことを言う必要はない。

注意を引くために、名指しで批判する必要もない。

だが、顧客や見込み客の利益を守るために、非難すべきことは非難すべきだ。 >>>続きはこちらから

逆境を「飛躍」に変えるマーケティング戦略46.

From : 田渕裕哉(2022/09/23 06:38:36)

2022年9月23日(金)
おはようございます。今朝もさわやかな朝の千葉からです。今日から新潟です。

財産(to have)という松葉づえを捨ててしまえば自分本来の力(to be)を用いて
ひとりで歩き始めることができる。それは自分を新たにすること、
成長すること、溢れ出ること、愛すること、関心を持つこと、与えること。

ステップ3.ビジョンを打ち立てる

市場に対するあなたのビジョンの基本要素
(市場でのあなたの奉仕の指針となる基本的な信条)を明らかにする。

残念なことに、多くの経営者は、市場ではなく自分の企業に関するビジョンを打ち立てる。

自分の商品やサービス、または、その分野で最も成長の早い会社になるという発想に惚れ込む。

しかし、前に言ったように、卓越したビジネスとして素早い成功を収める鍵は
「顧客と恋に落ちる」ことだ。

彼らの暮らしに利益、利点、豊かさ、保護、相互作用などをもたらすことを
本当の目的にできれば、すぐに卓越を達成することができる。

だから、あなたの会社の真の目的、存在理由をしっかりと探ってほしい。

ステップ4.あなた自身の創世神話を語る あなたは、
自分がなぜその市場に存在しているのかを世に知ってもらわなければならない。

そして自分の希望や夢、今の不満、個人的な失敗、これまで成し遂げてきたこと、
これから成し遂げようと努力していることを打ち明ける。

情熱をもって正直に打ち明ければ、想像をはるかに超える成功が待っている。 >>>続きはこちらから

逆境を「飛躍」に変えるマーケティング戦略45.

From : 田渕裕哉(2022/09/22 07:57:23)

2022年9月22日(木)
おはようございます。今朝はさわやかな朝の千葉からです。

うまく行ってないこと、つまり暗いスポットを探すのではなく、
うまくいっているブライトスポット(明るい場所)を探そう。
変化を起こすのは問題を解決することよりも
「うまくいっているところを広げる」ことが早い。
ブライトスポットを探そう。

通常最初に起こる問題(または多数派にとって最も重要な問題)、
通常その次に起こる問題というように判断していき、
最初の問題から最後の問題までを順に並べる。

次に、これらの問題を見込み客よりうまく言い表す方法を、
少なくとも3通り考える。

難しく考える必要はない。

その努力をした人は他にいないのだから、わざわざそれを考える
というだけで飛び抜けて優位に立てる。

なぜかと言うと、それは、彼らが抱えている悩みを
あなたが理解していることが伝わるからだ。

見込み客の問題が目の前にはっきりと現れたら、
あとは自由に、最良の解決策を考え出せばいい。

ステップ2.自分の人物像を確立する

残念ながら、ほとんどの経営者は、市場に対して何の人物像も描き出していない。

その1つ要素を変えるだけで、マーケティングのプラス影響は急激に大きくなる。

人物像は、造り物ではない。むしろ蒸留物に近い。

あなたにとって重要な信条、価値、基準を効率的に伝える。

あなたの人柄を構成する要素(あなた自身の強み、時には弱みも)と、
あなたの市場と最も効果的に共鳴する特質とを兼ね備えているのが
効果的な達人の人物像だ。 >>>続きはこちらから

逆境を「飛躍」に変えるマーケティング戦略44.

From : 田渕裕哉(2022/09/21 06:51:37)

2022年9月21日(水)
おはようございます。今朝は涼しい東京からです。

脳を常に正しい状態に保つとストレス管理ができ生産性、創造力、記憶力が上がる。
そのためには睡眠、運動、栄養を意識すること。
特に栄養は脳が喜ぶ地中海ダイエットの食事があるので研究すること。

最初に考えるべきなのは「私は何を達成したいのか」である。

あらゆる行動が標的、武器、動きの3つに集約されるという。

彼が言うには、標的のことを知らなければ接触に成功できず、
もし標的が複数なら優先順位をつけなければならない。

最初の標的を念頭に置き、最大のインパクトを与える武器を選び、
そしてその武器との整合をとる的確な動きを決めなければならない

マーケティングもこれと同じだマーケティングを行うのは、
見込み客が最もいそうなソースを狙い、最も費用効果の高い方法で
彼らにアクセスするためだ。

その方法は業種によって異なるが、同じビジネス成長の3つの
基本構造のうちの1つに必ず関係する。

ビジネスを大きくする方法は、たった3つしかない。

1.クライアントの数を増やす。

2.クライアントあたりの平均販売額を増やす。

3.クライアントの購入する頻度を増やす。

やり方はいろいろとあるが、最初に目標となぜそれを達成したいの
をはっきりさせなければ、やれることもやれないということなのだ>>>続きはこちらから

逆境を「飛躍」に変えるマーケティング戦略43.

From : 田渕裕哉(2022/09/20 06:31:53)

2022年9月20日(火)
おはようございます。今朝は台風の東京からです。

自分の意見の作り方の3ステップ。
1. 「理解していること」を確認し、理解できていないことを明らかにする。
2. 理解できていないことを解決するために調べる。
3. 自分の意見を持つ。
自分の意見は理解不足を埋めようとすることから生まれる。

さまざまな問題、すき間、機会の中には、それまで消費者や企業が言葉で
言い表すことのできなかったものがあり、それをあなたが言語化できた
という事実がいっそう大きな意味をもつ。

顧客の悩みに対処する力があることをはっきりと力強く示すことができれば、
すばらしい発展を遂げられる。

景気の良いときはもちろん、悪いときでも。

マーケティングの力を真剣に受け止めた人だけが、
市場を自分のものにすることができる。

私は、中小企業の「波」と「繁栄」の違いを生むものは、
間違いなく一番にマーケティング、次いで僅差で戦略だと知っている。

自分たちの行動、活動、意思決定の指針となるような戦略がほとんどない。

マーケティングは、ビジネスで最も高レバレッジな投資になりえるが、
それを働かせるには、マーケティングの以下の多面的役割を理解しなければならない。

・質量ともに最も望ましい見込み客を特定し、彼らとつながり、彼らを引きつける。 >>>続きはこちらから

逆境を「飛躍」に変えるマーケティング戦略42.

From : 田渕裕哉(2022/09/19 07:47:58)

2022年9月19日(月)
おはようございます。今朝は台風前のいい天気の千葉からです。

好きな仕事に出会う働き方は自分のイメージの中ではなく実際に
とことん味わってみて、そのイメージをはるかに超えたところにある。
とにかく全身全霊で大いに気前よく自分をありったけつぎ込んでみよう。

重要ポイント

・ 自分をコモディティーだと思ったら、必ずそうなる。

・ 「疎外化」と「コモディティー化」は、事業のかけ算式成長を妨げる双子の悪魔。

・ その市場で卓越した存在になる。他の誰よりもいい投資対象であることを証明する。

・ 顧客にとって最も信用できるアドバイザーになる。誠実と奉仕を常に忘れない。

・ 卓越とは、付加価値と共感的つながりで他を凌ぐこと。

・ 先制とは、顧客を躊躇させる理由をすべて予測し、その不安を和らげること。

・ 先制のステップ。

顧客を躊躇させている不安点に先手を打ち、あなたを選ぶメリットを見出せないことに先手を打つ。

・ 所有権を握り、市場を我がものにして「所有」する。

市場があなたのものになれば、コモディティー化は避けられる。

・ 網様賦活敬(RAS)をマーケティングツールとして活用する。

あなたのメッセージが常に最初に読まれ、あなたのオファーが優先的に検討され、
あなたの評判が守られ維持されるようにする。 >>>続きはこちらから

逆境を「飛躍」に変えるマーケティング戦略41.

From : 田渕裕哉(2022/09/18 07:07:34)

2022年9月18日(日)
おはようございます。今日は越後湯沢にいます。

あなたとあなたの信念はイコールではない。
あなたは自分の信念を選び変えることができる。
もう手はない。それは不可能だ。できない。
その「不可能」も、ひとつの信念だとしたら?
それは変えられる。
もし可能だとしたら、あなたは何をする?

あなたは経営者として、人間として、顧客の生活をより良いものにすることができる。

彼らを1人の人間として受け止め、自分が彼らを助けようとしていることや、
自分の商品やサービスが彼らの抱える問題に役立つと伝えることによって。

彼らが自分を特別な存在だと感じられるのは、あなたが彼らを特別だと感じるからに他ならない。

人は誰しも尊敬され、感謝され、愛されたいと願っていることを知った。

そして、愛される最も簡単な方法は、自分から愛することである。

前に言ったように、顧客と(スタッフや取引先とも)恋に落ち、
彼らに対する仕事、理解、敬意、感謝を通じて、彼らの生活を
より良いものにしようと心から思うことが必要だ。

どうすれば人を特別な存在だと感じさせることができるだろうか。

それには、彼らのニーズを忘れないこと。

あなたが日々、接する相手にはそれぞれ物語があり、
それぞれがその人の家族や仕事にとって大事な存在だ。 >>>続きはこちらから