ジェームズ・アレン全一冊14.

From : 田渕裕哉(2021/05/09 06:03:24)

2021年5月9日(日)
おはようございます。今朝は曇りの千葉からです。今日は白河へ行きます。

脳の実験では問題を解決するとき、グループ1. 実際に存在するものを想像する。
グループ2. 実在しないものを想像する。
グループ2.の方が問題解決に使われる脳がより活性化した。
実在しないものを想像することが問題解決のアイデアを生み出すきっかけを与える。

目標は高度に集中された思いであり、達成という寺院の要となる礎石です。

成功する人は誰でも、目標を持った人です。

目標の力は偉大です。目標は知性を伴います。

どれほど知性的かによって、目標は小さくも大きくもなります。

目標がなければ知性は弱まります。

ふらついた心は未熟さの程度を表しているのです。

道徳に反した目的を持った人が、それを達成することで自分自身を破壊する
のは真実ですが、道徳的で善良な目的を持った人は失敗することはあり得ません。

障害は目標を掲げた人を刺激します。

困難にぶつかることで、気持ちを新たにし、
いかなる失敗や喪失や痛みにも惑わされることはありません。

失敗は成功へ通じるはしごの一歩なのです。

なぜなら、そのような人は、最終的に目標を達成できることを確信しているのです。

何事もうまく成し遂げると喜びを伴います。

務めを果たすと、必ず平安と満足がもたらされるのです。

「人はやるべき務めを果たすと、楽しく幸せになる」 >>>続きはこちらから

ジェームズ・アレン全一冊13.

From : 田渕裕哉(2021/05/08 07:11:50)

2021年5月8日(土)
おはようございます。今朝は福岡からです。今日は熊本に行きます

偉人たちは世界を変えるための挑戦をしている。「疑問」や「違和感」から
スタートし「論より証拠」を重視し、行動を積み重ねている。
そして「出来ない、難しい、きっと無理」という自分の古い思考を捨て、
自分にしかできないことに日々取り組んでいる。

瞑想をすると、不純で過った思考や行動からなる古い習慣が破壊され、
純粋で賢明な思考や行動からなる新しい習慣が出来上がります。

すると人はさらに真理に近づき、調和と洞察が増し、
より深い平和のなかに身を委ねるのです。

しかし、瞑想と「夢想」を取り違えることは簡単です。

この二つを混同してはいけません。

夢想とは、人が陥りやすい目的のない空想であるのに対し、
瞑想は、人を奮い立たせる力強く明確な目的を持った思考のことです。

夢想は簡単で楽しいいものですが、瞑想は、最初は困難で骨が折れます。

しかし、瞑想は徐々に有益になり、心に平和をもたらしてくれます

夢想は危険です。なぜなら、セルフコントロールを妨げるからです

一方で瞑想は、セルフコントロールを確立し、自分を護ってくれます。

自分が夢想しているのかは、次の兆候によって見極めることができます。

次に挙げるのが夢想の特徴です。 >>>続きはこちらから

ジェームズ・アレン全一冊12.

From : 田渕裕哉(2021/05/07 05:43:24)

2021年5月7日(金)
おはようございます。今朝は曇りの千葉からです。今日は福岡です

あなたの行動は「下準備」に影響される。
入口でチョコを無料で一つ配ると返報性の法則が働き買う確率が高まる。
あなたの場合、お客様を購入に導く「下準備」は何だろう?
その仮説、検証は価値ある試みになる。

決断、エネルギー、注意だけでなく、慎重さ、判断、真面目さ
といったものも、集中する習慣を伴います。

集中力の養成にかかわる厳しい心のトレーニングは、
毎日の仕事のなかでどんどん有能になり、成功することを通して
「瞑想」と呼ばれる高次の集中力の形態へと至ります。

「向上心」が「集中力」と合わさると、それは「瞑想」になります

単なる世俗的な楽しい人生よりも高次で清らかな、
輝かしい人生を実現したいと強く願う人は「高い向上心」を持っています。

そのような人は、瞑想を実践します。

強い向上心がなければ、瞑想はあり得ません。

無気力や無関心は瞑想の実践に致命的な要素です。

瞑想することによって、集中の4つのステップが活性化されます。

瞑想と集中という2つのパワーの違いは、性質ではなく「方向性」の違いです。

要するに、瞑想は「霊的な集中」であり、
神聖な知識や人生を探求することに心の焦点を合わせるのです。

瞑想はより厳しい自己規律を要するため、
集中より実践がはるかに難しいものです。 >>>続きはこちらから

ジェームズ・アレン全一冊11.

From : 田渕裕哉(2021/05/06 07:35:40)

2021年5月6日(木)
ゴールデンウィークも終わりましたね。今朝は小雨の千葉からです

集中力を高め生産性を上げるために机の上を綺麗にするたったひとつのルールは
「これは今からやるタスクに関係ある?」と1つずつ質問する。
YESなものは残す。NOなものは「何に関係するのか」を付箋にメモして貼り付け
1つの場所を決めてそこへ入れる。そして1つずつ完了させる。

上手に心を集中させるためには、まず心を集中させてみなくてはならないのです。

しかし、それだけでは不十分です。

それは「エネルギーと知性をもってしなくてはならない」のです。

あなたが心の焦点を合わせるべきものは、日々行っている仕事です

仕事をそつなく迅速に、そして巧みにこなせるようになるよう、集中をするのです。

このように仕事をこなせるようになるまでは、心を制御する力、
つまり集中力を獲得したとは言えません。

集中力の養成には4つのステップがあります。

1.注意。2.熟考。3.抽象。4.静寂のなかでの活動。

初めに、考えることをやめ、集中する対象物、
つまり今行なっている仕事に心を向けます。

これが注意です。

そして、その仕事の進め方を熱心に考えます。

これが熟考です。

じっくりと熟考することによって、外部からの邪魔者は閉め出され
思考はその仕事にのみ注がれます。

これが抽象です。

このようにして、深く思考する心は、
わずかな力で最高の仕事を達成できる状態に達します。

これが静寂の中の活動です。 >>>続きはこちらから

ジェームズ・アレン全一冊10.

From : 田渕裕哉(2021/05/05 05:43:44)

2021年5月5日(水・祝)こどもの日です。
今日もさわやかな朝の千葉からです。今日は夜、東京でセミナーです。

影響力を持ちたいなら「自分の仕事を具体的な言葉にする」こと。
「人を幸せにしたい」(抽象)ではなく「何を通して、どのようなプロセスを経て、
どのような結果を作った結果、人を幸せにしたいのか」(具体)としてみる。
人はわかりやすいものに反応する。

集中力、つまり心の焦点を合わせ保つことは、
どのような仕事を達成するにも必要な力です。

それは「周到さ」の父、そして「卓越さ」の母と言えます。

集中力は、それ自体を持つことが目的なのではなく、
あらゆる能力や仕事の手助けをするものです。

この能力は一般的なものですが、完全に習得している人は多くありません。

それは「意志と理性」を持っていることは特筆すべきことではないにもかかわらず、
完璧に均衡のとれた意志や深い理性を持った人がまれであるのに似ています。

集中力は何かをするのを助けてくれるものであり、
それ自体が何かをするわけではありません。

はしご自体には何の価値もありませんが、手の届かないものに
「手を届かせてくれる」という点において価値があります。

このように、集中力は、達成し得ないことを容易に
達成するのを手助けしてくれるのです。

しかしそれ自体では無意味であり、実質的な達成物ではないのです>>>続きはこちらから

ジェームズ・アレン全一冊9.

From : 田渕裕哉(2021/05/04 07:27:48)

2021年5月4日(火)おはようございます。
昨日は憲法記念日でしたね。すみません。間違えました。今日はみどりの日です。

コンピュータになくて人間にあるものは「モチベーション」。
だから「モチベーション」を持たずに仕事をする人はコンピュータ
使われる側になってしまう。「自分が解決したいと思う小さな問題を探し」
それによって誰かが幸せになる。これは私たちがやる価値がある!
そこにモチベーションは存在する。

「正義、公正、誠実さ、思いやり」の4つの道徳性が、
人生を構築するとき、家を建てるときの正方形の四辺にあたるものです。

これらを無視し、不正やごまかしや利己心といったもので
成功や幸せや平和を得ようと考える人は、正確な数字的な線の配列を無視して、
強固で耐久性のある建物を建設できると想像する人のようなものです。

そのような人は、失望と失敗しか目にすることはないでしょう。

これらの4つの道徳的原理を無視する人が、
真の成功を伴う幸せな人生を獲得することは絶対に不可能です。

それに対し、いかなるときでもこれらを守りぬく人は、
成功や恩恵に見放されることは決してないのです。

土台は埋められ、隠してしまうものですが、細心の注意を払い、
建物の他のどの部分よりも強固に作られなくてはなりません。

そして、入念に石やレンガを積み上げていき、ようやく耐久性のある、
強くて美しい建物が完成するのです。

これは人生についても同様です。 >>>続きはこちらから

ジェームズ・アレン全一冊8.

From : 田渕裕哉(2021/05/03 06:20:20)

2021年5月3日(月・祝)
おはようございます。建国記念日です。さわやかな朝です。

一つ一つのこれまでの決断や物事に対する解釈があなたの個性を形づくる。
外から否定されても、あなたの中の解釈が重要。
そして一部が欠けていたり壊れていたりするものにこそ美が宿ることも覚えておこう。

あらゆる自然と人間の務めは、建設するというプロセスによって生まれます。

建設のプロセスは、壊すという、相反するプロセスを必要とします

ある目的に仕えていた古いものが壊れると、今度は、
それらを構成していた材料が新たに組み合わさり、別のものを形成します。

そこには相互の構築と破壊があるのです。

こうした二つのプロセスを自然界では「死と生」と呼びます。

人工物の場合は「破壊と再建」です。

この目に見える世界にある普遍的な二つのプロセスは、
目に見えない世界にも普遍的に通用します。

性格は、木や家と同じように形成されます。

つまり、新しい材料を絶え間なく継ぎ足していくことによって作られるのです。

その材料とは「思い」です。

すべての人は、認識していようがいまいが、心の建築家です。

人は嫌でも考えるようにできています。

そしてひとつひとつの思いが、心という建物に敷かれる一つのレンガとなるのです。

多くの人がこの「レンガ敷き」をぞんざいに行います。 >>>続きはこちらから

ジェームズ・アレン全一冊7.

From : 田渕裕哉(2021/05/02 07:42:42)

2021年5月2日(日)
おはようございます。今朝もいい天気の千葉からです。

ビジネスをはじめたのはなぜ?ビジネスをやめてないのはなぜ?
それは上手にビジネスをしたいからではないはず。
ビジネスがあなたにとって必要だからだ。
自分にとってビジネスはどういう意味があるのか?
ビジネスが自分にとってどれだけ大切なものなのか、
という愛情と喜びに気づくことが重要。

心の強さがなければ、価値あることは何一つ達成できません。

一般的に「意志力」と呼ばれる性格の強さや安定性を養うことは、
人間に課せられた最も重要な務めであります。

物質的なことであれ精神的なことであれ、あらゆる成功は、
きちんと目的を定めることが前提となります。

意志力を育む真の道は、各人のありきたりの日々のなかにしかありません。

より確固とした意志を獲得する唯一の方法は、
自身の弱さを克服することなのです。

そして、この単純な真実を見出した人は、
意志の養成に必要な次の7つのルールを悟ります。

1.悪い習慣を断ち切る。

2.良い習慣を形成する。

3.目の前にある務めに専念する。

4.やるべきことは意欲的にすぐやる。

5.規律ある生活を送る。

6.話す言葉に注意する。

7.心を律する。

悪い習慣を断つという最初のステップは、明確ではありますが容易ではありません。

しかし、たゆまず努力によってのみ、意志力は活性化され、強化されるのです。 >>>続きはこちらから

ジェームズ・アレン全一冊6.

From : 田渕裕哉(2021/05/01 07:46:44)

2021年5月1日(土)
おはようございます。5月に入りました!今日もいい天気の千葉からです。

ビジネスで新しいことに取り組むときや好きな人に告白するときに
「うまくいかなかったらどうしよう」と恐れ行動できないときは
金融のリスク管理が応用できる。
金融では「最高の損失」を知ることでリスクを管理する。
「最高の損失」を受け入れられれば恐れや不安を解消し行動できる

人は原因を選び(自由意志)ますが、結果を選ぶこと、変えること
避けることはできません(宿命)。

このように考えると、人の未来があらかじめある程度決まっている
というのは事実ですが、自分自身が(気づいていないかもしれませんが)
その命令を下していることがわかります。

「人は自らの行為に責任を負っておらず、それらは性格の結果である」

「人は、良いにしろ悪いにしろ、先天的に与えられた正確に責任を負っていない」
という主張があるかもしれません。

もし、性格が誕生時に「与えられる」ものであれば、
この主張は正しいかもしれません。

しかしそうすると、いかなる道徳的法則も存在し得ませんし、
道徳的教訓も不要ということになります。

けれども、性格は既製のものではなく「進化」するものなのです。

性格は、数えきれないほどの行為の組み合わさった結果なのです。

人は自身の行為を修正し、変える力を持っています。

そして行動するたびに、自分の性格を修正するのです。

その修正によって、性格は良くも悪くもなります。

人はこうして、自分の新しい運命を決定しています。 >>>続きはこちらから

ジェームズ・アレン全一冊5.

From : 田渕裕哉(2021/04/30 07:42:27)

2021年4月30日(金)
おはようございます。今朝はさわやかないい天気の千葉からです。

孫子の兵法は戦場だけでなくビジネスに応用できる。
たとえば戦場では生き延びることしか考えない者は捕虜にされる。
ビジネスも同じ。だから時には首をかけて勝負に出ることも必要。
また戦場でもビジネスでも「動く時期が適切かどうか」は勝利を手にする心得となる。

ビジョンを持ちましょう。理想を持ちましょう。気高い夢を見ましょう。

今どのような環境にあろうとも、自身の思い、ビジョン、理想にしたがって、
あなたは下降するか、その場に留まるか、もしくは上昇するかのどれかです。

あらゆる達成の影には努力があるのです。

そして、努力の程度によって、結果の大きさも決まるのです。

達成は偶然もたらされるものではありません。

物質的、知的、精神的達成といった、手にするあらゆるものが、努力の賜物なのです。

それらは、成熟した思いであり、達成された目標であり、実現されたビジョンなのです。

穏やかな心は、美しい知恵の宝石の一つです。

それは、長きにわたる忍耐強いセルフコントロールの賜物です。

穏やかな心は、成熟した経験によって培われた人格のあらわれであり、
法則と思考の働きにかんする深い知識を持っている証です。

穏やかな人は、自分自身を律する方法、他人へ自分を順応させる方法を習得しています。 >>>続きはこちらから